May 05, 2018

UDFA2018

 引き続きトランザクション情報。

・KCとの選手間トレードが成立し、TEランドール・テルファーを放出、DEダディ・ニコラス加入……と思いきや不成立で、両者共にウェーバーにかけられた模様。
・INDをカットされたLBジャーメイン・グレイスをウェーバークレーム。ST枠かな。

 ようやく公式でUDFAが発表された。サインしたのは13名。詳細はチーム公式のこちら

 S4名、OL3名、DT2名、WR2名などポジションが固まっていて狙いがわかりやすい。。
 経歴はリンク先にお任せするとして、全員を紹介できないので以下に個人的注目選手を何人かピックアップ。

T デズモンド・ハリソン Desmond Harrison(西ジョージア) 6-6/295
 今年のUDFAの目玉に認定。ただし原石も原石なうえに問題児なのであっさりカットされる可能性も割と高い。
 コンバインで40yd5秒を切ったOL4人のうちの1人で、残りの3人はドラ1ミラーを筆頭に、全員が3巡までに指名されている。
 DivIIが彼にとって余裕すぎて技術が一切磨かれていないという評価があるが、いくつか上がっている動画を見ると納得で、ただ相手をぶっ倒しているだけのフィルムが参考にならなさすぎて鼻水が出る。ただし動きのスムーズさだけはわかる。中肉中背。
 その他、2度の規則違反でテキサス大を追い出された経歴、パワーも不足気味、などドラフト漏れしたなりの弱点はもちろんあるが、それでもドラフトトップクラスの機動力だけで試すに値する。

DT トレントン・トンプソン Trenton Thompson(ジョージア) 6-3/288
 この人もUDFAの中では大物。膝や肩など度重なるケガ歴が原因でスリップしたと言われているが、実際はもうちょっと深い理由がありそうである。
 大学もはっきりとは発表していないのだが詳細はこちらの記事など参照方。
 元全米トップリクルート(ポジション別ではなく全ポジション中ナンバーワンと言われていたほどの逸材)から、2016シーズンのボウルゲームMVPまで、守備の中心選手として順調なキャリアを歩んでいたが、ケガの手術後の鎮痛剤の副作用によって深夜に徘徊して警察に保護される奇行が発覚し、その後、治療(リハビリ?)のために休学にまで発展する不運があったようで、スリップ理由としてはこちらのほうが大きいのではと睨んでいるところである。
 昨季に復帰はしたもののシーズンの半分も出られず、また本人曰く完全復活ではない状態で0サックに終わっている。
 キャリアどん底の状況でのアーリーエントリーは疑問視されていたところ、プロ志望が強い本人の意志でアーリー表明。コンバインやプロデーで動きが戻ったところは見せたものの結局ドラフト漏れとなった。
 動きが戻った状態でもう一年大学で実績を積めていればDay2もあっただろうというくらいの選手だが、上記の事件とは別に、毎年のようにケガに見舞われるリスクも背負った選手であり、本人が新たなケガを恐れてアーリーを強行した可能性もある。
 ジョージア3-4守備のUTで(DCはブラウンズにもいたメル・タッカー)、ピュアなインサイドラッシャーではないが一昨シーズンは5サック7ハリーを記録、ペネトレートもギャップコントロールもうまい万能系のDL。完全復活できればもちろんロスタークラスだろうが完全復活できるかは全くわからない。なおコンバインの10ydスプリットは1.74で、バナー基準のインサイドラッシャーとしても合格ライン。

WR ダマリ・スコット Da’Mari Scott(フレズノ州立) 6-0/205
 カレッジではそれほど実績を残していないが(シーズンベストは566yd)、ドラフト前の30人招待選手の一人から実際に契約に至ったということで、フロントが何かを見たはずの選手。スカウティングレポートによれば、スピードもパワーもRACも特筆すべきものはないがとにかくシュアハンドとの由。

S モントレル・ミーンダー Montrel Meander(グランブリング州立) 6-2/215
 すみませんサイズだけです。身長は6.3に近いそうで、Sとしては6巡トーマス同様かなり高い。この2人のチョイスは、控えディープSにハエ叩き可動範囲を重視していることの証か。目指せ第2のアイローカ。
 
S/KR エヴァン・ベリー Evan Berry(テネシー) 5-11/205
 リンク先ではWRとなっているが大学ではS。
 名前と大学でピンときたマニアもいるかもしれないがエリック・ベリーの実弟。残念ながらSとしては兄レベルのプレーヤーではなく(大学でも控えだった)、オールアメリカンに選出されたリターンスペシャリストとしての契約と思われる。キャラウェイが試合に出られなかったら。


 なお、先日のロスターはめはめで先出しで掲載したCエリック・レン(オクラホマ)はどうやらトライアウトの模様。ベイカーとウォークオンコンビでスナップをやりとりしていた雑草魂の一角なので頑張ってほしい。

Posted by karashimentai at 10:47│Comments(2)
この記事へのコメント
UDFA情報をありがとうございます!
よくもまぁこれだけ問題児連中を集めましたね〜。とりあえずニーズは埋めたので、誰かしらものになってくれればラッキーという事でしょうか。上位指名陣は問題は起こさなそうですし。
楽しみなメンツである事は確かですね!
Posted by くうた at May 05, 2018 22:36
ハリソンやトンプソンがブラウンズを選んだだけでもラッキーなことですね。
ブラウンズのUDFAは、ブラウンズならチャンスがあると選手側が思うせいか、割とロスターを掴む傾向にあるので期待していいでしょう!
Posted by mentai at May 06, 2018 16:35