March 10, 2018

インターン隊長

 順番が前後してしまったが、熱いニュースがござったのを忘れていたのでもう一発。

 ジョシュ・クリッブスがスペシャルチームコーチのインターンとしてブラウンズ返り咲き。選手としてこんだけ実績があってもインターンから、ってのがフットボールの奥深さを物語る。

 チーム公式サイトのこちらの記事によれば、新STCがエイモス・ジョーンズに決まった後、クリッブス自らアシスタント職の空きがないかをヒューに直接打診。ヒューは快くアシスタント候補の面接対象にクリッブスを加え、最終的にはサム・シェードに決まるも、特別枠的に、アシスタントのさらに下のSTインターンとして働いてくれないかと今度はヒューからオファーして、クリッブスがそれを喜んで受けた、という流れのようである。

 クリッブスの強みはもちろん一流スペシャルチーマーとしての選手経験だが、リターナーとガンナー両面で一流だった点がそこらの現役上がりと一味違う。それに加えてのブラウンズ愛。ブラウンズを強いチームにしたいという情熱が未だに衰えず、しかもそれを実行に移すとは。
 コーチとしての素地はないからキャリア豊富なエイモスの下で学びつつ、ARIファン情報によればエイモスは即ユーアーファッキンファイアード物件らしいから昇格のチャンスもある。ほんにクリーブランドの宝。
Posted by karashimentai at 16:17│Comments(4)
この記事へのコメント
近影だとかなり太ってましたな。
あんなもんでしたっけ。
Posted by oilman at March 11, 2018 00:52
現役であれはやばいですw
かなりパンパンになってますね
Posted by mentai at March 11, 2018 11:30
新生ブラウンズではあまり聞かない良い話ですね。
ものになって、ブラウンズ復活に力を貸して欲しいものです
Posted by redhotburger at March 13, 2018 20:46
情熱が伝染するだけでもいいです。
ブラウンズ以外では使えないコーチという路線もアリですw
Posted by mentai at March 17, 2018 13:24