December 30, 2017

2018ロスターラフ画

 今年はブログ開始後初の自宅での年越しなので最終戦も観戦可能、紅白とのチャンネル争いもなく笑ってはいけないもフルで視聴可能、ってことで年越し用に長野で買ってきたとっておきの生そばを浮かれてうっかり食っちゃった年の瀬です。一応緑のたぬきもおります。ケスラーばりの控えですが。いやその喩えでいくとカイザーはトップバリュですけど。いやもうどっちがどっちで誰が誰に対して失礼なのかもわからなくなってきたので本題に入ります。

 いい加減来季に向けた妄想の季節やなあと思いつつ、スキルポジション以外はドラフトトップ候補しかチェックしちょらんけモックもでけんので、HCもOCもDCもわからないまま本当にざっくりしたロスター構想を試みたい。

QB
 理想はカイザーを第3QBに置くこと。カイザーの強みが「若さ」しかなくなった今(本日時点で21歳)、どうせ切れないのなら箱入りで育てる方向にシフトしたい。
 その場合のトップ2が「先発待遇当確FA+上位QB」なのか「全体1位QB+ピークは過ぎたが経験豊富なFA」なのかで大きく分かれる。
 前者のFAはカズンズやスミス、あるいはブラッドフォードだってブラウンズ基準なら十分このカテゴリーに入るし、とにかく出てくりゃ手あたり次第。後者ならマット・ムーアやマット・ムーアなんかが視野に入る。フィッツパトリックは新人がケガしちゃうからおとといきやがれ。
 ヒュー続投の場合、A.J.・デデー・マキャロンはまだ追うのかがオフの関心事。また、その場合山崎アウトは前者なのか後者なのか。山崎タイキックが来たら面白いけどもうさすがに面白いだけのチームはいらん。

RB
 デュークの役割をそのままに(もうちょい出番を増やしてもいいけど)主戦をアップグレード。実際これが最も即効性のある補強となろう。
 UFAとなるクロウェル残留の可能性は、誰がHCかにかかわらず0.2パーくらい。”コケウェル”を胃酸が逆流するほど見せられた今、とにかく足腰の強いRBが欲しい気分であるところにLSUのデリアス・ガイスは涎を禁じ得ないが実際問題として取れる場所があるかどうか。最終戦の結果HOUのピックが8位になって、かつバークリーがそこまでに消えていたらピックしても全然いいくらいには買っている。
 デュークは北朝鮮に咲く花のように、密かにRBとしてのチームパスレシーブ記録を更新(捕球数もydも)。御大に次ぐオフェンスのベストプレーヤーだが耐久性がかなり低めなのでエブリダウンバックとまではいかず、バランスを考慮しながら最大限起用したのはヒューの唯一といっていい功績。
 デュークが控えているからこそ、バークリートップ5指名のリスクもとれるというもの。何なら4巡までに2人指名してもいい。

WR
 ガッデムホワイトキャンパス。ガッデムオーバーホール。内紛によりみんながみんなサシの戦力補強を批判しているが、その中身はガロッポロ取り逃しとWRだけ。
 ゴードンとコールマン以外全て置き換えても一向に差し支えないうえ、言うまでもなくゴードンが来年フルに働けるなんて思わないほうがいいわけだからWR補強のオフは長い。
 本日早速ダヴァンテ・アダムズがGBと契約延長に合意して市場から消えましたるところ、若干リーチであってもドラ1WRの希望は捨てずにおきたいところ。何せブラウンズのドラ2WRは地獄待ち同然ゆえ。
 ディープスレットで捕球も安定したワシントンや高さのあるサットンも捨てがたいが、状況に応じて臨機応変にオープンスペースを探しにいく知性、という点ではバマのカルヴィン・リドリーに魅力を感じる。ただしリドリーが生きるのはQBがローゼンの場合限定。

TE
 お触りなしヨ。
 QBが変わればヌジョークは化ける。今年はレシーブこそ伸びなかったが、シーズン後半はブロック能力が見違えて良くなったとのPFFデータもあり、着実に成長した。デヴァルブとテルファーは、状況により2番手を入れ替えられるバランスのよい組み合わせ。

OL
 御大が来季復帰するかどうか思案中との由。予感がないではなかった。せめて現契約が生きている2018まではとは思うものの、ブラウンズはプレーオフ進出まであと何年かかるかわからんし、他のチームに行かれるくらいなら連続記録が途切れた今季は一つの区切りっちゃあ区切り……という予感もないではない。
 ここはわかりやすく、御大が戻るなら後継者指名は見送り、引退したらHOUのピックで即補強、というスタンスでよろしいかと存ずる。LTは基本的に、本当にニーズが生じたらいの一番の補強を余儀なくされるポジションなので、逆に将来を見据えた上位指名という無駄を個人的には好まない。

DI
 オグンジョービは当たりの予感だけどシェルトンとキャラ被りというベリーナイスなブラウンズ効率。一時期の巨人阪神ばりにヴィジョンがない。しかも0勝。暴動が起きないのがおかしい。
 ユニットとしてはインサイドラッシュが明らかな欠点。オグンジョービよりも突破力が高いことを買われて先発を張り続けたコーリーが決定力に欠け、限られたプレータイムで僅かにいいところを見せたブラントリーもどこまで伸びるかわからない。強力なインサイドラッシャーを求めるかどうかはDCが誰になるか次第だが、必要と判断されたら結構な上位指名になる可能性あり。クレムソンのクリスチャン・ウィルキンスとか。
 ただシェルトン&オグンジョービという、ちょっと前のジョローンDのようなラン特化インテリアコンビも見たいっちゃ見たい。いやかなり見たい。

EDGE
 ブラウンズ近代史を思えば補強してもし足りないポジションではあるが、ギャレットとオグバを擁してなお高額投資は躊躇われるところ。ただ、オグバが余人を以って代えがたい要素はパスラッシュに非ずアウトサイドランDでありまするところ、パスラッシュ専業農家を3番手的な立ち位置で上位補強する路線も考えられるところではある。現ニーズならば線の細さもそれほど気にならないかもしれない。
 ナッシブとオーチャードが、それぞれパス守備にコンテインとパスラッシュ以外のところで貢献してはいるが、肝心の本業が投資の割にかなり物足りない(ナッシブはそれなりにプレーを決めるがポカがあまりに多い)ことも考え併せ、パスラッシュスペシャリストはいてもいい。

LB
 お触りなしヨ。
 契約的にも拘束されるコリンズ&カークシーに加えてショーバートが見事に花開いたので、基本的には動かしようがない。バージェスも素晴らしい控え一番手になった。小生が見込んだだけのことはある。これで3-4/4-2-5ニッケルのハイブリッドに戻ろうもんなら浪費っぷりが東芝の経営並。

CB
 マコーティー、じゃまー、ボディフーンは決して悪くないトリオだと思っているが、言うなれば2番手2番手3番手の布陣であり、プロボウル級のWR相手にどうにもが太刀打ちできないのが難。その意味でドラ1CB指名もアリだがHOUピックに値するタマはいるのか。JAXのジェーレン・ラムジーばりの万能性をミンカ・フィッツパトリックに見いだせれば。
 一応、今年のドラ4で即IR入りしたハワード・ウィルソンというブラックボックスもあるが、IR明け何もなかったパターンも見飽きた。

S
 GWが敷いたエンジェルセットによって僻地への左遷を余儀なくされたペッパーズは、アストロンの呪文ばりに今のターンはしゃーない感を持っているので今季はなんとも判断つかぬ。よって評価保留としたいが、シーズン終盤にFSとしての出番が回ってきたナクーアが、少なくともペッパーズよりは高い頻度でプレーに絡んでいたのは気になる。
 おそらくFA補強はないのではと思うが、守備のドラ1指名があるなら最も可能性が高いポジションだと思っている。前出のミンカかセミニョ〜ルズのダーウィンか。
 ペッパーズ伸び悩みの明らかな一因が、カレッジ時代からずーっとポジションをあちこち移動させられまくってて一度も固定されたことがない点にあるのはほぼ間違いないことから、例えばミンカを指名してペッパーズをSSにコンバートしたところで、さらに成長が遅れるのではないかという懸念がある。とはいえ今季を経た限りではFS継続がいいのかもわからない。悩ましい。

ST
 ゴンザレスを切らずに耐えたのは良かった。耐えたっつーか、切る切らんでどうにかなるシーズンでもなかったがとにかく良かった。蟯虫検査のために頑張ってポキールを肛門に貼ったのにうんこのカスもつかなかったくらい意味を見出せなかったCHI戦において貼り付いた1本のサラサラなケツ毛ともいえる、雪と風の中の48ydを決められるキッカーはそういない。
 ドーソン神の初年度は、30yd超の成功率が60パー。ゴンザレスも来キャンプでの競争は免れないが、もうちょい見ませう。

Posted by karashimentai at 20:43│Comments(7)
この記事へのコメント
ポキールは虫下しの薬であり、
肛門に貼る黄色と紫の奴はただのシールであります。
寝起きの肛門に粘着シールは小学生にはハードル高杉でありました。
でも『燃える!お兄さん』のポキール星人は良いキャラクターでした。

つーか来年もヒュー使うんスか?
三年で借金45くらいになりますよ(苦笑)
責任取らせてOCに降格残留ならまだ良いでしょうが…
Posted by John rider at December 31, 2017 00:28
ご指摘ありがとうございます。
音声とリズムを重視するあまりたいへんな間違いを犯してしまいました。
今後、ポキールに端を発するブログの閉鎖も視野に入れつつ、慎重に記事を書いてまいりたいと思います。
Posted by mentai at December 31, 2017 10:15
話題のがろぽろ君ですがそんな上玉ですかねという気がします。控えメンバーに2intを献上しちゃうのはどうなのかな。
結局どんな良いDLを揃えてもパンターがオールプロでもオフェンスが機能しないと勝てないことがわかった(知ってたけど)シーズンでした。

結論:ヒューはクビ。
Posted by SLEEP at January 02, 2018 00:32
#29デュークの献身には涙が出ますわ。
御大に幸あれ。
Posted by oilman at January 02, 2018 10:32
>SLEEPさん
2年でHCをコロコロ変えるのにウンザリしていたところに歴史に名を残す弱将が来てしまい、さて3年目をどうすべきかわからなくなってきた……

>oilmanさん
オフェンスで「いやあNFLの試合観てるわー」と思えたのはデューク(と一瞬ゴードン)だけでしたね…
Posted by mentai at January 02, 2018 12:54
スミス欲しいです。
今の攻撃だと、若干走れるQBでWRも育ててもらわないといけないので、大枚叩いて欲しいです。
新人QBは来年で良くないですか?
目玉いますかね。
今年はO#にドラフトは投下、D#は素材重視でどうでしょうか?
Posted by くろたん at January 05, 2018 00:52
スミスが取れたら、いるうちにドラ1でQB欲しいですね。
それこそダーノルドのような、即先発は無理そうな素材でも選択肢に入れられます。
そうなったら今度こそ1年寝かせましょうw
Posted by mentai at January 07, 2018 18:02