November 05, 2017

まだ半分しか終わってないのかよ 2

 その2はコーチ。
 ロミオが4年やって以降、2年毎に振り出しに戻る(チャッドなんて1年)ことにほとほとウンザリしておるところ、一般論としてはもちろんヒューの残留を希望している。しかし、消えていったHCたちがその後どのチームにもHCとして求められていない現状を考えれば、結局人選ミスであって年数引っ張ってても無駄だったんじゃないかなと思わぬでもない。
 さてbyeは生き残った。オフはどうなりますやら。

1. 選Q眼
 GM編でQBについてあまり触れなかったのは、このポジションに限ってヒュー主導説を推しているからである。というわけで以下は”ヒューの実績”。これらが僅か1年半の間に行われた。

 ・ドラフト全体2位でカーソン・ウェンツをスルーしてトレードダウン。その後、言わんときゃいいものを、サシ共々「彼はトップ20に値しないと判断した」などとコメント。1年後、その見立ては変わっていないと油を注入
 ・ウェンツをスルーしたドラフトにおいて、モック界隈ではドラフト外予想が優勢だったコーディ・ケスラーをサプライズ3巡指名。ハイテクチャットにおいてマチヤさんの名言「えっ」を引き出す
 ・ケスラーピックについて問われ、You’ve got to trust me on this one発言。おそらく多くのブラウンズファンの間においてヒューの代表的科白といえばこれ。北斗の拳のラオウといえばあれでヒューといえばこれ
 ・門出となる初年度オフェンスをRGIIIに託す
 ・全体12位でワトソンをスルーしてトレードダウン。その後QBピックを2回見送ったうえで2巡52位でデショーン・カイザーを指名
 ・最新物件として、成立はしなかったが2巡3巡を使ってまでのAJマキャロン獲得を画策

 公平を期すため、小生は当時、トレードダウン条件を鑑みてウェンツのスルーもワトソンのスルーも支持していた。従って、本項は今さら掌を返して全面的に批判しようという試みではない。それにカイザーやマキャロンは結果が未定ないし不明なので批判目的で上に並べたものでもない。純粋に、客観的に、このQBの選択はどうなのかと問うものである。
 なおオスワイラーについては、オスワイラーが欲しくて敢行したトレードとはいえないので上記の”実績”からは外すのが妥当であろう。


2. QB育成方針
 ヒューはどうやら谷底に突き落として育てるタイプのようである。ミスが重なったらすぐに交代する点と、新人QBにプレーコールを合わせる発想が微塵も伺えない点に顕著である。
 方針の善し悪しはまだ見ぬ結果でしか計れないし、ロスター全体が若いので皆にチャンスを与える、という点は個人的に納得いくものもあった。
 プレーコールについては、フォーメーションは大半がショットガン(スクリメージから4ydのピストルポジション)で、一見するとルーキー仕様。しかしとにかく要求するパスの難易度が容赦ない。
 TLに埋もれてしまってソースが見つからず恐縮であるが、カイザーのエリア別パス分布を見た際に、長短含めてフィールド中央へのパスが極端に少ないという統計があった。これは実際に試合を観ていても感覚的に気づけたところで、ヒューはとにかくサイドライン際のフェードに固執する。当然ながらパスとしてはより通しにくいわけだが平然とカイザーにそれを要求する。2年連続ドラフト指名しているレシービングTEをびっくりするほど使わない。インコンプリート。
 ヒューがオフェンスプランを修正し、クイックパス、ショートパス中心に切り替えた気配が伺えたのは、ようやくジョー・トーマスがシーズンエンドとなってから、つまりほんの先週の出来事である。これは、長いのを狙えるほどパスプロがもたなくなったから選択肢を消されただけで、ヒューの考えが柔軟になった結果ではなかろう。先週の後半、カイザーがちょっともたついたら即OLが崩されて捕まっていたのが印象的である。
 理由はどうあれ、オフェンスがルーキーフレンドリーになるなら多少のドライブ力アップが期待できないこともないが、OLが脆くなってから好結果が出ることはとりもなおさずヒューの考えが間違っていたことを意味しかねない。上層部がそれに気づいた時、どういう評価が下されるのか。

 シーズン後半のカイザー起用法に関する予想は、先発固定、ただしいつでも途中交代辞さず、悔しかったらミスを減らして試合終了までプレーしてみい、という、条件を満たしたら強制的に幕が降りるお笑い登竜門的コーナーにありそうなシステムを採用しそう。もっとも、シンプルシステムに変わるならカイザーとしてもステージクリアはしやすくなるだろうからこれからが本番か。
 

3. 試合の采配
 チャレンジ成功率とかいうかわいいレベルの話はいい。ギャンブルも、文字通りギャンブルだからいちいちあげつらうつもりはない。
 ヒューの問題点は、時間を止めて相手にわざわざ時間を差し上げて無駄な失点をする。無駄なタイムアウト費消で大事な時に一つも持ってない、の二刀流。この2本の剣を1本の両手剣に持ち替えるならば「タイムアウトの無駄遣いが酷い」ということになる。
 乏しい想像力全開で原因を突き詰めてみるに、プレーコールを兼任していることに問題がある、という結論にどうしてもなってしまう。瞬時の正確な判断が求められる際に、次のオフェンスプレーも同時に考えなければいけないのは無理があるよなあという点に行きついてしまうのである。際どい場面でいちいちタイムアウト取らないかんのはそういうことだろうと。それをこなしてしまう人間もいるんだろうけど。
 byeを半分過ぎてプレーコール権を渡したニュースは聞こえてこないので、今季はもうないだろう。後半もわちゃわちゃっぷりは継続、というのが悲しい予想。


4. D#も少し
 グレッグ・ウィリアムズ(GW)という人はブリッツハッピーが免罪符みたいになっていて、「そこでブリッツはおかしいだろ」みたいな不満はちょくちょくあれど、そのへんひっくるめてGWだから、と言われれば何も返せない。エンジェルセット然り。TE放置然り。今のスタイルで守備全体として結果を出している以上、部分的な注文は出しようがない。
 やはり際立つのはラン守備。本日時点でリーグ5位。平均喪失ydでは堂々1位。数字を確認せずともロスタックルの激増っぷりは目を見張る。ラン守備といえばブラウンズ長年の課題であり、それが最高の形で解消されているので、守備時だけは観戦ストレスがだいぶ軽減されているのを実感するが、よりによってこんな時にオフェンスが死ぬほど地を這っていて1勝にさえつながらないのがもどかしい。

 ヒューをクビにしたらおそらくGWも出て行ってしまう、というのが、今のところヒュー残留を希望する一番の理由。

Posted by karashimentai at 20:32│Comments(12)
この記事へのコメント
グレッグ・ウィリアムズが画面に映ると、ちびまる子ちゃんのオープニングソングの歌詞「インチキおじさん登場〜♪」が脳内を駆け巡ります。
ただこれはこれとしてブラウンズでは仕事をしっかりやっていると思います。もう数年ドラフトで上位指名出来ればディフェンス力で勝利をもぎとれるチームになると思うが、結果を出さないといけないし、もうこの時点で結果が出てないので、来期以降はどうなるか分からないのが悲しいです。
Posted by vinta at November 05, 2017 23:26
リスク込みでロング狙いでいいと思っていたが、ここまで駄目とはね。
TE中心にプランを大きく変えないと厳しい。
イーライだってルーキーの頃はショッキーに投げまくってたし。
そもそもポケットパサーとしては低評価だったはずだし。

それより3人使い捨てて、他から引っ張ろうとした奴の行為は何なのよ?
Posted by oilman at November 05, 2017 23:29
忘れがちですが、今日はByeWeekなんですね😅いつになったら勝利は訪れるのでしょうか?
Posted by ぶち戌 at November 06, 2017 09:44
全然関係ない話ですが
今のブラウンズを評するに、テキトーに日銭(試合数)を稼ぎつつ、週末をパチンコ(ドラフト)や競馬(FA)に費やすどこぞの派遣みたいで
日本の派遣はMAX二年までしか居れないのもピッタリ(笑)

対して、我々ファンは「なんでこんな人に惚れたのかしら?」とか「昔はもうちょっとカッコ良かったのに」とか思う女なのかと思いはじめました

まぁ、うん
葛藤はあると思いますが、「それでも離れられない」ファン心理というのがブラウンズの低迷の理由なのかなぁと思い始めてます(笑)
Posted by やぎ at November 06, 2017 11:28
名言だなんて恐縮です(汗)

ヒューのコールは本当にルーキーQBに厳しいですよね。昨シーズンのケスラーにもそれを感じてました…

シーズンが終わってもヒューの首が繋がっていれば、また月亭師匠を狙うのが多分に考えられますが、自分としては「最も燻ってると思うQB」のニック・フォールズにイッて欲しいんですけど的外れですかね〜?
Posted by マチヤ at November 06, 2017 14:17
本稿を読む限りだとHCにGWをすえりゃあ良いのでは?と思ってしまいます。
Posted by 名無し at November 06, 2017 15:57
>vintaさん
ほんと、来季はQBとWRだけでいいから撃ちまくって欲しいです。
この2ポジションだけでもだいぶ勝てるようになると思います。「だいぶ」の比較対象は0勝ですがw

>oilmanさん
出すタイミングといいますか、これ単なる破れかぶれだろと思ってしまうロングパスもちょっと多いですね。

今のタイミングでマキャロンが入ってたらホーガン切ってたんでしょうねえ。
何となく、伸びしろでいったらケスラーよりホーガンのほうがありそうな気はしますが。

>ぶち戌さん
byeですねえ。
いつ勝つかは知りません

>やぎさん
つまりファンが甘やかしているとw
いつだったか、ファンの忠誠心ランキング1位になったこともありましたからねえ。なきにしもあらず。

>マチヤさん
リーチとかいう次元じゃなかったし「誰?」という存在でもなかったし、あのご発言は絶妙でしたw
月亭さんはトレードがポシャって悔しがっていたらしい、実に貴重な存在なのでオフにもう一度ありますかねえ。
フォールズも、ウェンツが完全に仕上がったので狙い目かもしれません。ベテラン枠としてもいい感じです。

>名無しさん
すみません。そこ補足できていませんでした。
今の守備は、GWがコーディネーターとして守備を直接見てこそだと思っているので、昇格だとかなり魅力ダウンです。
兼務だとまたヒューみたいなことになる心配もありますしね…
Posted by mentai at November 06, 2017 21:49
守備は良いんですよ。
持たなくなっちゃうだけで。

今年ウエンツが良いのは、強いOLと強力なRB、シュアハンドのWR、TEが揃っていて、且つ強力なDL、LB、CB、Sがいるからです。
ウエンツの才能も開花して来ていますが、今のCLEでは開花しないと思います。
2年連続この勝率って、そんなに無いと思いますので、誰かの首は飛ぶでしょうね。

もう、トムコフリンやって来れないでしょうね。

Posted by くろたん at November 06, 2017 22:07
ブラウンズはオーナーが変わらなきゃ無理なんですかねぇ
ハズラムになってから悪手ばかりのような気がしています
Posted by やぎ at November 07, 2017 01:19
マキャロン事件を鑑みるに、HCを代えて出発しないと負のスパイラルから抜け出せる可能性すらない気がしてきました。
Posted by コリンズ推し at November 07, 2017 03:56
私もGM&HC(そしてカイザーも)はもう一年見て欲しいですね。Week11にコールマン、13に(何事もなければ)ゴードンが戻る予定なので、我等が若皇帝も多少やりやすくなると思いますし、ハズラム夫妻には勝敗よりプレー内容で判断して欲しいです。
Posted by 9 at November 07, 2017 06:47
>くろたんさん
まあウェンツはPHIのオフェンススタイルあってこそってのはあるでしょうけど
23TDとディフェンスはあまり関係ないですかね…
私もヒューが切られる予想に傾いてますが、いい加減、コフリンはおろか誰も来なくなりそうw

>やぎさん
オーナーばっかりはね……クビにできる人いませんしな…
今季からハズラム嫁がやたら前に出てくるのが興味深いところです。

>コリンズ推しさん
純粋な予測として、GMとHC両方の続投はちょっと考えられなくなってきました。
最悪でもクリーンハウスは避けてもらいたいですが…

>9さん
コールマンとゴードンは、カイザーの見極めという点では揃い踏みの意味がありますね。
Posted by mentai at November 07, 2017 21:11