March 06, 2017

’17 犬コンバイン1

 今年も気の向くままにコンバイン雑想を記していこうと思うが、第一発目は、小生にとって今コンバインの4割くらいを占めていた1選手の結果について。
 ブラウンズファン以外は読み飛ばしていただいてもよろしいかと思う、なぜなら皆様には一切関係ない選手ですからおほほほほほほ。

マイルズ・ギャレット Myles Garrett(テキサス農工)
 身長:6フィート4.5インチ
 体重:272ポンド  
 腕:35-1/2インチ
 手:10-1/4インチ
 ベンチ:33回
 40yd:4.64(10ydスプリット1.63) 
 垂直跳び:41インチ
 立幅跳び:10フィート8インチ

 (ショートシャトルと3コーンは計測せず)

 まずは計量で一安心。記事自体が単なる誤記か勘違いだったかもしれないが、最近どこっかで「今はたぶん255ポンドくらい」などと書かれていたのを読んで、ふざんけんなそんなわけねえだろとちょっと心配していたところであった。

 ギャレットは、比較対象がひたすらジャデーヴィオン・クラウニーであり続けているフリークラッシャーである。個人的にもクラウニーを基準としながらも、勝手に調整を加えてコンバインを待った。
 例えば、純粋なパスラッシャーとしての迫力では(当時の)クラウニーに劣るぶん、ラン守備はクラウニーよりも上手いと見ているので、「別に40ydで4.53は出さなくてもいいけど4.6秒台は欲しい」「10ydスプリットは1.56もなくていいけど1.6秒台前半は欲しい」といった具合の調整である。あくまで全体1位への期待値になるからそれでも十分に高いハードルであったが見事にクリアしてみせた。ベンチと跳躍系はクラウニーを越えてみせた。

 残念だったのは、ショートシャトルと3コーンを回避したこと。
 昨年、それまでも十分に実績をあげていたジョーイ・ボサに対して、いよいよ間違いねえと小生が確信したのはだいぶ遅く、体重269ポンドにしてコンバインのショートシャトル4.21秒、3コーン6.89秒というとんでもない数字(シャトルは同年のDB平均くらい、3コーンはDB平均を上回る)を叩き出した時であった。こりゃ、クラウニーと方向性は違えど同等のフリークだと。
 パスラッシャーが安定する条件はパスラッシュのバリエーションが多いことだと考えており、シャトルと3コーンの数字に現れる横の動き、方向転換能力は当然バリエーション増に大きく寄与するはずなので、ギャレットもむしろこの2種目に期待していた。

 その代わりというわけでもないが、垂直跳び41インチは、クラウニーともボサともまた違うフリークの証明。去年、垂直飛びの全体ナンバーワンはCB/Sジェーレン・ラムジーの41.5インチ。ラムジーの体重は209ポンドだった。最近のパスラッシャーだと'15コンバインでヴィック・ビーズリー(ちなみに天下のNFLサックリーダー)が41インチを計測したが、当時の彼でも246ポンド。
 272ポンドで41インチという人間離れしたバネは人間離れした出足につながるだろう。コーンもシャトルも見られなかったが大丈夫と思わせるに十分。

 こんなもん、絶対QBに届きますやん。

 もしギャレットのコンバインをライブで観ていたなら、単なる体力測定なのにしみじみガッツボーズを禁じ得なかったかもしれなんなあ、と考えると実に悔やまれるが、しかし仕事前日にコンバインで夜更かしできる年齢でもなくなった。とりあえずウェルカムツークリーブランド。寒いけどがんばれ。これでギャレット指名じゃなかったらドック・リヴァーズGIFのお出まし。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52168502
この記事へのコメント
ビシバシとパスをはたき落とすシーンが見えます!

コンバインのスタッツなんて参考記録だろくらいに思っていますが、
この数字は高まりますね!

17年ぶりの#1ピック。
大成できなかったCourtneyの分も活躍して欲しいです。
Posted by redhotburger at March 07, 2017 01:18
1位指名確定おめでとうございます。
アレンがあのパフォーマンスでは逆転は無さそうですね。

しっかし、今年もモンスター運動会凄かったですね…
Vikes的にはメリフォウが気になってましたが、もう指名出来なくなるような身体能力で笑えませんでしたw
Posted by ニシ at March 08, 2017 08:12
クラウニーはケガでもたつきましたが、この人は最初から活躍できそうな感じですね。

ただ、本人的にはカウボーイズに行きたいとかホザいていたので、プロとしてキッチリやるか、ガキの部分を残してテキトーにやるか、そのへんの覚悟のあたりだけが気になります。

Posted by vinta at March 08, 2017 15:53
>redhotさん
スタッツにあまり振り回されるのは確かに何ですが、元々1位候補としてしか見てないですから、むしろコンバインは平然とあれくらいやってもらわないとw
全体1位に見合うQBがいないのは残念ですが、エリック・フィッシャーを1位指名せざるを得ない年もあることを考えれば恵まれているともいえますね。

>ニシさん
そういえばメリフォンウはバイロン・ジョーンズと同じUCONNですね。
ジョーンズはジャンプ力だけでドラ1に躍進したので(「だけ」とはいっても非公式正解記録ですがw)、1巡外さないところまで来ましたかねえ。
ブッダ・ベイカーより先に指名されれば、ブラウンズ的には33位でチャンスが。

>vintaさん
DALファンなのはもうしょうがないですが、「寒いのはイヤ」発言と合わせると2回目なのがちょっと気になりますね。
そのぶんクラウニーのようなキャラ不安はなさそうなので、差し引きイーブンくらいでw
Posted by mentai at March 09, 2017 22:59
NFLルーキーのコンバイン情報と注目選手情報楽しみにしてます
フリークスがいたら教えてもらえると幸いです
Posted by ダルタニャン at March 10, 2017 03:06
トレードで QB ブロック・オスワイラーを テキサンズから獲得!!!
あの年俸の高い ブロック・オスワイラー !!!
RG靴呂匹Δ垢襪里???

ブロック・オスワイラーを獲得してもDE、C、TE、DT等補強は絶対に必要!!!
今のままでは、来年も2〜3勝位だろう!!!
Posted by ブロック・オスワイラー at March 10, 2017 19:15
ヒューストン・テキサンズからクオーターバック(QB)ブロック・オズワイラーと共に、2018年ドラフト2巡指名権を獲得したクリーブランド・ブラウンズだが、『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートはブラウンズが早速オズワイラーのトレードを検討していると報じた。ラポポートによると、もしトレード先が見つからない場合はオズワイラーが放出される可能性もあると言う。

さらに、ラポポートはブラウンズがQBロバート・グリフィン三世を放出することを決めたと伝えた。ブラウンズは今後、ニューイングランド・ペイトリオッツの控えQBであるジミー・ガロポロの獲得に乗り出すだろうと見られている。

今回のトレードは、サラリーキャップに余裕のあるブラウンズが、オズワイラーと共にドラフト指名権を購入した格好だ。テキサンズにとっても、昨年のオフシーズンに大金を支払ってフリーエージェント契約を結んだオズワイラーを放出し、昨年の失敗を巻き返すチャンスとなることから、どちらにとっても理にかなったトレードだと言えるだろう。
Posted by ジミー・ガロポロ at March 10, 2017 19:33
QBとしての能力は
ケスラー>>>オスワイラー
でしょう

トレードを検討してもそういう事情もあってどこも拾わないと思います。
つまり17Mくらい毎年焦げ付くってことだと思うんですが…
いいのか…?
兄者の引退後の応援チームをCLEにしてましたが、まさかオズワイラーが追いかけてくるとは…
Posted by 歴者 at March 10, 2017 19:45
>ダルタニャンさん
ありがとうございます! 
順番が前後してしまいすみません。FAが落ち着いたあたりで是非やりたいと思います。

>歴者さん
オスワイラーは、好き嫌いを別にしても、まだブラウンズの一員になったという気がしないですねえ。
2018以降の契約は、あってないようなものですから心配ないでしょうw
Posted by mentai at March 11, 2017 09:23