February 11, 2017

’16/’17回顧と展望:RB/FB編

 密かに際どい判断を迫られるポジション。他のニーズを差し置いてクロちゃんに代わるエース格を補強するのかしないのか、ここの決断がチームの岐路になるやも。

【16回顧】
 アイゼア・クロウェル 16試合16先発
   198キャリー952yd(平均4.8yd) 7TD 2ファンブル(2ロスト)
   40捕球319yd(平均8.0yd)
 デューク・ジョンソンJr 16試合1先発
   73キャリー358yd(平均4.9yd) 1TD 2ファンブル(1ロスト←あれはロストじゃねえ)
   53捕球514yd(平均9.7yd)
 ジョージ・アトキンソンIII世 16試合0先発
   7キャリー34yd(平均4.9yd) 1TD 
 ダン・ヴィターリ 9試合3先発
   4捕球27yd(平均6.8yd)
 マルコム・ジョンソン 7試合1先発
   1キャリー2yd 1ファンブル(1ロスト)
   5捕球44yd(平均8.8yd)


 オールプロ2ndチーマーが2人(Cマック、RTシュウォーツ)抜けたのに、ラン平均は4.0ydから4.8ydに激増。走るメンバーは去年と変わってないから、ヒューとカービィ(RGCカービー・ウィルソン)の功績といっていいだろう。
 それでもクロウェルは1000yd突破ならなかった。序盤は、これ1500ydいくんちゃうかくらいの勢いで、最終的に100yd超えを4試合で達成した傍ら、30yd未満のゲームが実に7試合。DAL戦の6キャリー4ydというウンチングランニングもあった。ランを出さないとどうにもならない戦力だった年の未達成ということで、かなり不満の残る内容であった。
 ヒューによる「謎のラン放棄」もちょいちょいあったように思うので多少弁護の余地はありつつも、これはもうクロウェルの特性なのだなと確信せざるを得ないシーズンで、プレーコール(ブロッキングアサイメント)が当たればリーグのトップRBにもひけをとらない初速でもって爆発的な突破を見せるが、ハマらないと何もできない。換言すると「コールの成否がモロに反映されるRB」といえやう。プレーの先を読まないRBで、とりあえず全力で突っ込んで、壁があれば当たって砕けるのみ。
 また昨年おおいに不満の残った「何もないところでのコケ癖」は、だいぶ減ったようには思うがまだ残っている。

 デュークは、去年同様に十分起用されてないなあという印象そのままに、見事なまでに去年と似たような成績に終わった。打開力だけならクロウェルより遥かに上で、身体能力というよりは、1オン1で相手の動きを先読みできているかのようなかわしで、オープンフィールドなら確実に1人は抜いてくれる信頼感がある。デュークはまだ燻ってるよカービィさん。

 そして、たかがワンプレーされど触れないわけにいかない、マルコムのWAS戦でのファンブルロスト。
 クロちゃんもデュークも出られなかった状態で、「アトキンソンはリターンしかやってないからまだ信用できない(試合後のヒュー談)」という理由の下にマルコムを使って結果や無残。「信用できない度」だったら、カレッジでボールキャリーの仕事してねえマルコムのほうが数十倍たけえだろ、などと今吠えても虚し。
 シーズン終盤にようやくアトキンソンにボールキャリーさせたが、今さら感がプンプン臭いすぎて部屋から燻り出されそうであった。


【17展望】
 マルコムのファンブルロスト事件を教訓に、第3のRB補強は大前提。
 とはいえこれだけなら派手な投資は不要なので、それ以上の補強を考えているかどうか。強力なパスアタックはまだまだ完成させられない前提の来季、クロウェルがエース継続でいいのかはオフの最重要テーマの一つ。今季終盤にダリアス・ジャクソンを獲得しているが、ボールキャリー経験がなきゃ信用できないのなら緊急時の第3RBとして起用できないことになる。

 別にフォーネットやクックでなくてもいい。来ドラフトはRBも豊富そうなのでミッドレンジでも十分クロウェルを脅かせる選手の獲得は可能と思われ、クロウェルに負けてもそのまま事件解決の3番手になれる。こんなローリスクで確実なリターンを得られるピックがあろうか。
 注目していたカリーム・ハント(トリド)が減量によりデュークと被りつつあるのは誤算だが、他にもサマージェ・ピーライン(オクラホマ)とディオンテ・フォアマン(テキサス)なんかは実績抜群、爆発力は捨てることになってもショートヤードを押し込む中位候補として期待。

 FBはとりあえず開幕ヴィターリで、様子を見ながら信頼を得られれば御の字、そうでなければシーズン中に欲しいのが空いたらいつでも入れ替える態勢か。イージーパスは捕らなあかん。

 また前エントリの通り、ペップ・ハミルトンの後任がQBコーチ専任となったことで、カービィの思想がより多く採用されることになるだろう。この動きは「だからクロウェルで十分」ではなく、「だからこそRBが必要」という考え方にシフトしていきそうな気がする。とりあえず、12位フォーネットは何の躊躇もなく受け入れる所存ではある。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52165887
この記事へのコメント
Y/Aはリーグ2位ですね。

安定性には欠けますが、
デュオとしてはリーグでアベレージレベルにはあると思っているので、
ここに上位指名は使って欲しくないなあ。

3番手候補ならドラフト外でも取れるのですかね?
Posted by redhotburger at February 14, 2017 22:45
去年はEEでいいんじゃないかと呟いた記憶が…。
QBでなければ12thは何でもありですな。
とはいえリッチさんの二の舞は勘弁です。
Posted by oilman at February 15, 2017 20:08
>redhotさん
ランを増やせばY/Aは確実に低下していくと思うので、塩梅が難しいところですね。
現在ブラウンズオフェンスには核が全くないので、RBが一番の近道ではありますが…
ドラフト外まで待つのは今年は勿体ない気がしています。

>oilmanさん
リッチはスタイル変更を拒否しての自滅ですからねー。
むしろ「お前、そんなんだったらリッチみたいになっちゃうぞ」という決め文句で指導しやすくなるでしょうw
Posted by mentai at February 16, 2017 18:54