February 09, 2017

犬ニュース170209

 終わったってことは始まったってことです。SB終了後の動き。

1. Sタイヴィス・パウエル獲得
 SEAをカット(ウェーブ)されていたタイヴィス・パウエルを獲得。プレーオフの対戦相手に引き抜かれることを防ぐため、プレーオフ中のウェーバーはSB終了まで解禁されない仕組み。
 地元オハイオステートからドラフト外で今季SEA入り。サイズとスピードのコンボが素晴らしいSだが、荒削りのままサプライズアーリーエントリーを表明してまんまと失敗した男。
 それでも1年目から、STとしてプレーオフチームのアクティブロスター入りする力を見せていた。プレーオフではタイラー・ロケットの負傷離脱を受け、デヴィン・ヘスターを獲得するために枠を空けざるを得なかったもので、決して「使えねえ」と判断された悪印象のウェーバーではなかったと思われる。
 地元オハイオステート出身というだけでなく、ここまで熱心なのは珍しいというほどのブラウンズファンだったそうな。ブラウンズファンだから期待できるということではなく、ブレークしたとして、契約が切れる頃にブラウンズ残留に傾く動機になってくれないかなあ程度の情報であるが。
 もう一年大学に残るべきという声が多かったようにまだまだこれからの若手。しかし、悲しい哉、現ブラウンズロスターにおいてはすでにスターターを争うレベルであろう。


2. QBジョシュ・マカウン、CBトラモン・ウィリアムズをカット
 この2人については、シーズン中にもちょいちょい言及したと思いますが「やむを得ない既定路線」であります。従って驚きはゼロであります。

 マカウンは去年の段階でも残留できるか微妙な線上にいて、結果的に外からの補強がRGIIIとケスラーだったため、まーケスラーはさすがに1年目は使いモノにならんやろーということでバックアップQBで残ったもの。それがまあ、お約束のように1年目からお鉢が回ってきたケスラーが「思ったよりは」いい結果を出したことでお役御免確定。
 拾うチームがあるかどうかは別として、本人はまだ現役希望しそうだな。とりあえずブラウンズではお疲れ様。ヘリコプターダイブは忘れません。

 とらモンは契約内容が何よりも雄弁に物語っていたというか、二度目のプロボウルに候補として名前が挙がるくらいの活躍でもしない限り来季の残留は難しかった。そこへ来て「ブラウンズの先発CB」の地位さえ維持できず万事休す。ところどころでいいプレーもあったが全体的には期待外れに終わった。
 本人がまだ現役続行を望むのであればバックアップSか。最終戦にFSを一試合経験させたのは次の仕事に繋げる餞別か。


3. 新QBコーチにデビッド・リー
 前BUFの同職。カレッジとNFLを合わせてコーチ歴が42年目に突入する古参。
 彼の長いコーチ履歴の詳細はWikipediaに飛んでいただくとして、NFLでのQBコーチ時代だけを以下にまとめてみる。
 年、所属チーム、勝敗、エースQBの順。勝敗はリーの評価とは直接関係ないにしても参考までに。

 ‘05 DAL 9-7 ドリュー・ブレッドソー(最後の3000ydシーズン)
 ‘06 DAL 9-7 トニー・ロモ(キャリア初先発年)  
 ‘08 MIA 11-5 チャド・ペニントン(最後の3000ydシーズン)
 ‘09 MIA 7-9 チャド・ヘニー(キャリア初先発年)
 ‘10 MIA 7-9 チャド・ヘニー
 ‘12 BUF 6-10 ライアン・フィッツパトリック
 ‘13 NYJ 8-8 ジーノ・スミス(新人年)
 ‘14 NYJ 4-12 ジーノ・スミス
 ‘15 BUF 8-8 タイロッド・テイラー(キャリア初先発年)
 ‘16 BUF 7-9 タイロッド・テイラー

 直近はタイロッドだが、過去に遡るとむしろポケットバサーとの付き合いが多い。
 ただ、QBのタイプがどうこうよりも、この一覧を見て「つなぎQBのエキスパート」という表現が真っ先に浮かんでしまったところである。QBにあんまり恵まれてないともいう。
 で、引き続きブラウンズですから、しばらくその傾向は続くのか、はたまたすげえのが出てくるのかは神のみぞ知るが、個人的に来ドラフトでQBは12位でもあんま指名してほしくないところで、QBについては正に「つなぎの年」(=フランチャイズQB狙ってコケる年ではない)と位置付けており、適した年に適したコーチが入ったといえるのかもしれぬ。
 あと、妙にAFC東づいているのはたまたまかもしれないが、かつてのライバルチームに請われ続けるのは悪いことではないだろう。

 なお、改めての情報整理となるが、ミシガン大に出て行ったペップ・ハミルトンはAHC/PGC/QBコーチという3つの肩書を持っていた。このたび、最初の2つを切ってQBコーチのみを入れ替えた形になったことで、役職名変更があるかどうかはともかく、名実ともにカービィ・ウィルソンがヒューに次ぐオフェンスのナンバー2になったと。これはなかなか楽しみ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52165666
この記事へのコメント
12位はQB指名次第ではクックもフォーネットも残ってるモックも見かけますね。
リードブロッカーFBかH-BをFAで補強した上で指名したらカービーさんが物凄いランオフェンスを構築しそうなのがアレです。
羨ましいです。
Posted by ニシ at February 09, 2017 20:37
パウエルは個人的に結構思い入れのあるUDFAだったので最後の最後にウェーバーになってしまったのはちょっと切なかったですねえ。
ボウイ、ベイリー、バーリーと拾って頂いたウチのOBは結果を出せていませんがパウエルが良い素材なのは間違いないので是非ともCLEで花開いて欲しいものです。

代わりといってはなんですがウチのPSにきたデシールが来季やってくれないかなあ。
Posted by rworuha at February 09, 2017 23:36
これから3ヶ月間がブラウンズにとっての正念場ですね。

Powell獲得はファンたちも大喜びしていますね。
SはNFL随一の薄さなので、スターターをゲットしてもらいたいものです。

ヘリダイブはブラウンズを象徴するようなプレイでしたね。
仕方が無いとはいえ、本当にナイスガイだったので寂しい限り。
先発に拘らなければ居場所はまだまだあるでしょうね。
グッドラックJosh!!

来期をRG3に託すとは思えないので、Garoppoloゲットのお膳立てに見えてしまいます。
Posted by redhotburger at February 10, 2017 14:25
>ニシさん
ペップ・ハミルトン離脱は計算外だったと思いますが、結果的にランによりシフトしていくなら歓迎です。
OでもDでもいいですが、早くチームのアイデンティティを構築しないと…

>rworuhaさん
このフロントは明らかにSEAのおこぼれを待ち受けてますねw チーム作りで見習うものを見出しているのでしょう。
デシールもまだまだ捨てきれない素材だと思うので、キャロル教師の下で基礎を身に着けられれば一発あると思います。

>redhotさん
マカウンはコーチ業コースですかね〜。
リーダーとしては申し分ない印象ですが、ポジションコーチとしては微妙な気もw

このオフは派手にやってくれることを期待しています!
Posted by mentai at February 11, 2017 18:44