January 22, 2017

2017シュラインゲームだらだら

 朝めっちゃ寒かったので、鰤のあら汁を仕込みながら観戦していたところ多く作り過ぎてしまい、本日は3食同じ食事。朝昼晩と進むにつれて美味さが増していく感動とかそんなことより同じメシは辛い。まだ半分くらい余ってる。

 その程度の熱でもっての観戦で恐縮であるが気になった選手をだらだらと。
 守備合戦というか拙攻合戦というか、試合内容も影響したのか妙にポジションが偏ってしまった。


1. 事前評価の高かった5人衆
 以下の5名は、シュラインゲーム記事をランダムに漁っていて、ほとんどの記事(当社比)において事前に賞賛されていた面々。

DE トレイ・ヘンドリックソン Trey Hendrickson(フロリダ大西洋) 6-4/265
 シュラインゲーム本番を解説したメイヨックとジェレマイアのみならず、シュラインゲームの練習を取り上げた記事で、彼を挙げてないものが一つも見当たらない満場一致クラスのプラクティスMVP。ブロッカーをかわす動きの鋭さが、参加メンバーの中では段違いであったと。
 試合でもナイスプレッシャーをかけ続け、メイヨックもジェレマイアもトップ100のお墨付き。 

DE ディートリック・ワイズJr Deatrich Wise Jr(アーカンソー) 6-5/280
 この人は練習がどうこうというよりも、一年前は普通にドラフト上位も狙えるプロスペクトだった(今季成績をだいぶ落とした)ってことで、実績による期待度が高かった選手。
 試合でもヘンドリックソンに負けずコンスタントにプレッシャーをかけており、かつヘンドリックソンを上回るサイズの持ち主で、ジハード・ウォードまでいかなくとも、似たような感じでドラフトを駆け上がる可能性も。

TE エリック・ソーバート Eric Saubert(ドレイク) 6-5/251
 FCSの選手が練習で注目を浴びる喜ばしいスタートで、ぜひとも試合でも活躍してもらいたかったが、残念ながら2落球といいところなし。メイヨック曰く、元々落球癖ありとのこと。これは本人眠れないんじゃないか。
 後述するがTEは他に面白そうな選手がちらほら。

CB フェイビアン・モロー Fabian Moreau(UCLA) 6-0/200
 シュライン組のナンバーワンCBと評された選手。ちなみに練習では、次に紹介するロビネットにだけはやられたらしい。
 試合では、サイズの良さは感じたもののそれ以上のことは不明(というかDB全体にほとんど見せ場なし)。しばらくフォローしたい対象。

WR ジェーレン・ロビネット Jalen Robinette(空軍士官学校) 6-4/215
 彼がベストWRらしいけど経歴が危険。
 というのも、カレッジでは(極論すれば)トリプルオプションでがらがらに空いたディープを捕っていただけのWR。この系統は直近だと元ジョージアテックのスティーブン・ヒルが大コケ。運動能力が高い高いと煽れば煽るほど危険。
 もちろんバスト認定したいのではなく「どっちに転ぶか不明」というだけで、下位なら十分に賭ける価値はあるのだろうが、ヒルから得た教訓を思うと、ゲームフィルムで判断できない以上、極東からネット情報だけに頼っている身ではいいも悪いも予想できる材料なし、生ぬるくドラフトの行方を見届けるしかない、と個人的には考えておる対象である。手はめちゃくちゃデカいらしい。なお試合では短〜いパスを2発受けただけで特に見せ場なし。


2. QB
 楽しみなメンバーであったが、ロースコアが物語るように誰一人目立つことができず。唯一のTDもランであり、TDパスを決めたQBはゼロ。今年もシュライン組のQBは誰も指名されないのか。
 とはいえ、ダウンフィールドパスのコール自体が少なく、単にそれほど見られなかったのも事実。面子的に、今年は1人くらい指名されそうな気もする。

ウェス・ラント Wes Lunt(イリノイ) 6-5/225
 肩だけなら今ドラフトトップクラス。投げっぷりは素晴らしい。コントロールは適当。メイヨックに「高さのあるレシーバーにエンドゾーンへ通そうとするならパスをもっと山なりにしないと」と苦言を呈されていた。
 なかなかインパクトのある顔つき。マキャロンほどじゃないけど月亭さん多いな。

クーパー・ラッシュ Cooper Rush(中央ミシガン) 6-3/230
 赤シャツシニアで、学位はすでに高GPAで取得済のフィルムジャンキー、という逸話を知ってからにわかに期待していたQBだが、手の大きさでいきなりミソがつく。8.75インチは、去年のコンバインなら単独最下位。
 何かの写真で見たけど一般人かってくらいちっさい印象であった(もちろんガタイとの比較なので一般人よりはデカいけど)。手の大きさにこだわる首脳陣だけにブラウンズ指名はないかなあ。

ガナー・キール Gunner Kiel(シンシナティ) 6-4/225
 元々5つ星リクルートとしてノートルダム入りした大物ながら、「カレッジでプロスタイルオフェンスをやっておきたい」という意識の高い理由でトランスファー。ガッツあるなあと思って期待していたのに、移籍後毎年成績を落とし、今年はとうとうエースQBですらなくなるという悲しいシニア。シュラインでも見せ場なく、もうここから巻き返しを期待するのは無謀でしょうかね。


3. TE
 プレーコールの影響もあると思われるが、TEがやたらと目立つ試合であった。なかなか個性的なメンバー。

ビリー・ブラウン Billy Brown(シェパード) 6-4/241
 ディビジョンIIの怪物。大学ではワイドアウトだったが、サイズ的にNFLではTE(Hバック)という、言わばセス・デヴァルブ系レシーバー。
シュラインに引っかかりもしなかった超無名デヴァルブでも4巡、しかも(ブラウンズとはいえ)1年目から試合に出てスタッツを残した実績もあるので、この人もそれなりに売れるかも。

マイケル・ロバーツ Michael Roberts(トリド) 6-6/270
 カレッジ最終年は45捕球で16TDというレッドゾーンの決定力。270ポンドを感じさせない動きの良さはあった。最近のTEは軽量化が進んでいるが、グロンコもウィッテンもジミグレも公称では260ポンドを超えており、やっぱり真のマッチアップナイトメアたるには、本来このくらいのサイズが欲しいところ。もちろん動けないと意味ないけど。

アントニー・オークレア Antony Auclair(ラヴァル) 6-6/254
 カナダからの刺客。このサイズにしてハードルジャンプを試みていた(一応その甲斐あって1,2ydほどは余分に稼いだはず)。何でもやったれというアピール精神や良し。

テイラー・マクナマーラ Taylor McNamara(USC) 6-5/245
 試合中、メイヨックに「何でもやるネクスト・レット・エリソン」と評されていた。そうかつまり彼がMIN入りか。


4. WR
 あんまり目立った選手はいなかったが、上位では指名しないが、去年の新人トリオ(コールマン以外)が全く働けなかったので、デプス競争要員は確保の可能性あり。
 期待のピアニストWRオースティン・カー(ノースウエスタン)は、短めのを2捕球だけだったか。特にアピールはできず。

カレル・ハミルトン Karel Hamilton(サムフォード) 6-1/202
 試合のリーディングレシーバー(61yd)だが、数字よりも、ダイブして低目を捕って即座にボールの下に腕を差し挟むスーパーキャッチでインパクトを残した。スモールスクールボーイがワンチャンをモノにした集中力、勝負強さを買いたい。2016ブラウンズはシーズン通して「スーパーキャッチ」とまで呼べるものは一つも記憶に残ってないから。バーニッジの股キャッチが最新物件。

トレイ・グリフィー Trey Griffey(アリゾナ) 6-3/209
 イチローも敬愛するケン・グリフィーJrの息子ですと。
 調べたところ、カレッジでも最終年382yd2TDと全然活躍しとらんのであるが、文句なしのアスリート血統、プロスポーツ選手としての(心構え的な)英才教育、といったバックグラウンドを想像するとやっぱり魅かれる小生はミーハーですが何か。
 なお、血筋組ということではLBハーディ・ニッカーソンJr(イリノイ)も出場していたはずだが全く記憶になし。

カーミット・ウィットフィールド Kermit Whitfield(フロリダ州立) 5-8/180
 スイングパスから一気に外を駆け上がって20ydほど稼いだプレーあり。プレー自体はシンプルだけど、試合のハイライトシーンの一つ。
 なんでも、コンバインに呼ばれれば40ydダッシュ王候補、というくらいのスピードの持ち主だそうな。サイズ不利は言わずもがななので、彼を狙うチームは限定されるだろうけど確実にドラフトには引っかかりそうな。


5. マイMVP
DT ディアンジェロ・ブラウン DeAngelo Brown(ルイビル) 6-0/308
 生憎ブラウンズニーズは(デプス要員であっても)かなり低いと言わざるを得ないNTタイプだが、値千金のゴール前サードダウンストップに加え、中央のランをたびたび潰していた。ロスタックルは3つくらいあったのではなかろうか。
 体型は申し分ないが、NTとしては若干アンダーサイズ気味なのでもう一段上のレベルでどうか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52163570
この記事へのコメント
我らがジョージ・エドワーズのお眼鏡に叶って3日目にVikesに指名されるのは誰でしょうか…
って、エリソンもUSCだったなww
Posted by ニシ at January 23, 2017 08:06
約束されたかのようなプロスペクトが出てきましたなw
Posted by mentai at January 23, 2017 20:19