January 19, 2017

南軍概観

 次の日曜早朝に東西シュラインゲームが行われるが、それはまた観戦後に感想など綴ることとして、ロスターが発表されたシニアボウルの話題を先に。

 なんといっても、今年のシニアボウルはブラウンズがチーム・ジェファーソン・デービスを率いるので、練習風景を含めた観戦にも力が入る。お気に入りのアイオワの2人(キングとジョンソン)がチーム・リンカーンなのは残念だが、こちとら2年連続チャンピオンシップで激突したカレッジ2強を独占しており、必然的に「派手な」名前が並ぶ。
 思い切り肩入れして観戦する所存であるところ、今回の概観も片方のみ(こちらのみ)にてご容赦。本当に舐めるだけの概観でございますが。


デショーン・ワトソン辞退
 参戦を表明していれば南軍であったワトソンは辞退。ジュニアだが、すでに卒業に必要な単位を取得しているため参戦可能であった。
 ただでさえ余分に試合をこなしているうえ、今さらチャンピオンシップゲーム以上のアピールなんてできないし出ないよなあ、と思っていたので特に残念とかいう感情はなし。ワトソンにしてみれば、わざわざブラウンズに目をつけられる必要もないであろう。

QB
 ジョシュ・ドブス(テネシー)、デービス・ウェッブ(カリフォルニア)、アントニオ・ピプキン(ティフィン)の3名。
 ドラフト興味からはやや外れるが、注目はなんといってもディビジョンIIから参戦のピプキンだろう。例えば、今年FCSで一番いいQBと言われたブレイディ・ガスタフソン(モンタナ)なんかを差し置いての招待であり、一体何者なのかと興味津々のファンも多いはず。
 Draft Breakdownで動画を見た限りでは、いやあどうスかねえという感じのデュアルスレットであったが、シニアボウルで弾けないとも限らないのでぜひとも応援したい。「1巡でワトソンいくくらいなら7巡でピプキン」とか言い出す奴が出てくるくらいにはインパクトを残してほしい。
 ドブスは昨年来アスリートQBとして注目されていたが、パサーとしても力をつけてきたと評判。ウェッブはジャレッド・ゴフの後任として、エアレイドとはいえ4000yd超え。パス成功率はもう一声欲しかったか。いずれもドラフト中位から下位指名を十分狙える存在で、QBだけを見ると南軍有利のようにも思えるが、全てはピプキン次第。

RB
 Skip。ここは北軍が断然楽しみですなあ。

WR
 やはりライアン・スウィッツァー(ノースカロライナ)に目がいく。個人的には、タイラー・ロケットとスターリング・シェパードに続ける存在、そうでなくてもペッツが放っておくまい。
 あとは、いずれもチーム内2番手ということで地味ながら、経験豊富でとにかく捕球力が高いトレーヴィン・デュラル(LSU)と、クレムソンパスアタックのいぶし銀アーテイヴィス・スコットに注目したい。

TE
 ドラ1候補O.J.ハワード(バマ)見参。バマオフェンスの都合上全然活かされなかったRS/ボウルゲームよりも、シニアボウルのほうがフィルムとして有用なんじゃないかなんて憶測も。
 ただ、上位必至なだけにブラウンズ指名の現実味は薄い。むしろ、指名候補対象の視点ならもう少し下げてのエヴァン・エングラム(オールミス)。この軽量TEはNFLで居場所があるのか、を見極めることになるだろう。

OL
 イーサン・ポシック(LSU)とフォレスト・ランプ(西ケンタ)が二大人気銘柄か。しかしポシックはおそらくCに向かない。よってブラウンズが見定めるべきはケンタッキーのジョン・トース。
 ゴリゴリGを探しているなら、ニコ・シラグーサ(サンディエゴ州立)もじっくりチェックできる。残念ながらOTは北軍が魅力。

DL
 EDGEは注目するに及ばず。おとなしくギャレットいっとけ。
 よってインテリアに特化して注目してみるとここもなかなか豪華で、インサイドラッシュでは今季トップクラスだけど周囲のお陰かどうかを見極める必要があるカーロス・ワトキンス(クレムソン)、ケガがなければもっと人気銘柄だったはずのエディー・ヴァンダードーズ(UCLA)、そして最終年終盤に頭角を現しはじめたダルヴィン・トムリンソン(バマ)と、直接指導してこそ見えるものがありそうなプロスペクト目白押し。

LB
 バマのライアン・アンダーソンがめちゃめちゃ気になる。基本パスラッシャーだとは思うがラン守備も実にうまく、万能性の高さを考えるとターゲットから外しづらい。彼をじっくり見られるのも大きなメリットだろう。
 あとは下位候補となろうが、炎のLBベン・ボウルウェア(クレムソン)。スクービー的存在というか、ロスターに入ったら全力応援したくなるタイプ。

CB
 今年は上位のCB候補が豪華絢爛かつバラエティに富みすぎて、逆にハズレ引くんじゃないかと不安になる中、トレデーヴィアス・ホワイト(LSU)の参戦は朗報。まだ全員を判断するに至っていないが、ホワイトは上位候補の中でもトップクラスに方向転換がスムーズな印象で、カバー能力が非常に高そう。それでいて上背も平均以上。フィジカルプレーの強さがポイントになるのだろう。
 その他、キャメロン・サットン(テネシー)、ダモンテ・ケイジー(サンディエゴ州立)も中位候補。ただし気候最高なSDSU産はリオン・マクファッデンみたいなことにならんよう慎重に。

S
 ここは上位指名しか考えていないだけに、とりあえずジャスティン・エヴァンズ(テキサス農工)一本で。エヴァンズが出てきてくれただけでもありがたい。

まとめ
 タレントがアホほど集まった今年のクレムソンとバマが一緒になるだけで豪華豪華。南軍を率いるには実にいい年。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52163240
この記事へのコメント
QB以外はC国の礎を築くお膳立てが凄い印象です。

1巡指名権の無いVikesはちょうどシュラインゲームのコーチ陣で良い感じです。
3巡が2つあるんで全体的に薄めのロスターに厚みを持たせて欲しいですね。
ただ、プルイット、モーガンに引き続き身体能力の高いブロッキングTEを指名するのでしょうww
Posted by ニシ at January 19, 2017 20:54
ディショーンホールが凄く気になります。

関係ないと言わずw
ぜひレポートを聞きたいです
Posted by 他チームファン at January 21, 2017 11:22
今年のシニアボウルは個人的に好みの選手が多く若干テンション高めですw
私の場合は北軍にBadgersの2人もいますし、ずっと応援していたCooper KuppやBIG TENの野郎どもも多いので北よりなので南方面の情報楽しく読ませていただきました。
トレデーヴィアス・ホワイトは開幕戦で強烈な印象を受けましたね、PIC6やられましたし。
LSUで18番つけるのってフィールドの外でも中でもリーダーである者らしいですので人格も間違いない感じですかね。
RBに関してはFBも含め北軍が魅力的に私も感じております。
Posted by ネイチャー at January 21, 2017 17:47
>ニシさん
シュラインはニーズに引っ張られないという意味で純粋に見られます。コーチもそんな感じなのかなあ。
去年、ブロッカーとして気に入っていたモーガンは予定調和のようにMIN入りしw、かつ試合にもちょいちょい出たようで。今からルーキー契約満了待ちですw

>他チームファンさん
いえウチ2人も要りませんのでw
というのは冗談で、ちょっと注目してみます。

>ネイチャーさん
北軍はやっぱり、今年のRSを盛り上げたB1Gのメンバーが輝きを放ってますね。
クーパー・カップも、いよいよFBSトップレベルに混じってどうなるか楽しみです。
あとは、Mr.ターゲティング(私は好意的に捉えていますw)のネイサン・ゲリーにも期待しています。
北軍のRB3人は、ちょっとたまらんですねーw 今年は多少埋もれるのは仕方ないとはいえ、ドラフト戦線でのクレメントのノーマークっぷりも不気味です。シュラインのオグンボちゃん共々注目しています。
Posted by mentai at January 21, 2017 20:18