January 09, 2017

DC交代、ペップさんも離脱か

 そんなに悪い選択とは思わないけど、今政権は継続性重視だと思っていたので予想外といえば予想外。ガスとかウェイドさんとかはさすがに来んか。

 継続性の観点からは好ましくない一方、ホートン続投を熱望せしめる要素がシーズンを通してどこにもなかったのも事実。「ジム・オニールよりまし」は何の評価にもならない。本当にオニールだけ上回ってのリーグ31位とか、てめえわざとやってんのかとツッコミたくもなる。よって、なんとも感想を述べ難い動きである。
 去年はヒューのHC就任から探しはじめてコーディネーター争奪戦に出遅れたこともあり、経験も加味すると正直ホートンがほぼベストチョイスみたいなところはあった。その点、今オフはトップが変わらず、かつガス・ブラッドリーとかウェイド・フィリップスとか久々にDC豊作(?)であり、本当はホートンより欲しかったDCが(ウィリアムズを含め)目白押しであったと。
 またホートン続投の是非に関しては、彼の右腕的存在であるルーイー・チョーフィーがDBコーチというのもいただけない。せめてお前んとこはしっかりせえよってユニットが一番の穴とあっては、このコンビに将来性なしと判断されてもやむなしであろう。


グレッグ・ウィリアムズ(以下「GW」)第一印象
 4-3からブリッツを入れまくるアグレッシブな守備の人、というのが定型の説明文と思われ、小生の認識も例外ではない。オールアウトブリッツが増えるのは間違いないだろう。NFLコーチ初年度がバディ・ライアン配下だったこともあって、彼の影響を大きく受けているらしい。
 ただ、さすがにHC/DC暦合わせて18年もあれば当然かもしれないが、手持ちの選手の能力に合わせて3メンフロントも駆使するそうで、4-3をベースとしつつも、必ずしも型に嵌った守備を展開するわけではないらしい。そういう意味で所謂「シンプルな守備」とは対極にある。
 今しがた調べたスタッツのみからの想像になってしまうが、今季LAのサック31個(ちなみにブラウンズよりは多いがリーグ24位)のうち、DL以外によるものは僅かに5個。しかもうち4個がセカンダリー、残りの1個も$LBバーロンということで、無闇矢鱈にLBを突っ込ませることはしていないのではないかと。スタイルが変わったというより、今季のLAほどのDLを擁せばさすがのGWもブリッツを控えるのでは、と考えると多少は安心できる。ギャレットとオグバが相乗効果を生むなら、ブリッツは奇策として置いといていいわけだから。

 という話の流れを作っておいてギャレット指名について触れると、今回のDC交代でより指名しやすくなったはず。ホートンも大半が4-2-5ニッケルだったとはいえベース3-4を捨てたわけではなく、エッジラッシャーにはOLBとしての働きも余儀なくされる。マリ夫然りクラウニー然りだが、ギャレットもOLBに回る機会が増えれば増えるほど才能が死ぬ系統の選手だと考えているので、パスカバーはゾーンブリッツ以外でさせたくない。
 ギャレット同様にアレンが指名しやすくなったのも事実だが、その他、各ユニットへの細かい影響は回顧と展望編にて改めて妄想せん。

 バウンティゲート絡みはひとまず置く。謹慎は解けたし、あんだけ騒がれたらさすがに懲りているだろうし、ヒューも「もうない」と明言。
 報奨金的なものはもちろん言語道断であるが、発想だけを捉えてみるとアメリカ人ならまあいるかもね、といったところ。ハートマン軍曹とか(おい)。好意的に解釈可能な部分だけを抜き出してみると、タックルミスを人一倍嫌うそうで、若くてぬるいディフェンス陣にとってはいいコーチかもしれない。
 以下、いくつかツイートを並べておくが、彼を最高のコーチと慕う選手も結構いるようである。当のヒューも、あえて危険を冒してまで入れ替えたくらいだからよほど信頼しているのであろう。

 
 
 懐かしのロベアおばちゃんもGW支持派。中でもローリナイティスは、GWによって活かされた好例と考えられる。
 また、彼についてくると予想される若手ポジションコーチにも有望株がいるそうで、これについては決定次第また。


ペップは自主退職濃厚
 現AHC/PGC/QBコーチのペップ・ハミルトンが、ジム・ハーボーを追ってミシガン大学のコーチに就任すべく現職を辞すのではないかとの情報もあり。こちらはまだ確報でなく、ヒューも直近の会見で「できれば残って欲しい」と発言しているが、ハーボーがすでに、ペップさんがコーチ陣に入ることを今年のリクルート達への売り文句にしているとか。

 まあ自主的に辞めるものはどうしようもない。ハーボーの時もそうだけどミシガンすげえなと思うばかりである。そして、こういうプロの現役一線級を直接引き抜くコーチ補強をする大学はカレッジ界の憎まれ役が実に似合う。
 元々中途半端な役職で、AHCはどのチームにもあるものではないし、PGCはOCを半分に割っただけなので、現RGCのカービー・ウィルソンがOCに昇格することで問題ない。むしろウィルソンの権限が強くなることで、今季機能したランをより重視するようになるのであれば朗報かもしれない。明白に後釜が必要なのはQBコーチ職だけ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52161825
この記事へのコメント
昨日は態々獅子吼のチャットルームまでお越し下さり、ご声援どうも有り難う御座いました。PITファンのSteelCityさんとC国のmentai閣下が、仇敵同士ながら呉越同舟でDETに声援を送って下さる光景なんて、ちゅるサンの人徳というか獅子吼ならではだなぁと思ったモノでした。
ホートン ⇒グレッグ・ウィリアムズなら大きなステップアップなのは確実でしょう。毀誉褒貶が激しい御仁ですが、ロウリナイティスのいうCulture changer!!というのがC国にはうってつけかと。問題は攻守各ポジションの補強優先順位の決定権をヒュー本人が保持できるか否かということの様な気が。

正月早々GBに惨敗し意気消沈、年賀の御挨拶も未だでした(苦笑)。どうか本年もよろしくお願い申し上げます。
Posted by Liger at January 09, 2017 08:19
GW就任よりカービーさんOC就任の方がVikesファン的には…
帰って来ないとは思っていましたが…
当方はシーズン途中で辞めたOCに代わってTEコーチが仮OCだったのにランプレイにやたらと揃ってるTEを活かさないばかりか、やたらと運動能力の高いプルイットをロスター整理の中でリリースして熊にただで渡すアレっぷり(しかも熊との最終戦でグリフィンをナイスブロックしたりw)を見せ付けてるだけに切ない…
エリソンは去年ケガリスクで単年契約だったからこのオフもUFAなんだよなぁ…

うちはドラ1が無いばかりか、2人合わせて36MヒットのQBとRBをどうするのか?問題(それでも24M空きがあってもローズ/フロイド/パターソンのドラ1トリオの5年目オプションor契約延長とかあってですね…)があってオフが暗闇なので希望を語れるの羨ましい…
テディの回復時期が確定次第ブラッドフォードを買い取ってくれませんかね?w
Posted by ニシ at January 09, 2017 09:47
>Ligerさん
こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。
昨日は残念でした。チャットで皆さんおっしゃっていた通り、このオフはまずLBでしょうか(ナータがあと1、2年現状維持できれば)。
D国もポストシーズン1勝が遠いですが、鱒が実は超晩成型で、ようやく本領を発揮してきた説に乗っかります。ポストCJ時代はこれからですね。

>ニシさん
勝ち星にはつながりませんでしたが、今年のブラウンズはOLのオールプロ2ndチーマーが2人抜けたにもかかわらずラン平均ydが異常に改善されてまして(4.0->4.9)
カービーさんはかなりいい仕事してくれたと思います。うまく生かせなかったですね。
渋いTEを生産してばらまくスタイル、うちにも一人くださいw

サム君買い取りは現状を考えると全然アリなんですが、彼にはドラ1がいちいち絡むのが不安ですw
Posted by mentai at January 09, 2017 13:05