December 03, 2016

bye明けの希望先発メンバー

 すでに来季を見据え、でも1勝はしたいので決して「捨てメンバー」にはできない、そんなバランスを考えつつの。

QB:RGIII
 正直どっちゃでもええんじゃがね。
 クリーブランドのご意見番テリー・プルート氏は、「ケスラーが健康ならRGIIIに興味なし」と言い切っており、もちろんものっそく筋が通った意見であるが、小生、事此処に至って少し異なる考え方になった。
 ケスラーは、「いいバックアップ」の地位は既に確保済である。しかし「来シーズンを託すに足るかどうか」となると、仮に残り試合に全部先発してもおそらく判明しない。その域に達するには、bye前にもう少し光るものが必要であった。白星はともかく、せめて窮地を個人の力でひっくり返すようなプレーを見せたかった。
 つまり、フロントの今季のケスラー評価はすでに定まってて、あと4試合じゃ変わらんと思うわけである。だったら残り試合は面白いほうで。


RB:クロウェル/デューク
 デュークのボールタッチを増やせと常々思っていたが、無駄な時期に無駄なケガされても困るしそれももういいや。
 ドライな表現で恐縮だが替えが利くのはクロウェル。ブリッツピックもデュークのほうが上手いし、どっちか片方しか残せないと迫られれば断然デュークを残したい。
 クロウェルは、来季もエースになれるかどうかの試験の場に再び戻ってしまった。よって残り試合はガンガンクロちゃんでよし。


WR:プライアー/C.コールマン/ヒギンズ
 トップ2は文句なし。一方スロットは新しい方向を模索すべき時。
 先週の起用法からして、首脳陣が現在一番期待しているのはヒギンズか。3WRからもどんどんランを狙うならルイスやペイトンも面白いかもしれないが。

 というわけでホーキンス終了を提言したついでに、今ATLでホットなテイラー・ガブリエルの件。
 あれはリルシャニーの最高のおもちゃであり、ブラウンズに残っていてもあそこまでの活躍は到底できなかっただろうから、その点では惜しくない。活躍の場を得てめでたいだけである。
 ただ、ホークとガブのどっちかは切られるだろうと予想して、ホークが残って、もしガブが残っていたら今のホークよりは活躍の場があっただろうなあという思いはある。


TE:バーニッジ(デヴァルブ)
 バーニッジのNo.1TEの地位は不動として、デヴァルブの出番を徐々に増やす方向で。
 デヴァルブはNYG戦のガーベッジタイムで、初めてまとまった出番をもらったが、元々定評のあったキャッチ力に加えて、しっかりシームを見つけられていた印象である。またコーチ陣の会見によればブロッキングもかなり上達しているとの由。
 テルファーについては、彼を出す出さないというよりパワーランに回帰する気があるのかどうか次第。ちなみに現在、ケガした親指を固定しているのでパスプレーには組み込みづらいそうな。


OL:トーマス/ドランゴ/アイカード/クーパー/S.コールマン
 両G離脱で継続性もへったくれもなくなってしまった。
 Cアービング、RGベイリー、RTパスターが揃いも揃って回転ドア化。どのみち回転ドアなら来季に向けた回転ドアを、ということでCから右サイド一新を提言したい。決してやぶれかぶれではない。そんなにレベルは変わらない。
 OLコーチのハル・ハンターが、今季のアーヴィングについて「新人QBみたいなもんだから。Cの一年目は大変だよ」と。わかるんだけど、その理由で擁護できる次元でしたっけかね。QBでいうなら毎試合5INTのレベルなんで、来年に期待するなら今年はとっとと引っ込めてくれないとね。


DL
【ニッケル】(左から。以下同じ)オグバ/ミーダー(パイア)/シェルトン/ナッシブ
【3-4】 ミーダー/シェルトン/ナッシブ

 インテリアはどうせローテーションを組むので「先発」にあまり意味はないが、現状ベストな組み方は、シェルトンをあえて中央から外してNTミーダー(パイア)、UTシェルトンかなと。
 UTにはもちろんインサイドラッシャーがいればベスト、ブラウンズにもクーパーという候補がいる。しかし、思い起こせば弊留置場で罵倒し足りなかったが、小生密かにクーパーを諦めた次第である。いくらローテーションといえど、ラッシュ以外なんもできん奴が2年目にサック0はあり得んて。


LB
【ニッケル】 カークシー/コリンズ
【3-4】 オグバ/カークシー(デマリオ)/コリンズ/ホームズ(レモニエ、C.ジョンソン)

 先週、ホームズを下げてジョンソンの出番も減らしてレモニエを起用したところ当たり。折角の機会だから、みんなに均等に機会を与えて目処をつけときましょうよ。誰がギャレットのバックアップなのかを。
 伸びしろなら断然ホームズだと思うが、レモニエもまだ25歳なので、引き続き結果を出せればチャンスあり。
 コリンズ起用はまあ補足の必要もないが、早速やる気を失って手を抜かないかどうかをヲチする意味も含む。


CB: ヘイデン/テイラー/ボディフーン
S: レノルズ/キンドレッド

 継続というか動かしようがないというか。
 レノルズが引き続きポカなしで過ごせば、来季のバックアップFSの座も見える。
 あんだけベテラン切った中であえて残したトラモンが今やスロットも張れないという。マネーボールズの眼力は大丈夫すかね。ファーマーよりは遥かにマシだけど。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52157290