October 25, 2016

’16 Week7 @CINCINNATI 雑想

 今年は試合後の動きが激しい。更新が追いつかぬ。

1. ヒュー、(たぶん守備に)ブチ切れる
 珍しく怒りの会見。こんな負け方したことないとかなんとか。また試合の最終盤(残り数分間)は、あまりに腹が立ってヘッドセットをアシスタントHCのペップさんに託していたらしい。
 古巣キャッツ戦はやはり思い入れが強かったのだろう。後述するホーガンの起用法なんかにも、「何としても勝つ」という気合が垣間見えた。実質プライアーまでが抜けた状態でよくもまあコンスタントにドライブを進めるものである。
 もちろん不可解な判断は情報として指摘するが、今年はどんなに負けてもヒューを全面支持。まさか自主的にブラウンズHCを辞めるなんてことないよな…


2a. 本日のコーディー
 試合前半に脳震盪検査のためサイドラインに下がり、そのまま試合に戻らなかった。退場するまでは9/11、82ydと相変わらずの高成功率。
 ヒューもとうとう、ケスラーのガッツを賞賛するのではなく「あまりヒットを食らいすぎると近いうちに立ち上がれなくなる。フィールドに居続ける方法を見つけないといけない」と公の場でのアドバイスへと転じた。
 確かにケスラーは、自分のやっている行為が「追い回されてヒットを食らうと確定するまでボールを離さないこと」であると自覚すべしかと存ずる。ケガすべくしてケガしてる。

2b.本日のケビン 6/12(50.0%)100yd 0TD 2INT
 そしてホーガンへ。
 ケスラー退場前から登場はしていた。ただしQBというよりリードオプション要員であり、ワイルドキャット起用に近い。この段階では現地メディアの誰も「7試合目で6人目のQB」とは報じていなかったように思う。
 そんなことよりリードオプションよ。3キャリー37yd。これぞヒューによる対古巣戦の隠し玉、まさかスタンフォードのプロスタイル出身QBがリードオプションを仕込まれていたなんて思うまい、といったところであろう。LG先発がベイリーでなくドランゴだったのもこのへんと関係がありそう。
 ケスラー退場後は、唯一のQBとして「正式に」登場。メディアも「7試合目で6人目の、パスを投げたQB」と苦しい表現で日替わりQBを祝福した。
 QBとして特筆すべきものはなかったが、28ydスクランブルTDなど、足で活躍して104yd。見てて面白かったのでよし。


4. テルファー効果???
 先日、テルファーが欠場したと同時にランが出なくなった話をしたが、今週復帰。そしてランはそれなりに戻った。
 さて本当にテルファーが関係あるのかを確認しようと思ったが、後半はショットガン/ピストルメインで攻めざるを得なくなったのであまり参考にならない。
 2TEまたは3TEからのランプレーは(当方のメモによると)6回しかないが、内訳は2yd、8yd、12yd、ゴール前1ydTD、13yd、2yd。2ydは両方デュークで、あとはクロちゃん。うーむ悪くない。


5. オグバ
 ストロングサイドに回って2サック。ウム、こっちが得意ならばウィークサイドにすんなりマイルズ・ギャレットを収められる。
 ただしキャッツのビッグランが出たのもオグバ側。コンテインに失敗しており、トータルではナッシブと並んで戦犯側。もちろん今年はこんなんで結構。学習学習。


6. 全とっかえセカンダリー
 アサイメントミスからショボいカバーからタックルミスから、ありとあらゆるダメっぷりをこれでもかと見せつけるDB陣。もうどうしようもないですな。今年はこれをずっと見なならん。改善策はありません。DCが誰であっても無理。
 新人のキンドレッドやボディフーンはまだいい。残念なのはキャンベル。ウィットナーの控えだった昨年は、ウィットナーを凌ぐほどに少ない出番で活躍していたのに。所詮は控えの器であったか。
 ヘイデンもすっかり計算できない身体になってしまったので、来年はスターターを全員入れ替える勢いて補強が必要。今プレーしている連中がニッケル/ダイムに回るなら悪くないロスター(とらモンはさようなら)。バマの万能Sエディー・ジャクソンがシーズンエンドとなったのは(ドラフト的に)吉と出るか凶と出るか。


7. ヘイルメアリーまでの軌跡
 完全に勝敗を決したプレー。しかしこれ、ただ運が悪かっただけではない。
 前半2ミニッツウォーニングからの最初のプレーで、ブラウンズオフェンスは敵陣38yd地点まで侵入して4th&3。FG換算だと56ydという嫌な位置で、ギャンブルする選択肢もあったが、ヒューは故意にディレーオブゲームを取って5yd後退し、敵陣43yd地点からのパントを選択した。
 CINがボールを取ったのが自陣15yd地点。前半残り時間は1:03。
 バーナードがキャリーして5ydゲイン。現地ブーイング。
 ヒューが謎のタイムアウト取得。
 キャッツは次にまたもランを選択。ダウンは更新するも、その消極性に対して現地大ブーイング。この段階でCINは得点を狙っておらず、そのままハーフに突入しようとしていたかに見える。その前のブラウンズの動きからして、ヒューにとっても願ってもない展開だったはずでこのまま終われば何も問題ない。
 しかし、ヒューのタイムアウトで妙に時間が余ったからか、キャッツは得点狙いに切り替えたかのようにここからパスに転じ、ファイナルプレーでのヘイルメアリー成功につながっていく。
 残り1分からランを2回も選択、さらに被サックまであるのに7点。アメフトってこんなに簡単にTDが取れるゲームであることを初めて知った。
 結果論として、あのタイムアウトがなければキャッツは可能なプレー数が少なくとも1つは減っていたので、ヘイルメアリーをするにしてももっと後ろからの開始を余儀なくされていたはずである。
 とはいえ、このへんのクロックマネジメント(というか判断の迷いというか)は要因としては小さい。ヘイルメアリー成功は2万パーセントディフェンスの失敗。グリーンの集中力はさすがだがそれも関係ない。ホートンのプランが甘かったのか、セカンダリーがプラン通りに守れなかったのか。


NEXT:vs NYJ
 逆頂上決戦、と気合い満々であったがBALに勝ちよった。
 ディフェンスのレベルが全然違うので同格とはこれっぽっちも思っていないが、QBがQBなだけにチャンスは大いにある。というか、次勝てないようならぼちぼちあの話題を持ち出さなければならなくなる。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52152353
この記事へのコメント
トレード期限が迫る中、ジョー・トーマスには2巡を要求しているという話があるようですが、実現させるでしょうか? シーホークス、ブロンコス、ジャイアンツ辺りのようです。
Posted by タロー at October 25, 2016 22:46
お久しぶりです。
自分のブログを更新せずに、コメントするのありのありありルールで失礼します。

1:03で85ydドライブを完成させるなんてCIN側は思ってませんし、
まして、去年まで率いていたヒューはできないと分かっていたはず。

ジオのランが3ydだったなら、かなり効果的なタイムアウトだったと思います。

2ndダウンで更新できず、最後のタイムアウトを取る。
3rdダウンはパス失敗ならばパントリターンまであるのでCINがそれを嫌って、
ランを選択せざるを得ず、第2Q終了が青写真。
あわよくば、パントリターンあるかもと考えたのでは?

が、結果5ydゲイン。そしてタイムアウトを使った割に
その後のディフェンスはレシーバーに引っ張られるように下がって、
ブリッツを入れたのは一度のみ。

両陣営ともこの1分はあたふたしていたように見えました。

ウチは数年に一度のヘイルメリーをドタバタと使ってしまい、
今年の運を使ってしまった気がしています。


ゲーム終了時に皆がヒューにハグするところがこのゲームで一番感動しました。

https://twitter.com/FOX19Jeremy/status/790308071964901376
Posted by mocha_mattari at October 26, 2016 01:03
試合で負けるたびに、JTトレード再燃に怯えています。

Oはあのメンバーで良く得点しているなあと毎試合感心しています。
Dも野戦病院状態で同情の余地はありますが、あまりにだらしないですよね。

既に0−16も覚悟していますが、HC留任を支持します。
Posted by redhotburger at October 26, 2016 11:04
ヴァイクスの回転ドアどもには欲しいなぁ…と思いましたが、その男気には失礼な考えだったと思わされますね…

ヒュー&カイザーが答えであって欲しいですし、キャブスとインディアンズに続いて欲しいですわ。
ただ、SBでヴァイクスとの対戦になったら全力で敵ですけどw

http://www.espn.com/nfl/story/_/id/17893197/joe-thomas-pleased-cleveland-browns-do-not-plan-trade-him
Posted by ニシ at October 27, 2016 19:01
盆と正月とずっと通夜。それが2016年のCLE。

御大は治外法権であり、象徴である。
故に選択権は彼のみが保持し、如何なる要求もしてはならない。

このチームではリングは間に合いません。
そっと送り出すのも親心ではないのでしょうか。
私は後30年はこの泥船に乗船します…。
Posted by oilman at October 28, 2016 08:12
遅くなりましてすみません。時宜を逸したレスになるかもですが一応。

>タローさん
もう噂はかき消されたようですが、トーマスはまだまだ長くやれるし、今では決して高い契約でもないので、2巡オファーしてきたヤツのケツ蹴って終わりだと思いますw
オファーした事実が漏れただけでも「トレードの噂」になりますからねえ。

>mocha_mattariさん
ブラウンズが故意のディレー、CINが返しでラン2発、の段階では、このまま前半を終わらせるということで両者暗黙の合意に達していたと思ってたんですがねw
あのタイムアウトで流れが変わったように思います。

ヒューは信頼されてたようですねえ。ブラウンズファンからしても、あのハグは安心できるシーンでした。

>redhotさん
シーズン中の御大トレードは、QBの健康への影響が絶大なのでないと思っていますが
オフに好条件を出されたらわからないですね。

0-16回避は今回にかかってます。

>ニシさん
御大は前から同様の発言をしていますが、以前より言葉が力強くなった気がします。
ヒューなら今度こそ変えてくれるという思いがあるのかもしれません。

>oilmanさん
トレードの噂についてを問われたヒューの回答が素敵だったようです。
https://twitter.com/Browns/status/790625369699278856
Posted by mentai at October 30, 2016 08:38