October 23, 2016

’16 Week7 @CINCINNATI ケガ人情報

 先にトランザクションから。
 CBダリアス・ヒラリーをPSから昇格させ、DTゲイブ・ライトをウェーバーへ。だからいちいちライトをカットすんなっての。
 ヒラリーは今年のキャッツのドラ外で、ラスト1枠を2人で争って敗れたとかそんなレベルで惜しくも53ロスターを逃したそうである。大学時代の成績はぱっとしないものの、大学自体が信頼のウィスコンシン。

【ブラウンズ】
 OUT
  QB ジョシュ・マカウン(左鎖骨)
  WR コーリー・コールマン(手)
  TE セス・デヴァルブ(膝)
  CB マーカス・バーリー(ハムストリング)
 DOUBTFUL
  CB ジョー・ヘイデン(鼠径部)

 QUESTIONABLE
  WR テレル・プライアー(ハムストリング)
  TE ランドール・テルファー(足首)
  DT エグゼイヴィア・クーパー(肩)


 はい終〜了〜。
 今年一気にWR層が薄くなり、アイファートまで欠場して「パスはグリーンだけ警戒すりゃいい」という状況下でも全く成績を落としていないA.J.グリーンをヘイデン抜きで止められると思いますか?え??
 おまけにプライアーが新規。アクティブ登録はされると見られているが、箇所が箇所なだけにフルパワーは望めない。
 一方、状況改善はテルファーとクーパー。
 先週の試合中、解説者が「ランが急に出なくなったのはTEテルファーの離脱も大きいのではないか」と指摘していた。小生は単に「テルファーが欠場しはじめた試合以降ランが出なくなった」という事実に気づいているのみで、因果関係を分析するには至っていない。テルファー復帰でランが多少でも戻るならその意見に乗ってやってもいい。
 なお今回の、やや唐突にも見えるトランザクションは、クーパーが出場可能になったことを示唆しているものと思われる。ライトは前回も今回も、試合にバリバリ出た翌週にカットという振り回され系。


【しましまキャッツ】
 QUESTIONABLE
  TE タイラー・アイファート


 こんだけ。しかも唯一リストアップされているアイファートも、開幕以降ずっと欠場だったところからの状況好転である。
 間違いなくキャッツ不振の一因、それが今週初めて練習に参加してQ、つまり今週のブラウンズ戦でキャッツはアイファートと共に反撃の狼煙をあげるのだ。勝手にしやがれ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52152019
この記事へのコメント
@NEでたまった鬱憤をはらすべくD#も気合十分。
ケスラーが無事であることを祈るばかりです・・・
Posted by とおりすがり at October 23, 2016 11:39
ケスラーの健康はアーヴィングに祈りましょう…
Posted by mentai at October 23, 2016 16:06