September 15, 2016

‘16 すっ飛ばした開幕戦とその後

 南国にて充電完了。休んだツケは徐々に払います。

 ネタも溜まっていろいろ更新したいところではあるが少しずつ。
 

開幕戦@PHI
 今さら意見を申し述べて、どこかからパクったと思われるのも癪なので、どうしても触れておきたい点だけ。

(1)フェイクパント?
 早く日本に帰ってチェックしたかったシーン。「チャック・パガーノもホッとしている」などといじらまくっている話題のプレーについては下のリンク先にあるGIF動画を参照されたい。LTの隣がパンターのコルクイット。
 http://www.sbnation.com/nfl/2016/9/11/12880288/cleveland-browns-first-quarter-fake-punt
 ちょwフェイクになってねーじゃんwwwという意見が出るのはもっともであるが、相手をリターンチームに入れ替えさせたのであれば、少なくともパンターをフィールドに出す意味はある(実際にPHIがどこまでメンバーを入れ替えたのかは定かでない)。
 プレーとしては、リターンチーム(「ディフェンス」としては当然レベルが落ちる)相手に右のパワースイープを狙ったのだろうが、そもそも混乱が生じて10メンオンザフィールドだったのでパワープレーになってないのが根本的な問題。加えてアーヴィングのスナップが高すぎてボールを受けたデュークが即座に動けなかったのがもう一つの問題。
 ということで個人的には、巷で言われているほどアホなコールだったとは考えていないが(出すタイミングについては別)、とにかくエクセキューションがゲロであった。それもひっくるめてコーチの責任、という点には反論しない。

(2)アーヴィングのスナップ問題
 モメンタムを完全に消した自爆セーフティー。どうしても結果を出さないといけないシーズンの開幕早々、見事にお荷物っぷりを発揮したアーヴィング。ヒューのコメントにも手厳しさが現れている。
 “I don’t know if you get too many chances to keep snapping it over the quarterback’s head”
 “I don’t want to coach the center and the quarterback snap, but if I have to take my jacket off and go down there and start coaching it, then I am going to.”
 以上のように、皮肉たっぷりの言いまわしで明言こそしていないものの、行間から「スナップは勘弁してくれやプロだぞここ」という怒りが滲み出ている。
 これが今回限りのミスだったならさして引きずらないだろうが、アーヴィングはキャンプでもたびたびこの問題を起こしていたらしく、プレシーズンでもど派手なミススナップからの24ydロスをかましている。上記のゲロプレーも同じ問題。
カレッジでのC経験5試合、昨年はCでプレーしていない、といった経験不足がまさかこんな基本的なところで現れるとは。明らかにCとしての前提条件が成立しておらず、とはいえそんなCにマトモな控えを置いていないのもヒューの判断。これって短期間で改善されるのか。

(3)身長5-7のホークにフェード投げて僅かに手が届かずインコンプリート、っていつまでやるんすかその茶番。身長は伸びないっての。

(4)バーニッジが2連続落球でまさかの0レシーブ。ファンタジーで選んでくだすったINDチアのYukaさんに恥かかすんじゃないよ。


RIIIIR
 犬名鑑の初っ端から差し替え発生。ある意味、妙に期待満々の口上を披露しなくて助かったともいえる。
 ロバートIII世氏が、左肩の烏口突起(Coracoid process)という、肩甲骨の突起部分が折れてIR入り。全治期間は不明だが、今季中の復帰はまだ期待できる見込みとの由。もっとも、復帰できたとしてもぶっちゃけブラウンズシーズンは終わっているであろう。
なおIRに関するルールは今年から変更されており、IR入り時点で選手指定で復活切符を切る制度がなくなった代わりに、任意のIRメンバーから1人を復帰させることが可能になった。もし昨年の制度だったら往復切符を発行していたのだろうか、という点はちょっと興味深い。
 批判の内容がいつも物足りないと感じるくらいの穏健派テリー・プルート氏も珍しく「はいRGIII終わり。次、次」と。いやこれは意訳しすぎなので興味のある方は以下の元記事を参照方。
 http://www.cleveland.com/pluto/index.ssf/2016/09/robert_griffin_iii_experiment.html#incart_river_index
 おそらく、全員フラットな状態からヒューオフェンス習得に入っているので、現時点ではマカウンのほうがプレー理解度では上ではあろうが、ブラウンズ唯一の前進手段であったロングパスの威力が激減するので、想像以上に悲惨なオフェンスが見えないこともない。
 結局今年のカレッジもQBチェックの呪縛から逃れられない。1巡は順当にギャレット+QBか。まだデショーン・ワトソンを含めて「これ!」というQBを見つけられていないが、ノートルダムのデショーン・カイザーはどこまで化けてくれるか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52147152
この記事へのコメント
とりあえず#2Pickの事は早く忘れたい・・・

よく訓練されたDawg野郎の私は、開幕敗戦?うんうん平常運転。
RG3はIR?ブラウンズではよくあること。
と平静を保つようにしておりますが、それにしてもポジティブな見所の少ない試合でしたね。


開幕戦連敗について、気になって調べたら
2005年以降12連敗。
そろそろNFL記録云々って話が出てきそう。

1999年以降ですと、1-17・・・
逆に2004のBAL戦はよく勝てたものです。
Posted by redhotburger at September 16, 2016 13:16
開幕戦はすっかり逆鉄板カードですねえ。
政権初年度はまだ言い訳が経ちますが、そうでない年も含めて連続記録を継続しているところがすごい。
今年はルーキーたちによるフロント7の建て直しでも見守りますかね……

ところで記録といえば、「12年連続で2人以上のQBが先発」がリーグ新だそうです。
これをWeek2で達成するとはw

Posted by mentai at September 17, 2016 12:22
3人制が当たり前すぎて、
2人目程度ですと気にならないのが悲しいです。
特攻野郎joshが怪我無く15ゲーム完走できるとは思えないので、
4人目まであると思います。
Posted by redhotburger at September 18, 2016 08:15