September 07, 2016

プラクテサー

 ちょっと台風の進路と速度が気になり過ぎて。クリスチャン・マキャフリーばりのカット切るかジョー・ミクソンばりの急加速してくんねえかなあ。

 先日紹介した5人からケイレブ・ジョンソンが蹴りだされ、以下の6人が新規にPS加入。

DT ゲイブ・ライト 2年目 6-3/305
 2015年ドラ4でDET入り。オーバーンの主力だったので、カレッジ・ドラフト界隈ではそれなりに知られた名前であろう。内からコンスタントにプレッシャーをかけていく3Tタイプ。
1年で切られたとはショックだが、確かにもうちょい見てみる価値はある。

C アンソニー・ファビアーノ 新人 6-3/303
 ドラフト指名予想も多くあったが結果ドラフト漏れでカラス入り、惜しくも53に残れず、という流れ。とはいえカラス云々よりも「とうとう来ましたハーバード」といった趣き。アイビーリーガーはCが一番いいのと違いますか。大先輩マット笑瓶バークもおられますし。
 ゲアハート、そしてゲアハートを超えられなかったマシューズを一旦忘れ、バックアップC探しの旅を一から始めたようです。

S エド・レノルズII世 3年目 6-1/207
 2014年ドラ5でPHI入り。こと守備に関しては、いーぐる印を信用しているので頑張っていただきたいものである。ちっぷ毒の侵食も薄いし。デシールに代わる大型DB候補。
 ただ、エドさんに悪感情はないが、ワシが欲しかったのは正直そっちのレノルズじゃなかった。

RB テレル・ワトソン
CB トレイ・コールドウェル
P マット・パラーディ

 キャンプ参加組。ファイナルカットからウェーバーを通過して無事PSへ。
 しかしパンター入れますか。75ydパントで一応首をつないだとはいえるかな。コルクイットのブラウンズキャリアはせいぜい1,2年だろうし。


今後の予定
 いよいよ待ちに待った開幕……ではあるがそういえばライブ観戦できず。プレビューもできないので今簡単に。
 まさかのウェンツ登場なPHI戦なのであまり掘り下げることもありません。一応4年前の開幕戦のBOX SCOREを貼っておけば十分であらふか。
http://www.nfl.com/gamecenter/2012090907/2012/REG1/eagles@browns#menu=gameinfo%7CcontentId%3A0ap1000000060346&tab=recap
 つまり、未完成ルーキー・ウェンツはぐずぐず4INTするかもしらんが、そうなったらブラウンズが密着マンカバーで追随するまでのことである。5INTしても以下同文。最後はドアマットカルチャーの年季の差である。こちとら開幕戦はそうやって歴史を構築してきたのである。誰に負けたのでもない。だから今回も決してウェンツに負けるのではない、とだけ先に言っておきたい。
 犬名鑑もWeek1終了後にずれこみます。遅れるぶん、今年はもうちょっとちゃんとブラウンズへの興味のとっかかりとなるような内容にしたい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52146135
この記事へのコメント
4年前のリンクをうっかり踏んで嫌な気分になりました。
たった4年前なのに、当時の選手がほとんど残っていないのはNFLのトレンドなのでしょうか。

開幕前のオッズをお知らせしておくと
スーパーボウル優勝。 SFの126倍を大きく引き離して201倍の32番人気。
ワーストレギュラーシーズンレコードは1番人気の5.5倍です。

選手名鑑楽しみに待っています。

Posted by redhotburger at September 08, 2016 00:30
ええ。現代NFLはそういう時代に突入したとうかがっております( 
ワーストのオッズ5.5倍とは、本命にも程がありますねw


Posted by mentai at September 08, 2016 12:11
このブログのおかげで、絶対見なかったブラウンズ戦見るようになりましたで
Posted by アメフトファン at September 09, 2016 15:23
ありがたやありがたや。まずは見てもらうところからですね。
そこからファンが増えるかどうかはプレーにかかってますw
Posted by mentai at September 14, 2016 22:02