September 01, 2016

最終試験対象者

 例によってプレ第4戦終了後に最終53予想を決行予定なるも、ライブ観戦不可につき、次回アップできるまでにロスター結果が出てしまっていた場合は中止。

QB:なし
 オースティン・デービスを一次で切ったためロスターセット。まさかデービス切ったうえにマカウンをトレードなんてせんじゃろ。なあオイ。
 プレ最終戦では1stチームを1Q丸々程度出場させる見込みとのことなので、マカウンは2Q、後半はケスラータイムといった配分になりそう。

RB:ワトソン vs R.ニール vs エドワーズ
 第3RB争い。これまでの起用法からするとテレル・ワトソン圧倒的有利は揺るがないが、最終戦では全員にチャンスが与えられるはずなので逆転もあり得る。個人的にはほとんどレイジョン・ニールを観る試合。
 なおFBは、一次でロバート・ヒューズを切ってマルコム・ジョンソンだけが残っているが、彼もプレで全然起用されていないので、FBゼロの予想は変えず。

WR:
 (A) ホーキンス vs ガブリエル
 (B) ヒギンズ(D5) vs ルイス(D4) vs ペイトン(D5) vs ジェニングス

 WRはまだ10人残っており超熾烈、かつ争いの構図がおそらく二分していると考えられる。
 開幕時点では枠から外れる(はずの)ゴードンを除いて、当確はC.コールマンとプライアーのみ。プレ3でガブが大活躍したことで、元から脳震盪の不安を抱えるホークが一層危なくなった。新オフェンスはTEに枠を使う分、WRは(STを含めても)6枠かなあと考えると両残しはきつい。
 ルーキーでは、酷い落球をかましたヒギンズも、全然出番のないペイトンも危険水域。ケガで全然出てこんルイスはIRか。
 マーロン・ムーアは別項で。

TE:なし
 1stチームの3TEセットで起用された3名(バーニッジ、テルファー、ハムレット)に、ドラ4デヴァルブを加えた4人が大本命。デヴァルブはまだ実力の片鱗も見てないが、最終戦の出来に関係なく今は切れないだろうという意味で本命の一角。なぜなら、ドラフト時の「誰やねん」をそのまま「誰やったんや」とフェードアウトさせるなんてシュールにも程がある。新政権はまだそこまでの芸を身に着けていない。
 プレ3試合の起用法から判断するに、現在5番手のJ.P.ホルツで上位4名の牙城は崩せまいが、あるとすればコナー・ハムレットのズッコケ。言うてもハムレットもホルツと同じドラ外新人なので、最終戦で落球連発でもすればわからない。

OL:なし
 個人的には前回予想の8名が不動。マシューズを加えたいのはやまやまだが、未だデプスで2番手Cにも上がれずPS前提。
 ここはロスター争いよりも先発RTのいちはやい固定が課題。

DL:アデイェミ(UD) vs アヌノビ
 前回予想からすでに2名が離脱。とはいえ前回予想に入れなかったDラインマンは、自分でも一体何を打鍵してんのかわからなくなる上記アフリカンネームコンビのみ。
 アデイェミは5T、アヌノビはNTタイプの選手なので、層を考慮するとアデイェミ優勢か。

OLB:C.ジョンソン vs J.ニール(UD)
 クルーガーをカットしたことでロスター当確が3人(オグバ、オーチャード、ショーバート)に。4人目として、4年目キャム・ジョンソンとドラ外新人ジェイソン・ニールのいずれかに光るものを見たのか、あるいはアーモンティがWk5に戻ってくるまでは3人でいいとの判断なのか。
 ショーバートもナッシブ同様、一年目から予想以上に出番をもらえそうなロスターになってきた。プレではまだ目立っていないので最終戦の彼には純粋に注目。

ILB:カーダー vs アレキサンダー(UD) vs タグル vs ライト(D7)
 デマリオとカークシー以外全員参加の争い。ジャスティン・タグルがプレ3で巻き返してより混沌としてきた。しかし本音を申せばスクービー・ライトをどうするのかだけが気になる。

CB:ハワード(UD) vs ゲインズ vs コールドウェル(D5) vs パターソン
 ヘイデン以降のロスター争いは、プレでの起用順からしてジャマー・テイラーが当確。残念ながらキャップが足枷となってジャスティン・ギルバートもおそらく当確。
 トラモン・ウィリアムズは、クルーガー、リーときて次は……と注目される存在となったが、仮にとらモンが抜けると、暫定ニッケルバックはギルバートぎゃーーーというわけでCBはこれ以上ダウングレードできまい。さすがに試合にならない。
 その後ろはかなり拮抗。サプライズ指名以後ケガで未登場のトレイ・コールドウェルがプレ3終了後の練習に初合流したそうで、最終戦は出場が見込まれている。とらモンとギルバートがケガで欠場予定、ヘイデンも出てんだか出てないんだかわからない程度のプレータイムだろうから、コールドウェルに限らず当落線上のCB達は最終戦で相当のアピールチャンスがある。

S:R.ムーア vs デシール
 2人の直接対決というよりは枠数との兼ね合い。個人的に予想しているS5人体制であれば両者無事通過。

P:レッドファーン vs パラーディ
 K争いに決着がついたと思ったら突如P争い勃発。いきなり来なすったお二方なので、予想できるほどの情報はもちろん持ち合わせておりまへん。最終戦を観ませう。

ST:モスタート(RB) vs ムーア(WR)
 この2人の命運はスペシャルチームで下される。
 ラヒーム・モスタートはKR/PR両方の候補。ただしKRはギルバート、PRはコールマンやガブで考えているなら不要となる。
 マーロン・ムーアは本来STの両面プレーヤーだが、今年はガンナーとして生き残れるかどうか。プレ3でカバーチームが崩壊したので多少重要度がアップしたかもしれない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52145379