August 28, 2016

‘16 プレ第3戦@TB 議事録

 苦節11年、プレ3ライブ当日の晩に第1回ブラウンズ会議を開催。参加者はマチヤさん、Tomokiさん、フリ歩さん、そして中立派代表モスモスさん。ありがとうございました。ネタ切れに備えてロスター表なども用意して臨んだが、んなもん不要なあっという間の5時間であった。
 以下、会議の議事録を兼ねて。

 CLE 13-30 TB。前半は悪夢のCLE 10-27 TB。
 不安はとにかく何もできなかったディフェンス。問題点をあえて一つに絞るなら、プレッシャーのかからないDLと遅いLBと置物のようなCBである。ここさえ改善されればいいディフェンスになる。
DLでは、ナッシブと共に1stチームに昇格したオグバは良かった。マッチアップには買っていた。しかし、外からはうまく仕掛けてもインサイドが何もできていないので、ウィンストンがのほほんとステップアップしてパス成功とか。
 クーパーは出足抜群なんだが軽さが拭えず、スクリメージに当たるのは速いが肝心の突破がなかなかうまくいかない。時間をかければナッシブが一角を崩していたものの、いかんせんCBが下痢気味なもんで相手レシーバーがフリーになるのが早すぎた。
 以上に関連して一つだけブラウンズDを擁護できる点があるとすれば、プレだからかブリッツをほとんど入れていないこと。はっきり言ってこのCB陣でのブリッツなしは「降参」と同義なので、レギュラーシーズンではもう少し違った様相を見せてくれるだろう。でなきゃシーズン平均40失点の金字塔樹立も見える。
 CBは2番手以降がZARUすぎて、当然のようにヘイデンサイドには1回も投げられず、まるで見どころがなかったが、ドラ外トレイシー・ハワードがランサポートだけは魅せた。カバーはひでえもんだがランへの反応は先発レベルとしても遜色ないものがある。
 あと心配なのは全く目立たないクルーガー。キャンプでのカットあるかなあ。パスカバーに回すとか、これまたワケがわからん起用法になっていた。クルーガーはOLBではなくニッケルDEで括るべきではないか。それができないならサラリーに見合う活用は望めまい。

 オフェンスはゴードンへのディープ2発。3試合連続の一発芸。他の方法でなかなか進めないこともあってオフェンスを展望するにあたってはあまり好材料とはいえないが、まあ通るだけマシ。盛り上がるし。 
 RGIII、プライアーにゴードンと「装置」は申し分ない性能のものが揃っており、またあれだけ決まるということはヒューがうまいこと意識を散らしている証であろう。
 ドラ1コールマンへのディープも2本ばかり試みたがいずれも失敗。コールマンはそっちよりも、バブルスクリーンなりでRACを活かすプレーを早く見たいわけだがどうやら開幕まで封印。
 ディープターゲットをゴードンに譲ったプライアーは今回数字こそ稼いでいないが、ランプレーでのナイスブロックが印象的。ペティンとデフィリポはWRプライアーに価値を見出さなかったけど、ヒューは身体能力に疑いのない選手に献身プレーを身に着けさせることができれば何かが起こる教なのであろう。RGIIIと同じカテゴリー。
 ランは、回数こそ少なかったがクロウェルとデュークの2人で平均5.5yd。特にクロちゃんがピッチからサイドライン際際を駆け上がったランが今日イチ。あれが決まればT間のラン平均1ydなんてこともなくなるだろうし、もっと言えばあれをたまに決めるのではなく武器にできるスピードも備えたRBが欲しい。フォーネットとか。
 OLは、御大が先行してお役御免となってから見違えて崩壊。バックアップに抜擢されていたダン・フランスは、セカンドチーム抜擢から一気にカット候補へ。なんにも守れてませんやん。
 ランの回数が少なかったのはひとえに大差を追う展開になったため。パワーランをベースとする構想を崩さずとも、ランパス比率は自然にこんなことになってくる。あのディフェンスだったら。

ルーキーWR(コールマン以外)
 ルイスはケガで欠場。ヒギンズは超イージーパスを落球。ペイトンはお姿を拝見できず、と誰一人アピールできず。一方で、カット予想しているガブがオープンになりまくって後半に大活躍。うーん、新人4人中3人ロスター残留も厳しくなってきたか。

TE序列
 注目の2番手争い、出番としては今回テルファーが先で、ハムレットは後半からの登場であった。4番手がプリンストンボーイのデヴァルブ。ビブスは完全無視。だいたい見えてきたかな。

今日のドラ1
Cアーヴィング:シンプルなスタントに騙されてサック献上。一方でゴリゴリ押しまくったランプレーもあり。捻挫を押しての出場だったらしいので今日のところはよしとしましょう。
NTシェルトン:なんとほぼフル出場。チームが彼をどう見ているか、というかぶっちゃけ疑っていることを如実に示す起用。でもって相変わらず相手が2ndチーム以降になるとナイス押し込み。いつになったら1stチームでやってくれるのか。
LBミンゴ:あれ?見かけなかったな?
CBギルバート:ぶち抜かれるのはともかく、せめてスピードだけは魅せていただけるものと思っていたのに、巨体マイク・エヴァンズに追いつけないってどうなんでしょうか。その後脳震盪で退場。本当に心配しています。ゆっくり経過を観察し、完治して戻ってきてください。でないとトレード価値が下がります。

ST
 パントリターンTDを食らったプレーでアンディ・リーが怠慢ではないかと地元でも一部で取沙汰されていたが、プレでパンターが体を張ってリターンTDを阻止するのは無意味である。プレシーズンの目的の一つである「課題を見つける」点に鑑みると、あそこまで抜けられている時点でプレー終了。リーがあそこで負傷することのほうが2兆倍ヒューの逆鱗に触れたであろう。
 それよりも、ロスター当落線上の選手たちがあのプレーに多く出ていたはずなので、誰がミスったのかはよくわからぬが、53ロスターを決めるうえで大きなプレーになったのではなかろうか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52144806
この記事へのコメント
どうも、フリ歩です。
こないだのAFC北3チーム及びブ口ンコスに呪いをかける会、もとい犬集会はありがとうございました。……でも、オレってブラウンズファンでしたっけ?(すっとぼけ)
記事録の捕捉を入れると
・当たりだらけのドラフトで、何故か狙ったように外れを引き当てるブラウンズ。
・怪我するなRG3
・駅から遠すぎる集会会場
といったところでしょうか。
とりあえず、今年も頑張ってほしいところですね。
来期のプレシーズンマッチを早々に始めないように。
また、よろしくお願いします。
Posted by フリ歩 at August 29, 2016 20:37
参加費配慮したのにいきなり場所にいちゃもんですか。それは失礼しました。
Posted by mentai at August 30, 2016 06:20
場所についてはすみません。
ごめんなさいです。
Posted by フリ歩 at August 30, 2016 07:46
先日はありがとうございました❗

ですが、クルーガーにリー、ケイヲン放出と
いきなりやってくれますねw
Posted by マチヤ at August 30, 2016 08:32
先日はありがとうございました^ ^

クルーガーにケイヲン、リーまで…
完全に再建モードなんですね^^;

リーは再建モードなら強いチームにトレードして欲しいって、本人の希望があったりしたんですかねぇ。。
Posted by Tomoki at August 30, 2016 08:43
先日はありがとうございました。
店も落ち着いてた雰囲気で、良かったです。
二次会の完全個室が完全に嘘だったのには、笑いました。
Posted by モスモス at August 30, 2016 15:46
皆さま先日はお疲れ様でした。
フリ歩さん、あれは当方の不徳の致すところであります。

クルーガーはとにかく気の毒、ケイヲンは結局ゴタゴタの真相わからずですね。
リーの一件はどっち側発信なんでしょうねえ。ブラウンズが強くなる予定の頃にはピークを過ぎてそうですから、マネーボールズが主導した気もしますが。
Posted by mentai at August 30, 2016 19:57
ハイライトだけ見ましたが、
Gordonのディープくらいしか見せ場が無いじゃないですか・・・

すげえDの問題点全く絞れていない・・・
「まるで成長していない」というやつですね。

Posted by redhotburger at August 31, 2016 09:50
プレ3戦は本当に見せ場がありません。特に守備は何もできてないです。
若手の成長を生暖かく見守るシーズンになりそうですね。
Posted by mentai at September 01, 2016 20:52