August 05, 2016

キャンプインロスター2

 RBレイジョン・ニールと契約。代わりにFBスコウブをカット。
 ニールは2014ドラフト当時、派手なブレークタックルこそないがボディバランスのいいRBとして、中位から下位で面白いんじゃないかなーとちと気になっていた選手。小生が気になっていたということは豆タン基準クリア(公称で)。
 この2年間はチームを渡り歩いて公式戦には出場できていないが、今のブラウンズのデプスならショートヤード要員でもチャンス十分だから褌を締めなおしてもらいたい。とりあえず2キャリー目にファンブルロストしなければ大丈夫でしょ。

TE(7)
 ゲーリー・バーニッジ 6-6/250
 [PUP] セス・デヴァルブ(R) 6-3/245
 コナー・ハムレット 6-7/259
 E.J. ビブス 6-2/258
 ランドール・テルファー 6-4/250
 J.P. ホルツ(UD) 6-3/240
 デビッド・リーブス 6-4/255


 新オフェンスのアイデンティティよろしく補強するかと思いきやおそろしいほど消極的で、なかなかにド地味なラインナップでキャンプインしている。
 「現役NFL選手が選ぶトップ100プレーヤー」にご祝儀的に選ばれたバーニッジ(92位)以外はオール有象無象。さすがに数だきゃあ集めて競わせている様子。

 ドラ4デヴァルブがケガで出遅れる中、1stチームの練習に登場して2番手候補として注目を浴びているのがハムレット。一応こんな記事もあるが、レベルが低すぎる中で高さだけで注目を浴びている可能性が濃厚である。そんなもんに騙されるほどこちとらファン歴は浅くない。
 一応経歴を紹介しておくと、ハムレットは元々、オレゴン州立のプロスタイルオフェンスのTEとして、コンボブロックやパスプロの機会が多いブロッカーとして定評があった。しかし運動能力は並、特にボールをキャッチしたら抱え込むことが優先のタイプだからRACはほとんど望めないと。
 キャンプでこの点が改善されているとも思えないが、現段階では位置取りがうまく、高さをうまく活用してQBにとっては投げやすいターゲットになっているとの由。
 FBに純粋なブロッカーがいない(さらにスコウブ解雇)ため、TEグループから調達するとなるとハムレットは確かに53の可能性が見える。それジム・ドレイでよかったんちゃうん、という疑問が果たして今後解消されていくのかどうか。
 とりあえず初期53予想はバーニッジ、デヴァルブ、テルファーの3枠としておく。ビブスは低くて分厚い、折角のいいブロッキングマテリアルなんだからブロック練習せえよ。


OT(7)
 ジョー・トーマス
 アルヴィン・ベイリー
 ション・コールマン(R)
 スペンサー・ドランゴ(R)
 マイケル・ボウイー
 アール・ラドソン
 ダン・フランス


 シュヲ無きあとのRT争いが低く熾烈で、キャンプ初日から1stチームのRTはベイリーだったが、6日目になってドランゴがお試し的に入ったそうな。ドランゴの後ろの2ndチームはション君だったそうだから、予想通りスタートダッシュではドランゴがション君を上回ったと捉えてよさそう。
 個人的にベイリーのOTはどうなのと思っておるクチで、早いとこ新人に台頭してもらいたいと思っているので、この1stチーム情報は素直に朗報。ドランゴは当初、御大のバックアップとしてLTでも練習しつつの抜擢だから、汎用性の高さにも期待がかかるところである。

 また下の方の53ロスター争いでは、ケガが癒えず全く計算の立たないボウイーは置いといて、チョットだけ注目なのがラドソン。6-6/350の巨漢で、昨年7月にブラウンズ入りして以来、試合経験こそないもののチームには残っている。OLだきゃあ層が厚いので53入りは依然厳しいと思うが、ランヘビーオフェンスへの転換が多少プラスになるかもしれない。


OG(4)
 ジョール・ビトーニオ
 ジョン・グレコ
 オースティン・パスター
 ケイレブ・ジョンソン


 ケガさえなれれば、両先発と第1バックアップまでは当確。OTにリストアップしたメンバーの何名かもGでプレー可能(ベイリー、両ルーキー等)で、Gはシーズンを通して一定のレベルを維持するデプスはある。
 キャンプでは、グレコが復帰即RGでの1stチーム、この時のバックアップは、それまでRTの1stチームであったベイリーだそうな。RGはこのデプスチャートがベストと思われるが、新人RTの成長次第なのでいつになるやら。
 ビトーニオが初年度の輝きを取り戻せるかどうかがキーとなるユニット。


C(3)
 キャメロン・アーヴィング 6-5/313
 ガース・ゲアハート 6-1/310
 マイク・マシューズ(UD) 6-2/300


 未だ何者でもないトリオ。PSながら延べブラウンズ暦は長いゲアハートが残るか、血筋命のマシューズが残るか、あるいはどっちも残らずグレコあたりをCのバックアップに想定しておくか、どれもあり得る。そのくらい低レベル。アーヴィングのケガを受けての代役1stチームはとりあえずゲアハートが務めた模様。
 グレコのC起用は過去に一度失敗しているのでできれば考えたくない。とにかくアーヴィングが今季の鍵を握っているのは間違いない。


余談:ブラウンズ飲み計画
 小ぢんまりとしたブラウンズ飲みを画策中です。理想は4人程度w。話題はブラウンズから一歩たりとも踏み外さないニッチ飲みです。ブラウンズファン縛りではありませんが非ファンにとってはクソつまんないこと請け合いです(笑)。
 以上の趣旨ご理解のうえ、ご興味のある方はツイッターのDMで希望開始時刻や別の希望日(あれば)と合わせてご一報ください。最終的にもそちらで案内します。
 日時(仮):8/27土 18:00〜
 場所:新宿と渋谷以外の山手線沿線もしくは円内。東京駅または個人的趣味で東京ドーム近辺が有力候補

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52141905
この記事へのコメント
ブラウンズ飲みイイですね。悪酔い必至でしょうか。

去年の10月、昨シーズンの開幕間もない頃、私もレイダース飲みを実施しました。その時ベースボールマガジン社の「NFL2015カラー写真名鑑」を持っていったのですがこれがアタリでした。
コイツはもういない…、悪人ヅラだ…、ハゲるの速くね…、など妙に盛り上がりました。是非、去年版でもイイので持参されたらいかがでしょう。
Posted by vinta at August 06, 2016 22:50
ネタ枯れに備えてそういうのもアリかもしれませんねえ。ブラウンズにはDTテイラーとDTキッチン以降、あまり見た目のナイスキャラはいませんが…
Posted by mentai at August 07, 2016 20:52