July 30, 2016

犬ニュース1607

 キャンプも始まったようなのでぼちぼちリハビリ。
 諸事情によりケスラー回が滞っておりますがもうしばらくお待ち……若しくはそのままスキップしてシーズン展望に突入せん。ドラフトの駆け引きという観点で評価するならハードコアリーチだったとは思うが、どのみち今回はヒューセレクションってことでその眼力についていくしかないから。
 ホルムグレンでさえブラウンズではQB選びでやらかしたから怪しいけどなー。

WR ジョシュ・ゴードン謹慎から解禁、ただし開幕4試合出場停止
 4試合は何に対する出場停止なんだかよくわからないが、「1年と4試合の出場停止」だと思ってファン共は納得せいってところか。いずれにしても本当に選手としてのラストチャンスになるだろう。
 才能だけでリーディングレシーバーになってしまったような男なので、ブランクやら全盛期のキレやらといった面での心配はあまりしていない。心配なのはあくまでフィールド外の素行。今度こそ次はねえぞってことを理解して、この汁の親友は本当に私生活を改めるのだろうか。
 RGIIIが順調に先発の座を手にし、コールマンもキャンプでしっかり期待に応えてくれたらWeek5からベイラーブラウンズ結成。強いかどうかはともかく、フリークばっかりなので多少は華やかになるだろう。ゴードンがちゃんと働くなら、種まきシーズンってことで勝負的には全く面白みのない今年のブラウンズだがレースをかき回すくらいのことはできるかも。


DE デズモンド・ブライアントがシーズンエンドの見込み、からのニック・ヘイデンとオグバの起用法
 ニュースは7月中旬のもの。ワークアウト中に断裂した胸筋の手術を行い、全治5,6か月の見込み、ってことで基本シーズンエンドを覚悟しておいたほうがよさそう。
 泥酔さんについては、これまでダンズビーやウィットナーを放流し、ハートラインをカットしたフロントの動きから察するに元々次のカット候補の一人と睨んでいたこともあり、またインサイドラッシュは2年目クーパーをガンガン使って見極めないといけない年だからそこまで痛手ではないと考えているが、3メンフロントの一角は大きく崩れる離脱である。でもってキャンプ初日、ドラ2のEDGEエマニュエル・オグバを5テクで使えないかどうか試したとの報道あり。オイそこはナッシブじゃないのか。
 
 なお泥酔さん離脱後、前DALのニック・ヘイデン(Hayden。ジョーヘイ兄さんとは別スペル)とサイン。サシ政権初となる三十路選手との契約で、こんなシーズンなのに今すぐ働けるベテランが欲しかったんだなーという心理が垣間見える。ただし泥酔さんの役割をそのまま担えるインサイドラッシャーではなく、パワーを活かしたランストッパータイプ。クーパーがまだオールダウンいけるDTではなさそうなので理に適った補強ではあるが、ヘイデンと同タイプでUDFAのナイル・ローレンス=スタンプルの期待が高いので53ロスターが安泰とは思っていない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52141207
この記事へのコメント
お帰りなさいませ。お待ちしておりましたw

はてさて、どんなシーズンになりますやら…
Posted by マチヤ at July 31, 2016 06:34
Welcome Back!!

うちにはレブロンもアービングもいませんが、
Cavs優勝に是非とも発憤して欲しいですね。
Posted by redhotburger at July 31, 2016 09:41
お帰りなさい。

ブログってどんなに好きなことを書いても大変ですからね。時々放置もいたしかたないッス!
Posted by vinta at July 31, 2016 17:11
やる気の赴くままに任せていると、やっぱりキャンプインで自然に戻ってきますねw
Posted by mentai at August 03, 2016 22:40