May 01, 2016

3日目収穫

 多いわ!
 本日は簡潔にまいります。

4-99 LB ジョー・ショーバート Joe Schobert(ウィスコンシン) 6-1/244
 三日目全体1位指名は、ネイチャーさん感涙@ススキノのバッヂャー。
 ナッシブ同様ウォークオンからの叩き上げ。プロではILBと目されているが、ブロックを外すというのかかわすというのか、するすると打ち破ってサックもかませるマルチなLB。デマリオともカークシーとも違う、LB陣に新たなる広がりをもたらす男。

4-114 WR リカード・ルイス Ricardo Louis(オーバーン) 6-2/215
 今ドラフト2枚目のWR。40yd4.43、コンバインの立ち幅チャンプというフリークであり、このへんで新フロントの傾向が見えてきた。ディープスレット枠。
 ただし、最近のオーバーンWRの御多分に漏れず、完全なる身体能力先行型ゆえに落球もえぐいらしい。

4-129 SS デリック・キンドレッド Derrick Kindred(テキサス基督教) 5-10/207
 過去にこんな記事を書いておった。叩き上げ2名に続いて骨折れてても試合に出る選手と、フロントがキャラクターを重視している傾向もうかがえる。「ドラフトされるのか」どころかまんまと4巡でしたよおめでとう。

4-138 TE セス・デヴァルブ Seth DeValve(プリンストン) 6-4/242
 フロントの誰かとの学会つながり?なにドラフト4巡で幹部候補生のヘッドハンティングしてんのよと思ったら選手だった。 
 ってくらい、専門家の間でも知られていない名前だった模様。小生ももちろん初耳。アメフトのリアル名門・プリンストンの巨体WR。NFLではTEとして生き残りを目指すとみられる。

5-154 WR ジョーダン・ペイトン Jordan Payton(UCLA) 6-1/207
 3枚目のWRは、サイズの割にフィジカルプレーに強く、サイズの割にスピードがない、というタイプのようである。ブロッキング能力も高いポゼッション枠。ここまで見事に三者三様で、ただ闇雲にWRを漁っているわけではないなあと感じる。

5-168 G スペンサー・ドランゴ Spencer Drango(ベイラー) 6-6/315
 一昨シーズンはキラキラいと輝いており、こりゃネクストザックマーティンだろってくらい興奮しておったんだが、増量(かどうかは不明)が仇となったか、昨年は普通のもっさりラインマンとなってしまって現時点では適正な指名位置か。輝きを取り戻すことができれば、Tの控えとしての未来も見える面白い存在。
 
5-172 WR ラシャード・ヒギンズ Rashard Higgins(コロラド州立) 6-1/196
 4枚目のWRは、単にスリップしてたので予定外の獲得だった可能性もある。本日指名の3人の中では、下馬評が最も高かった選手。コンバインでは40yd4.64など低調であったが、「コンバインがアテにならないお手本」と言われているくらいフィールド上での動きが素晴らしいWR。そういう意味ではCコールマンとやや被る。

5-173 CB トレイ・コールドウェル Trey Caldwell(ルイジアナ大モンロー) 5-9/188
 困ったときのネイチャーさんによると、サンベルトカンファレンスのトップCBとの由。
 ヘイデンが今季怪しいので、このへんならCBはアリってか14指名もありゃ何でもアリ。

7-250 LB スクービー・ライト Scooby Wright III(アリゾナ) 6-0/239
 7巡は浪漫。去年のオロムーもそうだったけど、キーワードは「ホワイノット」。
 運動能力がプロのレベルに達していないとの評価。いや去年は完調じゃなかったんだろう。そういうことにしておこう。一昨年に見せたあの嗅覚は捨て置けない。まだわからんよ。
 で、ロマンを追い求めたからには一年は待ってほしい。後生だから今夏のキャンプで切るのは勘弁してほしい。

余禄 CB ジャマー・テイラー(from MIA) 5-10/195
 なんと7巡指名権スワップにくっついてきた。元ドラ2。
 まだ若い。このトレードに憤れ。見返したれ。


<本日の戦果>
 AKビなんちゃらみたいなもんで、数の正義というか、良く見えてしまうのは仕方ない。
 なんて憎まれ口はさておき、まずは執拗なWR指名にはたいへん好感が持てる。特に「ファーマーはアホだった」という無言の主張に好感が持てる。
 そして何よりショーバート&スクービーですよ。単なるILBでも単なるOLBでもない、変幻自在の御両人。なんだか「勝てるチームのLBコンビ」って気がしてくるじゃないですか。

<補強し損ねたポジション>
RB:クロちゃん継続なのか、それともデュークを主砲に据えるプランを持っているのか。ちなみにケスラーとデュークもなかなかの相性。
FS:キャッシュキャッシュと騒いでいたので信じてもらえないかもしれぬが、SSはキャンベルがかなりやると思っているので、ニーズはどちらかというとFSだったのである。
Q(

 皆さまチャット場に起こしいただきありがとうございました。
 今年のドラフトは、初日に華やかさを楽しみ、二日目は徐々に染み出す各チームの独自色を堪能し、三日目はロマンに浸れる素晴らしいキャストであった。DALがジェイロンを一年で諦めたところをウェーバーで拾うか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52129354
この記事へのコメント
3日間、お疲れ様でした。

今日はドランゴとスクービーの指名で大分興奮しました。まずチーム内で下克上を!

大量のWR指名によりガブリエルの首が涼しくなったような・・・頑張ってほしい

あと、3巡指名までの5人での御披露目会見の
画像を見ましたが、ナッシブがデカイ!
少なくとも開幕までは夢見れそうですw
Posted by マチヤ at May 01, 2016 12:42
チャットにお邪魔させていただき楽しい3日目を今年も楽しませていただきました!ありがとうございます!
念願の夢にまで見た瞬間は、ススキノというちょっと後ろめたい気もいもありましたが、ポールダンスをみながら、小さくガッツポーズを取らせていただきましたw
ショーバートに関しましてはエッジ的評価を受けているのが多かったですが、元々SFからコンバートでOLBになっており、パスカバーがそこそこ上手なところもチャームポイントです。
色々なシチュエーションで色々な使い方もできると思うので楽しみでしょうがないです!
共にウォークオンから這い上がり、サックリーダーを争ったBIG TENの盟友ナッシブと同じチームでプレーできるってとこも素敵すぎます〜
そこにスク―ビーですからね!
直前にPITにマタケヴィッチいかれたときは地団駄踏みましたがw

ここ数年の中では今回のドラフトはかなりいい感じに私は感じました。
まあちょいちょい突っ込みたいところはあるんですがw
WRもバラエティに富んでて楽しみですね〜
Posted by ネイチャー at May 01, 2016 21:11
久しぶりに参加させて頂きただただ感謝でございます 今年はまったく選手追いかけていなかったので空気感だけ楽しませて頂きました 今年が復活の第一歩になるように願っております
Posted by 爺ちゃん at May 02, 2016 08:20
>マチヤさん
3日間お付き合いいただきありがとうございました!
それまでの指名の展開からのドランゴはかなり予想外だったので嬉しい。
WRはどれも楽しみな存在なので、ヘタすると去年のメンバーは2枠しかないですね。ガブが切られる率は推定80%ですw

>ネイチャーさん
今年も「Day 3の番人」ありがとうございました!
ナッシブ、ショーバート、スクービーはアツいですね。フリークの対極でこういうのも集めてみたり。
単純に数が多いおかげというのもありますが、フリーク派もドラマ派も満足のラインナップになりましたね。ツッコミどころは3巡後半から4巡あたりでしょうかw
しかしまあとにかくブラウンズは1巡ですね。いい加減ここ当てないと。

>爺ちゃん
ご無沙汰です!
今年はオーナーが全然出しゃばらないし、本気でやり直す気満々のようなので復活にはいい年ですよ。
Posted by mentai at May 02, 2016 22:53