February 15, 2016

15/16回顧と展望 S編

 アマ○ンギフト券を頂戴したので、勢いで上下巻8000円の本を買ってしまったが、よく考えたら別に本じゃなくてもよかったんだな。普段ブックレビュー参照用にしか使わないからつい。

【15回顧】
 ダンテ・ウィットナー
   14試合14先発 81タックル(58ソロ)3TFL 1.5サック 1FF 4PD
 テショーン・ギプソン
   13試合13先発 60タックル(42ソロ)2TFL 2INT 2PD
 ジョーダン・ポイヤー
   14試合4先発 43タックル(28ソロ)1TFL 1.0サック 2INT 4PD
 イブラヒム・キャンベル
   15試合1先発 16タックル(13ソロ)
 ドン・ジョーンズ
   9試合0先発 5タックル(4ソロ)


 これもオニールのスキームのせいか何なのか、Sも数字はともかくあまりぱっとしたプレーが思い浮かばない。昨年プロボウルに選出されたギプソンは、ごっつあん神通力が切れたらこんなもんでしょう。
 ポイヤーはキャリア初のINT、最終戦でもういっちょ。いずれもPIT戦。カレッジ時代はボールホークとして鳴らしたCBだし、INTがきっかけになってくれるといいが。
 キャンベルはウィットナーの下で力をつけてこれから。


【16展望】
 ギプソンがUFA。残念ながら彼との再契約シナリオは全く思い浮かばない。本人がまず市場に打って出たいだろうし、巨額契約で引き止めるほどの選手ではない。
 従って層は薄くなるが、FA市場で大物を確保できる線もなさそう。ウェドルは今のブラウンズが高額契約したって意味ない年齢だし、ベリーはタグ濃厚だろうし、アイローカは基本引き止め路線だろうし。
 そんな事情から消極的になっているわけではないが、誰にも気づかれてないくらいの地味さでジョーダン・ポイヤーが成長を遂げている。来年先発を任せていいかどうかはまた別問題、というくらいの地味さだが、最悪それでもいいかなと考えているところである。
 控えFSには、ダブついているCBからのコンバートも考えられる。うまくいけば資源の有効活用にもなる。本命デシール、ワイルドカードでイフォ。
 FSをドラフト指名するなら、ジェーレン・ラムジー(フロリダ州立)は当然無理として、カバーに不安はあるもののアグレッシブで動きに迷いがない点でホートンが好みそうなキアヌ・ニール(フロリダ)なんかを3巡あたりから。

 さて、さすがPIT出身というべきか、ホートンDでキーとなるのはSSである。前任DとホートンDの最大の違い、と言い換えてもよい。後者はSSを積極的にボックスで使う。TJウォードを初のプロボウルに導いたシステムは伊達ではない。よってウィットナーはより前でプレーすることになるから、三十路での復活(ウィットナーはキャリアは長いし老けたハゲ方をしているががまだまだ若い)に大いに期待できる。キャンベルもまだ底を見せていないので補強は原則不要である。
 不要ではあるのだが、重要なポジションだけにちょっと派手なドラフトしてもいいかな(その場合ウィットナーはFS)という欲がないでもない。ボックスからの読みと反応が素晴らしいジェレミー・キャッシュ(デューク)に大物のかほりがするんだが全体32位を使わないといかんかな。ちょっと贅沢か。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52119335
この記事へのコメント
DBは面子が揃っているものの、その他は駒自体が揃っていない感じ。DCの努力である程度何とかして欲しいですが、来年度強力DFはちょっと厳しいかも。
取り敢えずチームの話題性を考え、2016シーズンはOFに投資をフォーカスしては、と思ったりします。ジョシュ・ゴードンのニュースはありましたか?
Posted by くろたん at February 15, 2016 21:44
ギプソンが3yr10m〜4yr15mくらいであればMINに来てもらってシングルハイさせたいんですがもっと高いんでしょうねえ。

ジェレミー・キャッシュはIn-The-Boxなら全米トップなんですががバーリングがへっぽこなのをどうみるかですね。ホートンなら使いそうではありますが。
正直、トニー・コナーもエディー・ジャクソンも出てこなかった時点でSのドラフト候補がぺらぺらすぎてどうしたものかと。とってほしい選手がクレムソンのジェロン・カースしか見当たりませぬ……
あ、SUUのマイルス・キルブリューがどこまでできるかはちょっと楽しみではあります。
Posted by 真琴 at February 15, 2016 23:23
>くろたんさん
QBと、ゴードンを計算せずのWR(FA含む)の補強は最優先、そのあとは比較的フリーですかね。
ドラフトは守備に魅力的な選手が多い気がするので猶更です。
ゴードンは、本人がまだ祈っているのでw進展のニュースはまだのようです。

>真琴さん
ギプソンはもうちょい高い気はしますが、元ブラウンズはそんなに人気出ないですしねー、そのへんで収まるかもしれません。

TJウォードもドラフト時はほぼLB評価でしたし、今のラインナップに敢えてSSを補強するとしたら前への圧力命かなと思います。
Posted by mentai at February 16, 2016 07:15
TENは去年だとGriffinやSearcyの先発Sよりも
ニッケルLB的にブリッツ入れたりしていたStaffordの方が目立ってましたね

50%近いプレイで2枚以上ブリッツ入れたりしてましたから
おじいちゃんの色の方が濃くて2014と2015のD#は別物でしたけど。
Posted by とおりすがり at February 16, 2016 20:26
なるほどー、確かに5番目のDBをブリッツSに代える路線はありそうですね。
前任者とはDBの使い方に一番大きな違いが表れると思っていますが
とはいえDBは現状でもそれなりにホートン好みのラインナップになっていると思うので、どう使うのか楽しみです。
Posted by mentai at February 18, 2016 20:53