February 01, 2016

2016シニアボウル雑想

 日曜日中にあげるはずが、珍しく呼び出し食らって鮮度を失う。
 以下、練習も含めたシニアボウルのまとめにしようと思っていたのにやっぱり脱線しました。

ウェンツボウル
 「FBSの第一線で活躍してきたQB達と並んで見劣りしないか」がスタート地点だったはずなのにいつの間にこんなスターに。実際、見劣りどころか格が違っていたようで、ドラ1予想はもはや本線か。練習でもどのQBよりも声が出ていたそうで、ヒューもインタビューして彼の性格をいたく気に入ったとの由。
 これまで動画で見ていたよりも肩が強くて思ったよりも動ける印象であった。これだけ動ければ、リンチに明らかに劣る点も(プレー面では)もはや見当たらない。むしろアンダーセンターはウェンツのほうが経験豊富なわけですし。
 じゃあゴフと比べてどうかというと、ディープボールの正確さでゴフがナンバーワンなのはもう確定、こればっかりは今後試合がないので逆転しようがない。あとは我々に見えないインタビュー次第だろう。そういう意味ではリンチもまだ消えてない。ブラウンズは、リーチだろうが何だろうが今年一番に評価したQBを2位で指名することを前提に今後3人を追っていきたい。
 シニアボウル本番では1Qに登場。無得点に終わったが、レシーバーが落球したサイドラインスローに実力の片鱗を見た。欲をいえば1回でいいからフェードパスが見たかった。


ウェンツ以外
 今年のシニアボウルQB陣は、去年よりはレベルが高かったように思うが、それでも小生の中で「ウェンツとそれ以外」の構図であったことは隠しようもなし。
 で、「それ以外」の中から2人目のQBを探すなら、ジャコビー・ブリセット(ノースカロライナ州立)、ブランドン・アレン(アーカンソー)の順に好みであった。逆にいえばこの2人だけ。ブリセットは常に奥を狙いながらサックをかわすスタイルが身についていると見受けられ、アレンは球離れがよくショートパスが安定。
 ジェイク・コーカー(アラバマ)はJizou Styleが気にかかり、ケビン・ホーガン(スタンフォード)は投げ方も球の遅さも好きくない。コーディ・ケスラー(USC)とジェフ・ドリスケル(ルイジアナ工科)はドラフト外かなあ。

 MVPダク・プレスコット(ミシシッピ州立)はちょっと別枠、ただでさえ読みにくいQBの中にあってもデュアルスレットは特に難しい。例えばラッセル・ウィルソンがシニアボウルで完璧であっても、いろいろな先入観が邪魔しちゃって「ドラ1の価値あり」なんてとても予想できなかったように、妙な怖さ(いい意味で)がある。ジョニーは全然デュアルじゃないんでわかるんだけど。
 とりあえず、ウェンツ以外のQBの中では一番に指名されそう。「2人目のQB」を指名するような位置では取れないと思われるので除外。


シェルトン恨み節
 これはもうその年にいないもんはしょうがないんだけど、2013ドラフト6位ミンゴからの翌14ドラフト9位アンソニー・バーみたいな、一年越しのリーチ指名を見せられると悲しくなるものである。しかも2013ドラフトで、大学残留を決める前にフライングでバー欲しがっちゃったもんだから。
 何が言いたいかというとジャラン・リード(アラバマ)なら全然12位で文句ない。シニアボウル関係ないけどアンドリュー・ビリングスも12位で文句ない。今年12位より下だったら巡り合わせの悪さに再び泣く。

 さらに、あまり話題にならなかったところではD.J.リーダー(クレムソン)が意外といけるんじゃないでせうか。初見はFBSトーナメント準決(オレンジボウル)で、決勝ももちろん観て、退がらないし両エンドの陰でいい仕事しとるなあと思いながらシニアボウルを迎えて計量340ポンドで、これはこの体重でプレーしていたのか、あるいはこの短期間で激太りしたのかと経過を追っていたが、どうやら前者のようであると。多少は太ったかもしれないが、コンディショニングの悪さは全く感じられなかった。
 で、リーダーはおそらく3巡4巡あたりでしょう。やっぱり12位は反対だわ。


センター豊作年
 今年はCが妙に豊富。マックの後釜を見つけるにはぴったりな年。
 いやまあその前に2年目を見守らないといけない人がいるわけですが、ソイツもCとしては1年目だし保険は必要。Gの控えも兼務してもらうことを考えつつ、2日目候補の上位ドラフティーを除外するとやっぱりオースティン・ブライス(アイオワ)に注目したい。
 練習日からシニアボウル解説が実に楽しそうなメイヨック氏曰く、レンジは広くないが狭いエリアでの信頼度が高いOLを「フォンブース(=電話ボックス)」と呼ぶらしいが、ブライスは正にフォンブース。正面の1対1は強い。常に下から当たれるので息の長い選手になりそうな気配。サイズなし腕短い伸び代なしと敬遠されてこそ狙い目である。
 C層の厚さも幸いして、さほど高騰しないと予想されるので、5巡トップもしくは4巡補填ピック(Over the Capにてバスターの見返りと予想されている位置)あたりで飛びついてほしい選手。すいません、何のこっちゃない単なるアイオワOL贔屓で。


おいPHI
 場合により、C/Gを差し置いて補強しなければならなくなるのがT。とはいえ、今の両Tを手放して2巡トップを使うのはアホでしかないので、指名の可能性はその次から。
 ジェイソン・スプリッグス(インディアナ)なんていいんじゃないかと思っていたら世の中そんなに甘くなく、ガチガチ2巡以内に入りそうなのでレーダー圏外へ。
 今季は出来があまりよくなかったらしく、大学残留を決めるまでの去年のドラフト評価からだいぶ落としているスペンサー・ドランゴ(ベイラー)を中心に見ていたが、確かに去年の印象より動けてなかった。というか去年は確か310ポンドくらいだったと思うので体重増やしたかな。増やして失敗したパターンかな。
 Tとしての可動範囲が狭まり、浅く守ってもしエッジを狙われたらQBの(本来の)ドロップバック位置よりも後ろに突き飛ばすプロテクションを使っていたが、あれは、びびってポケットから下がり過ぎるQBとは相性最悪の懸念がある。新人QBにはそんな傾向ありますし。
 なんてことでセアスとかクラークなどの他の仮想RT候補も見た結果、現状最良の選択肢はやっぱりシュウォーツ。リーグ最高額を提示してでも残さなあかんですよ、って書こうと思ったらPHIがレーン・ジョンソンに年平均10M以上の契約って何してくれてんねん。
 これはLTコンバート前提での契約だよな。そうだよな。というわけでジョンソンの契約は考慮に入れない形でシュヲさんはご納得いただけるでしょうか。


ミラーざっくり予想
 試合中に、サイドラインレポートをしていたジェレマイアが、今年はWRが薄いと感想を述べていた。ブラウンズにとってはタイミングが悪い。
 そんな中で話題をさらった一人が、今季僅か25捕球340ydのブラクストン・ミラー(オハイオ州立)であった。基礎的な運動能力が高いだけでなく運動神経も抜群のようで、とりあえずオープンフィールドではルートランもキャッチも、まるでベテランWRのようであったと。さらに練習ではパントリターナーとしての新境地まで見せたらしい。試合では落球しておったが、リバースプレーに可能性を見せ、ジェットスイープに使ってもいいし、いざとなれば投げられる。
 そんなミラーの指名位置を予想する目安として浮かぶのが、かつてのライバルにして同じようなアスリートにしてポジション転向の先輩であるデナード・ロビンソン。
 彼が「オフェンシブウエポン」として指名されたのは5巡だったが、その後フィールド上で「5巡はオイシイ」という結果を残して先鞭をつけているので、それよりは上になる。
 さらにミラーは、早めにポジション転向した1年のアドバンテージがある。
 一方、ポジ転アスリートQBは近年マーケットを形成しつつあり、運動能力と司令塔経験のみに可能性を見るのであれば他にも選択肢がある。今年でいえば、1年遅れになる代わりに7巡(?)で取れるよトレヴォン・ボイキン、といった考え方もありえるので、アホみたいに高位置での指名は抑制されるはず。
 そんなこんなでミラーは3巡と予想。あとはミラー個人が、そこらの転向組とはセンスが別次元であると認定されるのかどうか。
 ブラウンズは、テレル・プライアーを拾った前オフェンスなら3巡トップで手を出したかもしれないが、今はどうでしょう。


その他
 長くなってきたのであと2人だけ。
 デュークと被るのでブラウンズは狙わないと思うがRBケニアン・ドレイク(アラバマ)はNFLでも活躍できそう。ランに粘りを感じる。
 ILBタイラー・マタケヴィッチ(テンプル)はクリス・ボーランドをやや彷彿させるものがあるけど、ホートンDだと重用しないタイプかなー。


締めの決まり文句
 これにて今季のフットボールゲームは全て終了しました

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52117486
この記事へのコメント
PHIはこの3年間、どのチームよりも忙しいO#をしてきたので
絶賛割増更新中です!なのでレーンは5割増換算で。

PHIはキャップ大丈夫なの?と、本気で心配ですぅ 
Posted by brkn at February 01, 2016 23:20
最近WRが豊作だったせいで今年の不作感は結構感じますね〜
どっちかってゆうとアーリー組の方が駒揃ってるのでコンバインに期待ですね。

マタケヴィッチはやばいですね〜
シーズン中もいいなと思っていましたけど、シニアボウルも素晴らしかった。
スピードも十分という印象で私の中ではNo1ですね今のところ。
テンプルはCBのヤングもシニアボウルなかなか頑張っててちと楽しみです。
Posted by ネイチャー at February 02, 2016 00:00
ベストプラクティスプレーヤーがミラーで正直頭を抱えましたw
個人的にはマット・ジョーンズの記憶が薄れているのでコンバインの40y走で衝撃的なタイムを出したら1巡で特攻してくれるネタをどこかが供給してくれると信じていますが…

CについてはVikesもサリバンが完全復活するとは限らないので地味に抑えておかないといけないポジションでチラホラ確認しています。
と言っても、ボクの注目はハーバートのOTコール・トナーを6~7巡で指名しての育成ですけど。
マット・バークの影を追いまくってますけどw
Posted by ニシ at February 02, 2016 09:50
MSUのLT取りに行くのか?それともCを補強するプランに切り替えるのか?
我が国のドラフト戦略も五里霧中ではありますが、
昨季(まだ今季)C国のoffensive quality control coach (つまり板場で云うなら「追廻し」)だった、マイケル・マッカーシーを new quality control/offensive line coach(結局同じ「追廻し」)として採用したみたいで、こんなバイト君みたいな下っ端交換しても、それでOLが強固に変わる筈もなし、と思うものの、自分はC国の路線自体は、もう10年近く間違ってはいない(他のスキルポジション獲る眼が腐ってるだけ)と思っているので、彼も下っ端とはいえども何らかの起爆剤となることを希望するものなり。
両カンファレンスの決勝観て、やっぱブレイディと兄者とか言っても、結局フットボールはライン戦を制した方が勝つという公理に皆気付いた筈。
Posted by Liger at February 02, 2016 11:01
ヒューは1巡をQBに使って欲しいと言っているのでゴフだろうなと思っていました。ウエンツも急上昇で迷いますね。
でもこの間まで2巡で獲れると思っていた選手に1巡を使うのはなんかもったいないというかなんというか…。
ウエンツはクリーブランドを愛してくれそうなのでキャラ的には最高なのですか…。
Posted by vinta at February 02, 2016 11:23
>brknさん
5割増、いいところですね!シュウォーツは年7Mくらいかと感じています。
でもレーンはぼちぼちLTなんでしょ?そうじゃないとシュウォーツが納得しませんw

>ネイチャーさん
これはますます上位でWRいっとかないとダメですね。ヘタに見送ってるとヴィンス・メイリーの悪夢が。
マタケヴィッチみたいなタックルマシーンを活かせる守備が個人的には好みなんですけどね〜。ペティンはパスカバー重視、ホートンは万能性重視と、なかなかうまくいきませんね(単に好みの問題ですが)

>ニシさん
1巡特攻チームを楽しみにしています。まあでも余裕があるチームはそれできますねえ。
MINまでCチェックとは、意外にC狙いのチームが多くてビビります。ブライスが突き上がるのは勘弁願いたい。
ハーバードのOLに魅力を感じるのはわかりますw Tはちょっと厳しいかもわかりませんが。

>Ligerさん
D国も、ウォーフォード、トムリンソンと面白いドラフトしてますけどね。ライリー・リーフも含めて発想がラン寄りなのがブラウンズと異なりますが。
やっぱりOLは、地味でもドラフトし続けて自前の5人衆をイチから育成、FAも、あまり色のついている大物は狙わない、という方針が好みです。御大以降のブラウンズはOL補強方針だけは好みにドンピシャなのですが、いかんせん結果が…

>vintaさん
ウェンツの一番の魅力は地味で素朴そうなところですね。だからこそ、シニアボウルでスポットを当てすぎた現地メディアには不満ですw
とはいえゴフも暇さえあればのフィルムスタディマニアだそうなので、クリーブランド適性は甲乙つけがたいですね。
Posted by mentai at February 02, 2016 12:20
既定路線とは思っていましたが、Johnnyの具体的なリリース日が出てしまいましたね。

Quinnの時のように補償があれば救われるのですが、
22位指名権をたった2年で捨てて、DALに拾われるという
デジャブと言うには近すぎて、ため息しか出ないです。
Posted by redhotburger at February 03, 2016 21:37
うちはCの高齢化&Gがパスプロ回転ドア化により、インテリアOL猛烈募集中なのです。

個人的な注目はOregon StのIsaac Seumalo。ああいうヴァーサタイルで横にも取れるCはよだれ出ます。

あ、GはCody Whitehairが欲しいです。下さい。
Posted by 真琴 at February 03, 2016 22:03
>redhotさん
今あんな発表したのは、トレード募集の最後の悪あがきかもしれませんが、
まあもうカットでしょうね…
2年はブラウンズ定番のサイクルですねえ。

>真琴さん
セウマロも過去のケガで評価を落としている感じで狙い目ですね。
MINの位置だと、白髪さん欲しいなら1巡突撃ですか。その年のポジショントップは落ちてこないですからねえ。
Posted by mentai at February 04, 2016 09:56