January 21, 2016

ヒュ内閣 その1:オフェンス御三家

 本日契約合意情報連発。ポジションコーチ陣はこれからだが、主要メンバーが固まったので新コーチ陣をぼつぼつと紹介。
 若かった前政権とは対照的に、経験豊富なメンバーを集めた。どちらがいい悪いという話ではないが、まあでもブラウンズがこれだけ集められたのは見事。これもヒューの人徳か。

 その1は「オフェンス御三家」。以下、オフェンスの役割分担が通常とは異なるようなので、各役職の説明にも少し割きながら。説明っつか全部推測ですが。

OC: 設けず
 ヒューが兼任するのかと思いきや、以下に示す豪華なサポートメンバーを確保し、分業体制で臨む模様。
 よってヒューの負担は当初心配してたほど重くなさそう。「HC兼プレーコーラー」といったところ。


RGC: カービー・ウィルソン
 RGCは「ランニングゲームコーディネーター」の略。
 一般的なOCの仕事を割って、ランゲームのブック作成や毎週のゲームプラン構築に特化した職。
 カレッジ、NFL問わずちょいちょい見かけるが、新生ブラウンズでは初めてのはず。

 この役職の設定自体にヒューのランゲームへのこだわりが感じられるうえ、人選もいい。
 ウィルソンは、コーディネーター経験こそないが、RBの現役ポジションコーチとしてはNFLで19年の経験を持つ第一人者ともいえる人物で、まずランだけを任せるにはうってつけではないか。
 RB育成については、19年もやってりゃ功績もいろいろとあるが、最新案件は真琴さんに指摘いただいたジェリック・マキノン。
 カレッジ時代にトリプルオプションQBとして走りまくった選手で、ポテンシャルの高さからRBとして指名され、これを1年目から立派なNFLのRBとして活躍させた手腕は買い。
 いや待てこれって、今年たまたま観た伝統のアーミーネイビー戦から小生すっかりにわかファンになっているQBキーナン・レノルズ(RBに転向済)と完全に被るじゃん。ブラウンズに来るじゃん。
 
 という話はさておき一点だけ、これを単なる傾向と捉えるか懸案事項と捉えるか、前々任のリルシャニーから前任のデフィリポ、今回のヒュー&ウィルソンときて、今のOLが本来得意なはずのゾーンランがどんどん減っていくこと必至であろう。
 まあ今オフは久々にOL5人衆の派手な入れ替えがありそうだし、しばらく安定していたユニットもいよいよ作り替えの時迫る。


オフェンスAHC: ペップ・ハミルトン
 役職の正式名はAssociate Head Coach / Offense。ここで強調されているのは、准ヘッドコーチではあるがDCの上司ではないと。
 平時においては実質的な「パッシングゲームコーディネーター」だと思われる。しかし単純なコーディネーター双頭体制ではなく、長(おさ)だけははっきりさせておこうという意図による役職ではないかと推測。
 計算式にすると(OC−RGC)。決して "PGC" とイコールではなく、まとめ役としてのOCの役割が載っかるということである。また、ヒューがいずれプレーコール権を譲渡するとしたらこっちになるのだろう。計算式にする必要性が微塵も感じられないではないか。 
 なお紹介の順序をウィルソンの後にしたのは、先にRGCの存在を説明したかったからであります。

 で、前置きが長くなったがペップさん。ペップというファーストネームに「さん」がつけられるのは自然の摂理といえよう。
 弱冠30歳でNYJのQBコーチに就任するなど、若い頃から高く評価されていたコーチ。今も41歳だから十分若いが。
 OCとしては、スタンフォード>INDと、ほぼアンドリュー・ラックとのみ関わってきた点が特徴。今季はINDのOCとして、ラック離脱で絵に描いたように凋落した責任を取らされる形でシーズン途中で解雇された。
 通常のOCと比べると仕事量が軽減されるぶん、QBの育成に割くこともできる。ペップさんと未だ見ぬQBコーチとの万全の指導体制で、今度こそフランチャイズQBを育てる。


シニアオフェンシブアシスタント: アル・ソーンダース
 で、こちらがヒューの補佐。
 ヒューとは、単年政権となった2011OAKにて、HCとOCとしてタッグ経験のある間柄。
 コーチキャリアのピークが80年代(HC経験もあり)という古株だが、それから30年近く、主にアシスタント職として各チームに求められて転々としてきた息の長いコーチ。
 役職名から判断すると選手への直接指導から一歩引いた参謀役と思われるが、この人もQBコーチ経験があるので「フランチャイズQB育成チーム」には入るかもしれない。

 これほど重厚な体制および面子であれば、QBコーチは、オフェンスシステム注入以前のQBとしての基礎、カレッジからNFLへのアジャストといった指導に注力できる。言わば「出世コースじゃないQBコーチ」が成立する。ケビン・オコネルは今政権でこそ生きるのではないか。残してほしくなってきたな。

***

 以上がヒューのオフェンスを支える御三家となるが、ポジションコーチも一人決まったのでついでに。

OLコーチ:ハル・ハンター
 前職は3年間INDのアシスタントOLコーチ。ペップさんが連れてきた模様。
 OCも務めたことがあり経験は問題ないが、INDのOLってラックにサック浴びせまくってるアレですよね。大丈夫ですかね。

***

 帰ってきたアイツについては別途。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52115953
この記事へのコメント
ヒューはなかなか面白い人選をしてきましたね。
自分の得意分野のO#にこれだけのメンツ、しかもバックグラウンドがぜんぜん違う三人を集めるとは。
若くから将来を嘱望された秀才、自分の専門にこだわり続けたたたきあげ、経験の塊の老参謀という組み合わせからは、革新性も伝統も全部詰め込んで、自分のスキームじゃなくてもいいからO#を立て直すんだ!って気持ちが伝わってきます。
これは期待できそう。


ま、問題はDCなんですが。ええまあ、うん。
Posted by 真琴 at January 21, 2016 23:03
非常に楽しみな布陣。今、日本の週刊誌やスポーツ新聞はベッキーやらスマップやらのゴシップ追い求めておるが、メリー〇〇なんてお婆ちゃんは放っておいて、是非ヒュー・ジャクソン直撃取材して貰いたい。週刊文春の中吊り広告に「ヒュー・ジャクソンの野望」とかあったら、自分なら速攻で買う。
QBに関しては、実質全体1位のTENが指名することはない筈なので、本当にC国が欲しいのが誰なのかが非常に重要。
あと新フランチャイズQBのメインターゲットについては、案じるには及ばず。
確かにゴードンは稀有な才能の持ち主なれど、あの程度の選手はドラフトであれ、FAであれ、何れ必ず手に入る。流石に雨後の筍の如くは生えてこないが、それでも思春期の陰毛程度には必ず生えてくるもの。
ウチのCJが得難い選手なのは、そのパフォーマンスは勿論だが、それよりも能力と唯我独尊度合が反比例する突然変異にあり。新QBと共にハイパー茶色オフェンスが構築されれば、ゴードンクラスの(ただの)怪物は、それこそ向こうからやって来るはず。
Posted by Liger at January 22, 2016 01:12
フロント人事からアナリティックス発動中!
てことはないですよね…


でもまあCLEさん、波に乗ってる!感が満載てすね。
Posted by brkn at January 22, 2016 02:16
“観客は攻撃が呼び、勝利は守備が呼ぶ”ってな格言に則ればまずはファンを喜ばせるところから!ってコトですね。
ウィルソンはADの後継者を仕込んでから離脱して欲しかったのですが、コーディネーター職だったのでVikesの契約延長オファーにサインしてくれなかったのでしょうね。
というかポジションコーチとOC/DCの間の役職を作って有能なポジションコーチを引き抜くのは流行ったりしてw

個人的にはバーフィクト、シャジア、モズリーのいる地区でウィルソンのランゲームがどれだけ通用するのか楽しみです。
それと虎さんがすっかり強くなっちゃったのでもう1つのC国まで強くなったら面白くないとか思ってませんから!ww
Posted by ニシ at January 22, 2016 09:49
うらやまC
でもこれで結果が出なかったら本気でへこむ陣容でもありますね
やっぱりみんなマネーボール読んだのかな
Posted by SLEEP at January 22, 2016 14:09
>真琴さん
この分担案はずっと温めてた構想なんでしょうね。
ヒュー&ウィルソンのランゲームは熱そうです。とりあえずブロッカー大量補充ですか。
DCは、チームの守備スタッツに表れない怖さのある人で…
まあ私が知ってるホートンも1年だけだし(その後もアレなんですけど)、ヒューを信じるしかないですね。

>Ligerさん
一年でも旋風を巻き起こせば、話題になって誰か本書いてくれそうですね。即買いですw
卵と鶏みたいな話になりますが、新人QBを育てるWRは同時に欲しいですね(ベテランでも新人でも、能力的な意味で)。
本物のQBさえ育てば、あとはそいつが今後のWRを育ててくれるはず。

>brknさん
素晴らしいスタートです。
みんな実績があるからそう見えるのかもしれませんが…

>ニシさん
ひたすら現場で建設してきたウィルソンも、そろそろ自分で設計したくなったのかもしれませんね。
ランは本当に出なくなって久しいので、19年の蓄積を爆発させるコーディネーターっぷりに期待せずにおれません。
てかブラウンズも、ダンズビーの後釜に若きILBのリーダーが必要ですね。

>SLEEPさん
確かに……w
ブラウンズそのもが持つ負のパワーに打ち勝ってもらわなければ。
Posted by mentai at January 22, 2016 21:27
アル・ソーンダースってまだいたんですね。確かKC時代の破壊的なオフェンスが印象的ですが、OCはDC以上に経験のポジションだと思うので、楽しみですね。素直に羨ましい(ヽ゜ω゜)ノ

ドラフトでQB指名して一から作り直しのようですが、育成にはWRとTEも揃えてあげたいですね。頼れるレシーバーがいるのといないのとでは大違いかと思いますので。
Posted by bufbills at January 23, 2016 12:08
しかもWRコーチ兼任だそうで、まだ直接ご指導いただけるなんて有難いことですw

WRは今年サボったツケもありますしね…
スキルポジションの集中強化で、見た目は派手なオフになりそうです。
Posted by mentai at January 24, 2016 19:15