September 04, 2015

53予想

 今年もプレ最終戦の感想に代えてファイナル53。なお試合はCLE 0-24 CHIの完封負け。
 特にRBあたり、他チームのカット組が間違いなく入ってくると思われますが「一旦の53」としての予想です。過去にも増して自信なし。

QB(2) マカウン マンゼール
 落選 ルイス デブリン

 サドにとっては超重要なプレ最終戦だったが、無得点ではさすがに不合格か。サドだけで5つか6つのサックを食らったが、半分くらいは持ち過ぎのせい。試合の位置づけ的に投げ捨てたくない気持ちはわかるが。
 よって、実質的な第3QBは後述のプライアー。あとは若手をPSに入れる方向でひとつ。


RB(3) クロウェル ウエスト Dジョンソン(D3)
 落選 ドローン フランダース

 デュークが開幕に間に合わない場合、4人目のRBを確保しないといけないと思うんですが残念ながら今のブラウンズにはおりません。
 プレ最終戦は、ウエストがお役御免となった後はドローンが中心であったが、8キャリー11ydでは残れないだろう。まあOLも酷かったけど。
 よって、デュークの当面の代役は他チームのファイナルカット組と予想。


WR(7) ボウ ハートライン ホーキンス ガブリエル ベンジャミン プライアー レンズ
 落選 メイリー(D4) ムーア ジェニングス(UD)

 トラベンがまさかの最終戦免除待遇で、どうやらロスター当確。これで去年の開幕ロスター枠と同数の5人が決定。しかし今年は5枠打ち止めではないと思う。
 プレ初登場となったプライアーが絡んだファーストプレーは、ダイレクトスナップを受けてからのリードオプションであった。その後、リードオプションはもう1回披露した。レシーブ記録は結局なし。
 見たいのはそっちじゃないんですが、といった不満はさておき、こういう使い方をレギュラーシーズンでも考えているのであれば、むしろこれはロスター入りのサインかなと深読みした次第である。
 で、プライアーが入るならメイリーは厳しい。ドラ4は勿体ないが、メイリーとプライアーは、デカレシーバー枠だけでなく「ポテンシャルピック」という点でも被る。今すぐには使えないレシーバーを2名抱えるのは考えづらい。
 レンズはサイズ不足という身も蓋もない理由で切られる可能性を捨てきれないが、プレシーズンが完璧だったため、試験の場で結果を残した選手は報われてほしいという願いもこめて合格予想。プレ最終戦の終盤とはいえDBまでやらせたくらいだから、少なくとも運動能力は相当高く買われているはず。


FB(1) Mジョンソン(D6)
TE(3) バーニッジ ドレイ ビブス(UD) 

 落選 ハウズラー
 
 バーニッジとドレイが最終戦免除によりロスター当確。となると危ないのがハウズラー。縦に切り裂けるTEは彼しかおらんのであるが、RAC能力はビブスが断然上。どちらをとるか。どちらもパスプロは計算できない模様。
 ただ、オフェンス次第ではH-バック1人にTE4人の体制も考えられなくはない。ハウズラーかレンズかは最後まで迷ったところである。


OL(8) トーマス ビトーニオ マック グレコ シュウォーツ
     アーヴィング(D1) Aマクドナルド オルセン

 落選 ペインター ミラー(UD) バートン ラドソン

 アーヴィングが基本的にGの控えだとするなら、ポジションが被るペインターは漏れると予想。
 また、アーヴィングがCでほとんど練習をしていないというキャンプ情報が事実ならば、別のバックアップCは確保するはずなのでオルセンがIN。ファイナルカットでいいCが降ってきたら入れ替えの可能性も。
 ミラーはぜひPSに残していただきたい。


DL(7) Dブライアント シェルトン(D1) スタークス ヒューズ クーパー(D3) Aブライアント ミーダー
 落選 Bウィン マクダニエル Dウィン(UD)

 DBに枠を割かないといけないのでDLは8人も置けないんじゃないかなあと思っているが、だとするとビリーorミーダーが苦渋の選択。
 プレ最終戦ではビリーのほうがいい動きをしていたように見えたが、それでも第3戦のミーダーのインパクトには及ばず。また、先日テイラーを切って0-2テクの層が薄くなった点からもミーダー有利か。


OLB(4) クルーガー ミンゴ オーチャード(D2) ソロモン
 落選 ライリー(UD) 

 ここは順当だと思うが、第一次デプスチャートで1stチームに大抜擢されたソロモンがプレでは低調。サプライズカット候補ではある。


ILB(4) ダンズビー カークシー ロバートソン プラード(D7)
 落選 カーダー 

 カーダーvsプラードが難問。どちらもスピードはないが、動きの切れ味ではプラードが上のような気がする。


CB(6) ヘイデン Tウィリアムズ Kウィリアムズ ゲインズ(D6) デシール ギルバート  
 落選 ネルソン ジェームズ ランキン(UD)

 現状ほぼ予想不能に近いユニット。プレ最終戦は、ケイヲン、ゲインズ、デシール、ギルバート、ネルソンの5名がケガで欠場。さらに兄やんととらモンが最終戦免除のため人手不足となり、最後はWRのレンズにプレスマンカバーさせるカオスとなった。
 そんなわけで、誰が開幕に間に合うのか、PUP入りするくらいにヘビーなケガ人はいるのか、などがわからないため、まずもって何人確保するのかが読めない状況。
 とりあえず2人は開幕に間に合うものと想定し、一周してオーソドックスな予想になった。ネルソンがギルバートを抜いたら笑う。
 

S(5) ウィットナー ギプソン ポイヤー キャンベル(D4) バデモシ
 落選 ファイクター(UD) ソーンダース(UD)

 キャンベルが指名された段階から、バデモシはロスターに残れないだろうとずっと考えていたが、上記CBの状況により逆転残留予想。


ST(3) K:クーンズ P:リー LS:ヒューレット

 スピアーが一次カットで消えたため開幕メンバーは決定済。
 本日は「正Kクーンズ」の勇姿に期待したのにまさかの出番なし。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52096615