September 02, 2015

死屍15

 一次カットでテイラー切るほど強いチームではないんだが、チーム作りが二転三転するとこういう無駄が発生する。

<IR入り>
 QB コナー・ショー
 OT マイケル・ボウイー


 ショーは、手術敢行の時点で噂はあったので覚悟していた。
 ボウイーは2年連続の全休。プレには出てたが精彩を欠いていた。シュヲに圧力をかける存在として期待したが、そもそもダメ元加入だったしシャニーも出ていったしで、もうブラウンズでの輝かしい未来はなさそう。


<NFI入り>
 RB グレン・ウィンストン
 CB イフォ・エクプレ=オロム
 TE ランドール・テルファー


 NFIはNon-Football Injuryの略。オロムーとテルファーは大学時代からのケガなので、「NFLとは無関係のケガ」ということでこちらの扱い。
 Week6から11の間に復帰することが可能だが、まあこの面子は実質IRと思っておいてよかろう。


<カット>
 DT フィリップ・テイラー
 K ケアリー・スピアー
 WR シェーン・ウィン
 NT イシュメイリー・キッチン
 RB ルーク・ランディ
 CB アーロン・ロス
 OLB エヴェレット・ブラウン
 ILB モイジー・フォ−コウ
 TE アンソニー・イジアクーネ


 概ねサプライズ度の高い巡。
 トップはもちろんテイラー。膝の回復が思わしくなかったためというのが理由だそう。フリオトレードいじりはもうしない。あれはウィドーンが2年で消えた時点で盛大なオチがついている。テイラーは孤軍奮闘したほうである。
 むしろ、てめえらで5年目オプションを行使して全額保証しておきながらカット、というケツ毛のようなシーケンスこそもっと叩くべきであろう。こんなことばっかりやってるチームが勝てるわけないわ。
 そして、一つの時代の終わりを告げるキッちゃんのカット。テイラーとキッチンのダブル一次カットは、ミーダーさんいらっしゃいと暗に信号を送っているようなものか。

 キッカー争いは、最終戦を待たずしてクーンズ勝利。ペティン曰く「デッドヒートだったが、クーンズの飛距離が若干上」とのことで、タッチバック率(クーンズ4/6、スピアー3/7)が分かれ目となったか。FGの安定感はしっかり見せたスピアーも、すぐにどこかに拾われるに違いない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52096287
この記事へのコメント
テイラーって、ドラ1じゃないですか。

ドラ1がどんどんいなくなるブラウンズ。。
Posted by vinta at September 03, 2015 17:03
ヨソより多くドラ1もらってるのに、トーマスとヘイデンだけじゃどうにもならんですね…
Posted by mentai at September 04, 2015 18:03