August 15, 2015

90ロスター:フロント5概観

 先に、プレ初戦で登場済だが最近加入したRB2名を冷やし茶漬けばりにさらっと紹介。
 二人の代わりにカットされたのはWRケビン・コーンとCBブランドン・スティーブンス。

RB ティモシー・フランダース 5-9/210
 2014年NOのドラ外。サムヒューストン州立大(FCS)のラッシング記録を山ほど持っている元大エースで、’13シーズンにはテキサス農工大戦でも大活躍。スピードもゴリゴリ能力もないが、目の前から消えるカットとパスレシーブでチャンスを作る。

RB ジェーレン・パーメリー 6-0/224
 2008年MIAのドラ6からしぶとくNFLに生き残る29歳。キャリア通算187ydなのに職を失わないのは、地味な仕事に手を抜かず確実に遂行するからだそうな。プレ初戦でもいいブリッツピックを見せていた。

 キャンプでRBにケガが相次いでクロちゃんを除き全滅状態となったため、平たくいってしまえば練習駒の補充である。タックル練習用などと冷ややかな見方もあるが、RB4枠目があるとするならばウィンストンやドローンとの勝負に。

 で本題。今回は、フロントセブンのうちILB以外、という括りで。
 53ロスターを予想するにあたって最も複雑かつ難解なポジションであるため、複雑さを強調するグループ分けにて皆様のご機嫌を伺う。

 現在、「フロント5」に属する選手は以下の18名。このうち53ロスターに残るのはおそらく11か12。
 
【万能若しくは器用貧乏】
 デズモンド・ブライアント 6-6/310
 ジョン・ヒューズ 6-2/320

 ペティン守備の柔軟性を可能にする存在にして、すでにロスター確定の2名。
 NTとエッジラッシャーとの間の全ポジションを担当。泥酔はパスラッシュ寄り、ヒューズがランストップ寄りとバランスもとれている。

【グループA】2ギャップノーズ
 ダニー・シェルトン(D1) 6-2/339
 イシュメイリー・キッチン 6-1/330

 テイラーが先発だった頃はスタミナの問題があってバックアップも相応に分厚くしておく必要があったが、シェルトンの「スタミナ無尽蔵」という評判が本当なら枠を一つ他に回せる(どのみち出ずっぱりのポジションじゃないし)。シェルトンにまず期待したいのはそこ。

【グループB】1ギャップノーズ
 フィリップ・テイラー 6-3/335
 ジェイミー・ミーダー 6-3/295
 クリスチャン・トゥーポウ 6-4/305

 正直、ペティン守備においてはやや浮き上がっている面々。特に、シェルトンを指名してオフの離脱が既定路線となったテイラーを今年どう使うのかは興味深いトピックの一つ。
 ミーダーは軽量だが、去年の使い方から判断するにNTである。「ダンシングベア」の異名を持ち、ベンチ515ポンド(約234kg)を挙げたこともあるインパクトを持つキャラ。逆にいえば腕力オンリーなので、軽いからといって外側では使いづらい。
 場合によりヒューズがここに入れることも考えると、グループAとBで計3枠が限界。2枠も考えられるのがキッちゃんピンチたる所以。見返りを狙えるならいっそテイラーを放出してもいいと思うけどね。

【グループC】ピュア3テク
 ランディ・スタークス 6-4/305
 ゼイヴィア・クーパー(D3) 6-4/300
 ビリー・ウィン 6-4/300
 ジャコビ・マクダニエル 6-0/293
 ディラン・ウィン(UD) 6-2/283

 ペティン守備の肝となるグループ。ベースの3メンフロントでもウィークサイドにこのタイプを置くうえ、4-2-5ニッケルでは主力となる。
 FAでスタークス、ドラフトでクーパーと2枚獲りしたのは、泥酔ブライアントのパスラッシュ能力では物足りないと判断しているか、あるいは泥酔さんを休ませるのが目的か。第一回デプスチャートではスタークスと泥酔さんが3-4DEの一本目であった。
 泥酔も含めてスタークス、クーパーまでの3枚は当確だが、4枚目を置くかどうかがポイント。ペティンには、ツイーナーを厚めに残して、ニッケルではクルーガーやアーモンティをDTに使う発想がある。
 先日カートで運ばれたビリーは、シーズンエンドってほどの重症ではなかったようで一安心だが、それでも開幕が危うければロスターも危うい。素晴らしいアスリートで万能ではあるが、泥酔やヒューズのように突出した芸がない点がどう響くか。
 
【グループD】ツイーナー
 ポール・クルーガー 6-4/270
 ネイト・オーチャード(D2) 6-4/255
 スコット・ソロモン 6-3/260
 アーモンティ・ブライアント 6-4/265
 マイク・ライリー(UD) 6-3/261

 一般的にはここで4枠。ただし下のミンゴの扱い次第で、ソロモンvs売人ブライアントの争いが勃発するかもしれない。個人的にはこのグループの上4名+ミンゴの5人残してほしい。

【グループE】OLB専属?
 バーキヴィアス・ミンゴ 6-4/240

 NEのジェイミー・コリンズ路線に向かいそうな雰囲気。OLBはOLBでも4-3OLBなんじゃないかという気配。
 いずれにしても53ロスターは当確と思われるが、もしかしたらILBの枠を食うかも。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52093766