June 08, 2015

パンター交代

 SFとの間でトレード成立。来年の2017年の(指摘により嘘が発覚したため修正)ドラ7を献上してPアンディ・リーを獲得。
 これに伴ってPスペンサー・ラニングをカット。

 ブラウンズにしちゃ珍しいクリーンヒットか。
 リーは過去にプロボウル3度、オールプロ選出4度の経歴を持ち、2011シーズンにはNFL記録となるネット平均44.0ydを叩き出した、リーグを代表するパンターの一角である。
 SFは、今年のドラフト5巡でPブラッドリー・ピニオンを指名していた。パンターを競争させるためにドラ5なんて使うわけがないから、指名の段階で実質交代だと予想する向きもあり、リーはトレード争奪戦になってもおかしくない存在だった。
 それがドラ7オンリーでいいってんだから安いモンである。来年のブラウンズは、最近の傾向から予想すると6巡以上の補填ピックを複数もらえることが確実であり、早くも補填ピックの利を生かした格好といえる。
 じゃあ、そんな選手を格安の代償で獲得できたのだからさぞかし高給なのであろう、と思いきや意外に安いことも判明。SFとの契約だと今季のキャップヒットが2.55Mであったが、うち0.5Mは支払済サインボーナスの均等割り分としてSFのデッドマネーに計上されるので、ブラウンズではベースサラリーの2.05Mのみ。このキャップヒット額は、パンターとして現時点でリーグ15位だそうだから見事に真ん中らへんである。

 ということは、SFがドラ5でパンターを指名したのは金銭の問題よりも純粋にリーの衰えを察知したからなのか。そら2011と比べれば衰えているかもしらんが、去年でもグロスでは平均46.8ydをかっ飛ばしており、去年のラニング(平均44.3yd)より2.5ydも長い。飛距離だけではパンターを量れぬとはいえ、リーとラニングにはスタッツ以上の差があるからスタッツで比較してやってるだけまだ寛容ってくらいのもんである。さすがに一年で飛距離が3ydも4ydも落ちることはないだろう。

 カットされたスペンサー・ラニングはパント以外で色々話題を提供してくれる、なかなかのエンターテイナーではあった。ぱっと思い出せるところでも
 
 ・ロールアウトパント
 ・同一試合でパント、エクストラポイント、TDパスを記録
 ・アントニオ・ブラウンのジャンピング蹴りを顔に食らう

などなかなかのインパクトである。ついでにその前任レジー・ホッジスも
 
 ・フェイクパントで68ydラン(パンターによるNFL史上最長ラン記録)
 ・スナップミスをなかったことにする神ホルダー

 とキャラは濃かった。しかしとにかくパントが安定しなかった。
 すなわちブラウンズは、’08ザスタディル以来久々にパントが得意なパンターをロスターに加えるのである。なにゆえ小生がパンター獲得で大喜びしているかって、この点が一番大きい。

 確かにリーは徐々に衰えてはいるのだろうし(今季開幕時点で33歳)、これからサラリーも上昇していくから、毎年様子を見ながらの実質単年であり、中期的問題が解決したわけではない。しかし今年に関しては間違いなくアップグレードであろう。今年のブラウンズほどビッグプレーの匂いがしないオフェンスはブラウンズ史上でも珍しく、ゴリゴリちまちまランで進みつつ守備で踏ん張るゲームを展開するならフィールドポジション争いを優位に展開せしめるパンターの重要性は例年にも増して高い。リーの加入によりプレーオフが見えてきた。こない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52084042
この記事へのコメント
僕もリーの獲得はヒットだと思いました。

数年前スーパーボウル制覇へあと一歩まで行ったのに、今年はレギュラークラスの相次ぐ離脱、ドラフトでの屈辱的なP指名…。

本人ももう一旗揚げたいと思っていたはずです。ブラウンズでスーパー狙うとか言ったら、ちょっとそれは 病院へ行ったほうが…。

でも、オールプロクラスが来るのはどのポジションでもありがたいってことで…。。
Posted by vinta at June 08, 2015 23:13
ブラウンズのフロント陣、やればできる子。
ここ数年パッとしないにもほどがある、STに光が差しましたね。

ラニング君の無駄に高い運動能力、
ロールアウトパント、Week12での必死のタックルは忘れることがないでしょう。
Posted by redhotburger at June 09, 2015 09:38
49ersのものです。ドラフトでPinionを指名した時点でLeeがトレードに出される日が来ると思っていました。だんだん歳を取って年俸も上がる、でもトレードに出されたら発奮してまた力を出せる、そういうタイミングのトレードだったのでしょう。

Leeはプロボウルに3回出ていますが、2011年以外の2回は49ersがぼろ負けした年です。Pの飛距離が伸びるのは、オフェンスが進まずパントが多くなるということなので、彼の活躍はありがたくもあり、ありがたくもなしですね。
Posted by 黄金郷 at June 09, 2015 16:27
ドラフト指名権は来年ではなく、2017の様ですよ。
ファーマーもペティンも「2017のドラフトの事なんて知〜らねっ」と思ってなきゃいいでけどね。
Posted by マチヤ at June 09, 2015 17:18
2017年の指名権になったのは、おそらく49ers側の都合です。49ersはトレードで2つ指名権を獲得したのですでに9個の指名権があります。またFAで流出した選手が多いので、補填でいくつかもらえるはずです。そんなわけで、2016年はもういらないのでしょう。
Posted by 黄金郷 at June 11, 2015 00:44
>vintaさん
パンターが最も活躍できるチームに来たのですからやる気も出るでしょうw
試合が多少締まることに期待します。

>redhotさん
ラニングはすぐTBに拾われたようで何よりです。
リーと比較してしまうとアレですが、まだまだNFLで見たい選手ではあります。

>黄金郷さん
ウチは今年、オフェンスが進まないのが前提なので願ったりかなったりです。
パントで窮地に陥ることもしばしばでしたからねえ。

>マチヤさん
ご指摘ありがとうございます。修正させていただきました。
さらにお安くなりましたね。
Posted by mentai at June 14, 2015 08:51