March 01, 2015

犬コンバイン徒然(その3)

 ジョシュ・マカウンと3年契約。弟が入団した11年後に兄が加入。
 契約内容は、報じられているところだと、3年14M+インセンティブ6M。保証額は、初年度サラリー5.25Mを含めた6.25M。
 去年1勝10敗のQBにしちゃちょい高いけど、今年はしょうがない。最後はBUFとの一騎打ちになったようだが、当初は4チームと面談。マカウンを「争奪」する行為そのものが今年のQBレベルの低さを物語っており、プロたちがそれを裏付けたのがこの金額と見る。
 もちろんオフのベストオプションではないが、サンチェスやロッカーでは、マカウンをスルーして市場勝負に賭けるに値しないという判断。マカウンが、早々にカットしてくれたTBに感謝してるくらいだし。

 というわけで、現時点では特に賛成も反対もない感じの心境でありますが、個人的にはQBはこれで終わりではないと踏みます。
 サンチェスやロッカーなら、ひとまず先発確定、ケガした場合にやむ無くジョニーやコナショー、と予想したところだが、マカウンは本当に暫定の暫定、ケガしない限り使い続けるまではいかないレベルである。つまりマカウン、ジョニー、コナショーのラインナップで開幕を迎えるのは、ジョニーの来年に期待することと同義であり、これやったらフランチャイズ運営失格である。来年のジョニーはIRならぬDR(Drunk Reserve)扱いでひとつお頼み申したい。

OTファビュラスファイブ
 セドリック・オブーヒー(テキサス農工)がACL断裂やっちまっているので5人衆から除外。彼が40yd走れてたら今年は断トツだったかもしれん。
 ブランドン・シャーフ(アイオワ)は10yd1.78で縦のスピードを披露した一方、ベンチは23回と思ったほど伸びず。継続性よりも一撃用の筋肉が鍛えられているのだろう。メイヨックが彼を「ベストインテリアライン」と評していて、そらGに使ったら最高だろうけど各チームがGとして見てたら指名位置下がるだろっつの。それを言い出すと去年のグレッグ・ロビンソンだってベストインテリアラインである。
 T.J.クレミングス(ピッツバーグ)は、今はまだ完成されてないが将来性ナンバーワンみたいなことを言われていて、だったらコンバインでは好成績かと思っていたら、そんなに目立たない結果に。将来性って、腕が長いとかそっちの話なのかね。シャトルの成績はは良かった。
 エレック・フラワーズ(マイアミ大フロリダ)はベンチ37回、10ydスプリットもシャーフと並んで5人中トップ。彼は150キロ級なので、瞬発力の高さは評価アップにつながりそう。コーンとシャトルはやってない。
 アンドラス・ピート(スタンフォード)は平凡な成績。彼がNFLファンに印象を残したのはむしろその体型であろう。公称通り身長が6-7あったとか腕が長かったとかじゃなくてケツ。でけえ。
 そして最後にラエル・コリンズ(LSU)。特に目立つ数字は出していないが、ドリルが良かったのか、NFLネットワークでは一番にフィーチャーされていた。でも彼は2年前に紹介したこちらの写真のリストに入ってるけえね。今のところこのリストから成功者は出ていないが果たして。


OTその他
 結果を残したのはジェイク・フィッシャー(オレゴン)。コーンとシャトルでポジショントップ、10ydスプリット2位など、今コンバインで一番の機動力を見せた。というかコーンとシャトルは、OLにしてはなかなか異常な数値である。オレゴンでは長時間プロテクションの経験が少ないからあまり注目されていないが、ピュアLTの素質は十分。
 タイ・サンブレイロ(コロラド州立)も機動力の高さを証明。あと、注目されていない掘り出し枠では、ミッチ・モース(ミズーリ)がベンチ36回に加えてコーンとシャトルで好成績。モースはG扱いかもしれない。ローレンス・ギブソン(バージニア工科)も運動能力が高そう。


インテリアOL
 OLは試合で40ydもダッシュしませんといいながらも、OLが5秒を切るとその走力はそれなりに注目される。で、今年、5秒を切ったのは全OL中でアリ・マーペット(ホバート)ただ一人だった。指標としてはより重要な10ydスプリットも最速。コーンとシャトルは2位。ディビジョンIII出身選手が、  シュラインゲームからここまで、これ以上ないシンデレラストーリーを実践中。どこまでやれるかは全く見えないが、少なくともその準備能力は買われそう。
 キャメロン・アーヴィング(フロリダ州立)が、ベンチ含めて全てにおいて高水準だった。さすが全ポジいけるだけのことはある。あとはドラ1指名に値する適性ポジションがあるかどうか。同僚トレ・ジャクソン(フロリダ州立)は、遅くていいタイプの選手だけど遅い。シニアボウルで株を上げたレイケン・トムリンソン(デューク)は見せ場なし。もともと運動能力でアピールするタイプじゃないと言われていたからこんなもんか。
 コンバインはOLドリルを楽しみにしているが、去年のザック・マーティン級のインパクトはなし。今年は機動力のあるGはあまりいなさそう。10ydスプリットも、去年と比べると計測方法変えたのかってくらい低調。よって掘り出し枠見つからず。去年はジョン・アーシェルとかいたんだけど。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52069442
この記事へのコメント
mentaiさん的なポイントはあれじゃないんですか。
OGトムリンソンのインタビュー。

将来脳外科医希望らしいですぜ。

今年のOLは充実してるんですが飛び抜けた選手がいない感触ですね。
例年ならLTトップを考えるんですがどうにもこうにも。
一巡上位がパスラッシャーとWRで埋まりそうな感触。
CLE的には右側強化が命題ですしパワー型捕まえに行ってほしいとこでしょうかねえ。
Posted by 真琴 at March 01, 2015 12:48
マカウンの確保は取りあえず前進だと思います。

去年のTB時代はダメだったけど、CHIの最後の年はとても良かった。OLとか比較すると、CHI側に近い …、あるいはそれを上回るパフォーマンスが期待できると思います。

ただ、ジャーニーマンの共通点ですが、時々、最大瞬間風速的活躍を挟むんですよね、彼らは…。だから、毎年だまされるチームが現れてしまう。

QB問題は開幕まで続くんでしょうね…、いや開幕してからが本番したね、毎年…。。
Posted by vinta at March 01, 2015 22:11
あ…真琴さんがTwitterでmentaiさんがブログでおいしく調理してくれるだろうって言ってたトムリンソンのネタを振ってるw

今回のコンバインはOL達の評価を下げただけでしたね。
実際の人事担当者達がどう評価を変えたのかは分かりませんが。

Vikesはシャーフを余裕で指名出来る雰囲気になりましたがWRのTOP3が良いパフォーマンスを見せてくれたおかげでモックはもっぱらそっちばかりですけどね…
ちなみに11位がアマリ・クーパーなモックがあるのですが、それなら詐欺はOKなのでしょうか?
まあ、そうなって詐欺を働いてクーパーを逃したらさすがにVikesファンが(ボクもですが)黙っちゃ無いですけどねw
Posted by ニシ at March 02, 2015 08:58
>真琴さん
医者は人生設計が大事だから「NFLでとりあえずやれるところまで」とはなかなかいかない、というのが勝手なイメージです。
NFL選手として、某FBよりは遥かに有望ですから、いっそ諦めてくれればいいんですけどね。
パスラッシャーとWRだけで7〜8人、DTが1〜2人、これにQB2名とウィリアムズが枠を食って、トレードアップの必要は全くない計算ですw

>vintaさん
ホイヤーとマカウンの一番の違いは、先発への執着の差だったみたいですね。
マカウンは、メンターになることを喜んで受け入れたと。
ホイヤーの「ジョニーは競争相手」というスタンスも好きなんですが、それがフロントの思惑とは違ったってことでしょうかね。
ただし、マカウンがメンターする相手はジョニーとは限りませんw

>ニシさん
OLは、層は厚いのかもしれませんが、インパクトを残した選手はいませんでしたね。
それこそシャーフの縦スピードに一番感心したくらいです。

WR狙いのトレードアップなら、確実にMINの上を狙うでしょうw
Posted by mentai at March 03, 2015 21:26