February 11, 2015

ドラフト一人遊び:指名権剥奪前ver.

 この指名権で遊べるのが最後になるかもしれないので。

 9割方自慰行為ではあるが、選手紹介目的も多少含んでいるので、今回はコンバインに招待された選手縛りで。上位から下位まで満遍なく紹介するにはこのやり方が一番適している。
 なおFanspeakを試したところ一発で12位グレゴリー、19位クーパーが来たため使用を停止しました。

<前提>
UFA流出:TEキャメロン、DTルービン、DE/OLBシアード、CBバスター
RFA残留:Sギプソン、DTキッチン
FA獲得: 
(1)先発経験のあるベテランQB(ホイヤー含む)
(2)ベテランWR(オースティン含む)
スーは撃ち漏らし

 使用ランキングはいつものCBSSports。シニアボウル組がインフレ中だが、コンバインを経て大きく変わることだろう。

1-012 OLB アルヴィン・デュプリー Alvin Dupree(ケンタッキー) rSr 6-4/267
 去年、ペティンはシアードをDTにも使っていたくらいなので、シアード離脱の穴埋めは最低限3ポイントスタンスを念頭に置いた人材。ということでビーズリーを除外するとやっぱりこの人しかいない(ファウラーはランキング9位)。練習熱心、チームのためにアーリーエントリー拒否、選手投票でキャプテンに選ばれるなど、今のところ報じられている限りでは性格面の問題もなし。フリークの一人なのでコンバインは楽しみ。
 ペッツならジェイミー・コリンズばりに育つんだろうけどね。ブラウンズはどうですかね。

1-019 DT ジョーダン・フィリップス Jordan Phillips(オクラホマ) rSo 6-6/334
 比較的最近注目されはじめた巨体プロスペクト。
 調子の良い時は、ダブルチームを受けてもギャップをコントロールしてLBが突き抜ける道をパッカーーと開けよる。これぞ攻撃的守備の砲台。ダニー・シェルトンとどっちが上かの読みは難しいが、ノーズなら断然フィリップス。
 まだ若いしプレーのムラは改善の余地あり。DLを作り直すつもりなら獲っても反対しない。コンバインで評価が上下する選手かどうかはわからないが、これからまだまだ上がってくる可能性を秘める。

2-043 ILB エリック・ケンドリックス Eric Kendricks(UCLA) rSr 6-0/230
 この位置でILBは選び放題。ダンズビー&カークシーとユニットを組むためにアグレッシブなタックラーが一人欲しいならペリマン。ダンズビーの後継に絞って考えるならマッキニー。どっちも程よく満たすならケンドリックス。
 てなわけでどの線もあり得るが、フィリップスを指名した場合、彼が空けたギャップを最速で差す選手をとらないでどうする、という理由でケンドリックス。軽さだけが不安で、ベスポジは4-3WLBのような気もするけれども、キャラクター面や将来の司令塔資質はお墨付き。
 
3-077 WR トニー・リペット Tony Lippett(ミシガン州立) rSr 6-3/185
 タイラー・ロケットはお気に入りとして紹介済なので別路線へ。
 高さだけでなく、カレッジでは(ほとんどWRだけど)一応CBとの両面をこなしたアスリート。ハードワーカーで密集での集中力もある。
 オープンならルートランは正確だが問題は線が細いことで、NFLの一流CBのプレスに簡単に消されてしまわないかが不安。密集場面が多い一因は思い通りにルートをとれていないことにもありそう。
 最悪、長身DBとして育てる裏技。

4-108 QB ブライス・ペティ Bryce Petty(ベイラー) rSr 6-3/230
 デフィリポがどういうQBを欲しているのかはまだ見えないが、ショートパス中心の、源流に近いWCOならこういう線もあり得る。今年はどうせシュアファイアQBなんてマリオタ含めてひとりもいねえんだから宝くじ買ったつもりで。
 先発させるつもりで獲ったベテランQBと、新人デビューさせるつもりはなかった中巡QB。構図だけはあの時のシアトル。
 
4-112 TE ジェフ・ハイアマン Jeff Heuerman(オハイオ州立) Sr 6-5/255
 アーバン・マイヤーのスプレッドオプションにてブロックはみっちり鍛えられている。で、そんなオフェンスのせいで数字は伸びていないが本質的にはレシービングTEのはず。
 器用貧乏に終わる危険性もあるが、さすがにバーニッジと比べたらスピードは段違い……かどうかはコンバインで。

5-139 WR ステフォン・ディッグス Stephon Diggs(メリーランド) Jr 6-0/190
 ドラ1候補だった時期もあったが度重なるケガでだいぶ落ちた。どうせドラ1でハズレばっかり引くチームは、リスクの少ない所でこういう賭けをいくらでもすべき。
 オフェンスシステムに左右されるきらいはあるが、うまくハマればパーシー・ハーヴィンになれる何でも屋。この位置なら、キックリターンだけでも活躍できれば儲けもの。
 ダメなパサーに慣れている点も好材料(

6-173 FS エイドリアン・エイモス Adrian Amos(ペン州立) Sr 6-0/209
 Sとしては立派な体格の持ち主だが、ランサポートはからっきしでカバレッジ専門だそうな。タックルを体当たりで済ませてしまう癖があるのが弱点。
 ただ、当たり自体はさすがに強く、ニッケル/ダイムバックとしてバンプさせたらかなり活躍しそうとの評価も。手薄なSの控えにはハマる。一芸を磨け。

6-186 T ショーン・ヒッキー Sean Hickey(シラキュース) rSr 6-5/291
 元ドラ1ジャスティン・ピューの後を継いで、丸2年プラスアルファ(ケガの代役)の正LT経験あり。
 赤シャツ3年時には285ポンド前後でプレーしており、ドラフトアドバイザリーボードで軽さを指摘されたから即バルクアップしたそうで、現在は300ポンド前後かもしれない。向上心と実行力の持ち主。しかも上半身のパワーがあり、225ポンドベンチ(コンバインと同じ)は41回の記録を持っているそうな。 
 ブラウンズではもちろんGも視野。ルール設定上ここで指名できてるけど、もうちょっと上で消えそう。

7-204 C グレッグ・マンツ Greg Mancz(トリド) rSr 6-5/300
 昨年、MAC史上初となるCでのMVP受賞。チームのキャプテンであり学業も優秀。
 パワー不足が指摘されているが、高いプレー理解度で、完璧なポジショニングとミスのないブロックが評価されている。すぐに活躍できる選手ではなさそうだが、一年じっくり体を作ってマックの後継として育てる目的なら勝負する価値あり。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52066945
この記事へのコメント
ヒッキー6巡とか評価安すぎですよなあ(挨拶

2−43で取りに行くILBは悩みどころですね。うちは4-3だからその位置で皆残ってたら何も考えずマッキニーですが。
今年はCBに隠し球くさいのが少なくてつまりませぬ。謎のアーリーかましたUCFのジャコビー・グレンが3巡までスリップしてきたら音速でピックシたいところではありますがうーむ。
Posted by 真琴 at February 11, 2015 23:47
もうすぐQBコーチになるオコネルが騒動を…
今の職場で職務を果たしているだけで、ベリチックがやりそうなコトですが、サイドラインとの通信の件の処分が決まっていないうちにコレは…

個人的には1巡と2巡の順位を我らがVikesとスワップして2巡でマッキニーというネタを炸裂させて欲しかったのに…w
Posted by ニシ at February 12, 2015 09:57
昨晩、ドラフトデイを見てきました。
レイトショーということもあって、観客は自分とツレの他におばさまの計三名。
興行成績が非常に気になるところです。

映画は、あまりにファンタジー過ぎるのと、GMがプライベートな問題をドラフトデイに持ち込みすぎていて、から笑いしか出てこなかったです。

作中のブラウンズは、男気あふれる、まとも!なフランチャイズQBがいて、
現実ではきっちり指名したヤツを、リサーチして指名回避したり、
色々と希望にあふれているチームで非常にうらやましいですね。


現実のブラウンズの方は何なんですかね。
事実は小説よりも奇なりを地でいくような、
(悪い意味で)映画を上回るドタバタ5連続コンボで、ふて寝しかできません。

Posted by redhotburger at February 12, 2015 11:23
後れ馳せながらドラフトデイ見てきました。
そのあとで最近の色々を振り返るとくるものがありますな…。
最近、ブラウンズがシーズンチケットホルダーにあてた手紙というものを見たのですが、涙がちょちょぎれそうになりましたよ…
今度のドラフトではmentaiさんのようなピックを期待しています。
しかし、ステフォン・ディッグスはそんなところにいましたか。
Posted by ティティス at February 12, 2015 19:26
> 先発させるつもりで獲ったベテランQBと、新人デビューさせるつもりはなかった中巡QB。構図だけはあの時のシアトル。

マット・フリンとラッセル・ウィルソンですね。

1巡でQBを取って大失敗しているレイダースファンのvintaです(お互い様)。

マットは、その後レイダースに来て、先発争いに負けて、パッカーズに帰りました。

マット・フリンが活躍した例の試合のプレー選択は、ロジャースが指示していたという記事を読みました。

高く売って、安く買い戻す…、商人の基本だな。。

チクショー(コウメ太夫)!!。。
Posted by vinta at February 13, 2015 09:49
>真琴さん
キークリーはいなさそうですが、バラエティに富んでて予想が面白いメンバーです。
あとコンバインの注目はクレムソンのアンソニーですかね。反応はよさげなんですがスピードがあるのかないのかよくわからず。
今年のCBは全然わからないなあ。ゴルソンは小さ過ぎですか。

>ニシさん
あの件は静観中ですが、他チームの誰かが考えなしにイチャモンつけただけじゃないですかね…
オコネルがブラウンズと契約する前に、オコネルが本業に勤しんでいただけ、というオチのような。

>redhotさん
>ティティスさん
ドラフトデイは、今年のドラフトに喩えると、向こう3年のドラ1を渡してグレゴリーやレイあたりを指名する感じですかねw
リアルブラウンズを題材にしたら、問題が次々発覚したまま解決されずエンディングを迎えそうです。
ディッグスは、このまま忘れられた存在になるようだと2年後あたりにあっと驚く存在になるかも。

>vintaさん
確かに商売も上手いですが、まず買い戻すまでオフェンスが同じってのがブラウンズからしてみたら奇跡ですw
いいなあ長期政権。
Posted by mentai at February 14, 2015 21:48