February 01, 2015

新ポジションコーチ陣

 空席が埋まりました。

QBコーチ:ケヴィン・オコネル
 クビになったダウエル・ロギンズの後釜。
 2008年ドラ3でNEに入団。ジャーニーマンとして2012年SDを最後に選手生活を離れた……ってことで、まともなコーチ経験のない20代(29歳)が大抜擢された。
 ペティンやデフィリポとは、ジェッツ時代に選手として同じチームに所属。またホイヤーとは、09シーズンにブレイディのバックアップを争った因縁あり。この争いに敗れ、結局僅か1シーズンでカットされた因縁あり。

 なんでこんなんが抜擢されたかというと、ひとえにジョニーとのつながりと思われる。ブラウンズ入団前に、ウィットフィールド・アスレチックスというQB育成アカデミーでジョニーを指導した間柄。このウィットフィールド・アスレチックスは、かつてドノバン・マクナブやキャム・ニュートンが指導を受け、今年の候補ではブライス・ペティも入門している実績のあるアカデミーだそうな。

 ファンとしては「とうとうここまで来たか」と暗澹たる気持ちにはなりますが。でもジョニーと心中ならそれくらいやらないと仕方ないのであろう。オコネルも、超ラッキーとは思いながらも「臨時コーチ」くらいに受け止めているかもしれぬ。もちろん名指導者である可能性もあるが、単に良くも悪くも実績がないからであって、その期待は闇雲に過ぎる。QBコーチって、OCからHCへの最短距離ともいえる要職なのにな。
 あと、ホイヤーはてめえに負けたQBの教えなんて乞いたくないだろうという別の影響も考えられる。ブラウンズはホイヤーとの再契約の僅かな可能性を自ら断ち切ったのか。それとも意外に二人は気心通じたフレンズなのか。


WRコーチ:ジョーカー・フィリップス
 シャニーの後を追って去ったマイク・マクダニエルの後釜。
 現在51歳で、カレッジでは、88年のケンタッキー大院生アシスタントを皮切りにコーチ実績豊富。2010年から2012年までの3年間はケンタッキー大学HC。つまり今年UFAになるWRランドール・コッブとは一応師弟関係にある。2013年はフロリダ大学のOC兼リクルートコーディネーター。昨年は、正式な職はなかったが北イリノイ大で指導を行っていたそうな。NFLコーチはキャリア初。
 オフェンスは、ひとつのシステムに拘泥しないバランスアタックを信条としていたようなので、比較的教えられる範囲は広そう。過去のインタビュー動画などを見ても、ユーモアがあってエネルギッシュな印象を受ける。

 現政権との繋がりでいうと、フィリップスがケンタッキー大学の選手時代に、デフィリポの親父が同大のコーチングスタッフに名を連ねていたという、繋がりがあるんだかないんだかよくわからない関係。


シニアオフェンシブアシスタント:カート・ローパー
 知らん間に消えたジミー・レイII世の後釜。
 来年のブラウンズは守備畑HCと(NFLでは)一年生OCとの組み合わせのため、補佐役必要だよなあと思っていたけどこれは想定外。NFLのコーチ歴ゼロなので、役職を設けた目的は別のところにあるのだろう。

 昨年はフロリダ大学OC。院生アシスタント期間を終えたばかりの99年にいきなりオールミスのOC兼QBコーチに就任し、イーライ・マニング育成に貢献するなど、若いころから才能を高く評価されてきたようだが、カレッジHC経験はなし。最も長い仕事は08-14のデューク大OC兼QBコーチ職で、ここではサディアス・ルイスを育成。
 05年には、ケンタッキー大学にてOCジョーカー・フィリップスの下でQBコーチとして一年働いている。今回のブラウンズコーチ探しでも、当初はQBコーチ候補として、オコネルと競う立場で名前が挙がっていた。普通に考えればQBコーチはローパーのほうが全然いいと思うけど、そこは一筋縄でいかないジョニー補正が考慮されてしまったのだろう。でもそんな理由で断るのは惜しい、ってことでの新職就任か。
 いずれにしても、OCやQBコーチの経験値がアレなので、前任のレイよりは役割が大きいと予想される。OC補佐とQBコーチ補佐の両方を担うとすると、ローパーオフェンスの基本は、QBオプションも織り込むインサイドゾーンとスプレッドオプション。ただしパスはロールアウトからの短いクイックパスなど簡単なもの中心で、ゾーンランによるディフェンス攪乱からのオープンレシーバー生成を目指す、などシャナハンシステム風味が多分に含まれており、机上ではジョニー向き。ローパーがコールを出すわけではないが、こういうオフェンスを指向するからこその採用と読めば歓迎できなくもない。特にゾーンラン多用の部分。


感想
 ポジションコーチだからそんなに重く受け止める必要はないのであろうが、それでもやはやり「ジョニーがいるとこんなんしか集まらんのか」との思いは拭えない。実際の能力や将来性はともかく、アカデミー講師、無職、カレッジ職クビ(NFL経験なし)の三役揃い踏みですから。NFL職ならとりあえず飛びつく連中ばかりという。
 評価しようのないコーチばかりなので、あとはもうペティンの眼力に託すほかなし。せめてコーチ陣に一体化してもらうことで去年からの改善を見せてもらわんと。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52065354
この記事へのコメント
アメリカでsuper weekendを味わいたくベガスまで来てみましたが、
Patsファンとhawksファンが肩で風を切って、罵りあうのを妬ましく見守るばかり。

早く強くなりたい!!

ゴーブラウンズ!と二度ほど励まされました
Posted by redhotburger at February 01, 2015 11:56
うらやましい、、、

ウチは篭っている宿でBSが見れず、更にゲーパスも無理な状況です

除雪って言葉キライ(笑)

来年こそは食堂のテレビにネット繋げてゲーパス三昧になりたい!
Posted by やぎ at February 01, 2015 17:27
こ れ は ひ ど い 。

いくらなんでも下積みなしのQBコーチとか来季を捨ててるようにしかみえませぬ。
もういっそ評価下落気味のマリオタ取りに行って…も育てられないので、6Mくらい積んでホイヤー残して、ジョ何とかさんはFBコンバートしましょう。
いやまじめにそのくらいのことしないとフランチャイズへの悪影響大きすぎて……
Posted by 真琴 at February 01, 2015 18:23
映画「ドラフト・デイ」はもうご覧になりましたか?
自分は今日見に行きましたが、最初から最後までニヤニヤしっぱなしでした。ドラフトマニアのmentaiさんならさらに楽しめそうです。ただ、主人公がCLEなので、現実と比較しそうだけど……

ちょっとネタバレすると、超即戦力級のQBが出てくる試合の動画を見て「奴こそ現代のロスリスバーガーだ」と言うその台詞だけで、チケット代に十分見合う映画でしたよ。ええ。
Posted by ぶっくまん at February 01, 2015 20:04
いやその育成アカデミーで育てられなかったから今のジョニーなのであって、そこの職員を雇ってどうすると言う大きな疑問が思いっ切り湧いてきましたが。

NFL HONORSで、NBCの長寿コメディー番組サタデーナイトライブ出身のセス・マイヤースが司会だったのですが、オープニングモノローグでいろんな選手やオーナーコミッショナーを弄る中で、特にJohnny footballじゃなくてJohnny college footballだと言っていたのは大笑いしました。このモノローグはお勧めです。是非とも大本営サイトでご覧ください。

Posted by LiCaK at February 02, 2015 01:08
いろいろツッコミできる人事ですね。

ただ、ジョニーと共に未来は拓ける…、と思っているので、何としても育てようという意欲はあるとおもいます
Posted by vinta at February 02, 2015 08:07
>redhotさん
ベガスからですか。羨ましい!
確かにベガスみたいに他にも興味のある街並みなら、ブラウンズが出てなくても行きたいなあ。

>やぎさん
お疲れです。
ゲーパスが映る宿ならぜひ訪ねたいです。

>真琴さん
賛成反対はともかく、これがジョニー対策じゃなかったら単なるアホ人事ですからね…
フロントが彼によほどの素質を見抜いた、という低確率に期待するしか。

>ぶっくまんさん
もちろん観ましたよ。
あのシーンは、同地区ライバルのQBが出てくるあたりが、いつもやられている感じが出てリアルでしたね。

>LiCaKさん
そこをオコネルの責任にするのは酷でしょう。だからってQBコーチにするこたありませんがw
ジョニーのニックネームは色々バリエーションがありますね。Johnny cannotplay Footballとか。

>vintaさん
オフのQB補強は注目ですね。
3月に確保するのは確定といっていいですが、誰をとるかによってジョニーの扱いも見えてきますね。
Posted by mentai at February 02, 2015 21:58