January 04, 2015

‘14/’15回顧と展望 TE編

 時差ボケ起こすほど昼寝してしまった。本日ここまで。

【14回顧】
ジョーダン・キャメロン
  10試合9先発 24回424yd(平均17.7)2TD
ジム・ドレイ
  16試合8先発 17回242yd(平均14.2)1TD
ゲーリー・バーニッジ
  13試合2先発 13回156yd(平均12.0)


 ゴードン不在により、開幕からメインターゲットとして大いに期待されたキャメロンだったが、彼もまたブラウンズのお約束を裏切ることなく、2年連続では活躍できなかった。原因がケガなので致し方なしだが、3度目の脳震盪で将来の雲行きまで怪しくなってしまった。同期同ドラ巡同ポジ同年ブレークのジュリアス・トーマス(DEN)とはえらい差がついてしまった。長期契約は当たり前、これから上昇気流に乗るブラウンズに欠かせない存在になると思っていたので、今の状況はボディブローのように痛い。
 FA加入したドレイは、パスレシーブの上手さが異常。ブロックも、ビッグプレーを演出するほどには目立たなかったが献身的。ただ自力でオープンになる力は全くなく、レシーブを記録するのは相手がノーマークでフリーになった場合のみ。全試合出場も果たしたし、持っているものはほぼ余すところなく出してくれたと思われ、元よりパスターゲットとして期待するほうが間違っているのであろう。内野安打的補強成功。バーニッジもだいたい同じ。
 結局シーズンは3人で回したが、シャニーオフェンスは12パーソネルと21パーソネルの多いこと多いこと。バックスに2名配置するフォーメーションも、多くはTEがモーションしたもので、スナップ数でいけばドレイもバーニッジもかなり出番は多かった。それだけに数字は物足りないが、この2人はこれがおそらく限界。もう少しシステム適性の高いTEを探すかもしれない。


【15展望】
 構図は単純。ドレイもバーニッジもエースに昇格することはない。よって、契約終了でUFAとなるキャメロンと再契約するか、さもなくば新エースTEを確保するか、だけの判断となろう。

 キャメロンは、迷わず再契約交渉とはいかない難しい立場になった。後継者のアテもないし、最優先で交渉したい選手のはずだったが、上述のケガにより、とてもじゃないが大型長期契約を結べる状況でなくなった。また今年の貢献度の低さと、過去に1シーズンとはいえ大活躍したことによる市場価格とが釣り合わないパターンなのでなかなか残留を想像しづらい。さらには本人が西海岸に戻りたがっているらしい。

 以上を踏まえてキャメロンとの決別シナリオを考えるも、見通しは明るくない。FA市場は品薄で、ジュリアス・トーマスは出てくるはずがないから、あとエース級で可能性があるのはCINのグレシャムくらい。
 ドラフトもまたえらい不作で、ドラ1候補はどこを見渡してもいないようである。ただ、現代NFLで「ドラ1TEがいない」ってのは、スピードを持つレシービングTEがいないことしか意味しないので、バランスタイプならそれなりにいるだろう。それにどのみちブラウンズはドラ1をTEに使っている場合ではないので、KCのトラヴィス・ケルシーのような存在をうまいこと見つけられるかの勝負。
 CBSランキングにはまだ出ていないが、先日赤シャツ2年生としてアーリーエントリーを宣言し、トップTEに一気に躍り出るのではと注目を浴びているのがマックス・ウィリアムズ(ミネソタ)。こちらこちらの動画のようにとにかくプレーが変態。変態マックスとしての素質十分である。元NYGのセンターだったブライアン・ウィリアムズの息子で、名前のマックスは”Maxx”とxが2つ。実績がほとんどないので1巡までは行かないと予想するが、どこまで上がってくるか楽しみ。いや上げてもらったら困るけど。
 対抗馬は同じくスピードがありそうなクライブ・ウォルフォード(マイアミ大フロリダ)。あとは堅実そうな選手はいるが結構地味目。
 あと一人だけ、フロリダ州立のニック・オリアリーは現在レシービングTEとして売っているが、ガタイが全盛期のペイトン・ヒリスのようでちょっと気になる。試合を見ていてもRACがぶちかまし系なので、ブロッカーとして機能しないものか。実際のブロッキングは4年生になってようやくマシになった程度らしいが、Hバックとしての素質はありそう。でもそれなりに上位にきそうだからちょっと勿体ないか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52061317
この記事へのコメント
レイブンズがペッツに負けるのはかまいませんが、沢山の傷跡を残してほしい。とりあえず、ブレイディとグロンコとエデルマンと島人とをぶっ壊s(ry

ジュリアス・トーマスはランブロックがど下手なので、ラン攻撃重視に傾きつつあるブロンコスではエブリダウンプレイヤーでは無くなりつつあり、契約交渉の行方によってはRFAになるかもしれません。何がしかのテンダーオファーは付けるでしょうけど、今シーズンは怪我がちで、TDレシーブ数以外の成績も下降気味でしたし2巡をつけるかどうか。こちらとしては、クリス・ハリスJrのような長期かつ比較的低価格契約を結んでほしいところですが。
Posted by LiCaK at January 05, 2015 01:51
こんにちは。ジュリアスはUFAですし、ブロックの貢献度が低いのとパスゲームでも要らない子になってきました。さらにデメアリアス・トーマスやテレンス・ナイトンもUFAなので市場に出てくる可能性は高いのではないかと思います。mentaiさんの記事を見る限りシャニーオフェンスへの適応力は低いんじゃないかなー?と思います。
Posted by K猫 at January 05, 2015 10:12
K猫さん
仰る通り、ジュリアス・トーマスはUFAでした。誤った情報を書き込んでしまい、申し訳ありません。
Posted by LiCaK at January 05, 2015 12:26
デマリアスもUFAでしたか。であれば手が回らなそうですね。

キャメロンもランブロック能力はゼロに等しかったので、#1TEにはそんなに求めないかなーという気はしますが、それも程度問題ですね。
そこまで酷いようなら回避かも。
Posted by mentai at January 05, 2015 22:33
TEはドラフトニーズではあるので、さらりと予習に入っていたところだったので、ミネソタのTEがドラフト上位候補というところまでは情報を入れてましたが、まさかあのブライアン・ウィリアムズの息子とは!
もうこれは完全にロックオンです。
Maxxのダブルエックスも琴線に触れまくってます。
Posted by Gmen at January 07, 2015 03:25
ジョーキャメ来日してたみたいですね。
富士通でQBやってる弟応援してたそうな。

ここ一番でバーニッジは仕事してた印象。
来期は様子見でしょうな。
Posted by oilman at January 07, 2015 11:02
>Gmenさん
ダブルエックスいいですよねw
超ランヘビーオフェンスのチームだったので、まだまだ底を見せていない感じがあるのも楽しみです。

>oilmanさん
来日は事前に知ったのですが、驚くほど試合に足を運ぼうと思わなかったですねー。
根が引きこもりなのも困ったものです。
Posted by mentai at January 07, 2015 19:44