January 03, 2015

‘14/’15回顧と展望 QB編

 明けまして組閣話をしなくていいのは久々な2015。

 本年も弊留置場は、ブラウンズのいないプレーオフなど完全スルーというプレースタイルを貫き、新春早々に前年回顧に移行するものである。開設以来ブラウンズのいるプレーオフなんて一度もない、という指摘は非常にいただけない。


【14回顧】
ブライアン・ホイヤー
  14試合13先発 242/438(成功率55.3%)3,326yd 12TD/13INT レーティング76.5
ジョニー・マンゼール
  5試合2先発 18/35(成功率51.4%)175yd 0TD/2INT レーティング42.0
コナー・ショー
  1試合1先発 14/28(成功率50.0%)177yd 0TD/1INT レーティング55.2


 大して走っていないのでランスタッツは割愛。

 7年ぶりシーズン7勝の功労者はホイヤー。今季最大の誤算もホイヤー。前半の活躍が予想以上ならば、後半の失速も予想以上。
 一時期は11TD4INTの好成績で、リルシャニーのプレーコールともシンクロしてリーグ屈指のロングパス成功率を誇っていた。しかしWeek10のCIN戦を最後に調子が急降下し、以降は1TD9INTの乱調ぶり。3試合連続のTDパスゼロ&複数INTは、過去のインターセプトファンタジスタ、チャーリーやデレックやウィドーンでさえも到達したことのない谷であった。ムラのあるQBだとは聞いていたがまさかここまでとは。
 そのせいで、勝ち越し中で一応プレーオフレースに生き残っていた段階で先発QB交代論が沸き上がる異常事態に。なんとか1試合は見送ったものの、ホイヤーがそれでも立ち直れず、とうとうジョニーの登場。

 今振り返れば、ジョニーがBUF戦にちょろっと登場してあっさりTDドライブを演出したのが甘美な罠であった。ガーベッジタイムでのTDだったにもかかわらず、小生を含めたファンのみならず、フロントまでもが騙された。

 先発就任後のジョニーについては見なかったことにしたい。

 そのジョニーもWeek16にハムストリングを痛めてわんわん泣いてシーズンエンドとなり、最終戦はエピローグよろしくショーが登場した。
 それまでファーストチームと練習したことさえないショーの出来はというと、最後はできもしないロングパスを余儀なくされて力尽きたものの、3Q まではランを中心にして致命的なミスもなく(ファンブルロストはあったが浅い傷で済んだ)、足を使って窮地を凌ぎ、サードダウンもデザイン通りに丁寧にクリアするなど、バックアップQBのお手本のようではあった。JT御大も、最悪の状況下での奮闘ぶりを絶賛。少なくとも某ジールよりもチームメイトからは受け入れられている様子であった。
 一方で、肩の弱さが絶望的な天井の低さを示したパフォーマンスとも言え、来年のロスターが約束されるほどの内容でもなかった。来年は再びPS脱却を目指すところからのスタートだろう。


【15展望】
 全ポジション中最大の難問。
 ホイヤーは2年契約が終了。開幕当初は、ぼちぼちやればバックアップ契約、しなければ後ろ髪引かれることなくサヨウナラの二択だから簡単な話だろうと思っていた。まさかこんなもどかしい状況になるとは夢にも思わなんだ。
 QB情勢は非常に複雑で、

 1. ホイヤーは先発待遇でなければ絶対に残らない
 2. でもさすがに先発確約は不安だらけ
 3. 補強しようにもオプションが限られている
 4. 補強に対するジョニードラ1指名の足枷
 5. ジョニーヤバイ
 6. 当時ジョニー指名に狂喜乱舞したせいで社会的信用を失ったファンの出現
 7. 市場でホイヤーを高く買うチームの見通し

などの要素の複合体。
 もちろん無責任なファンからしたら簡単な話で、「汁なんてトレードに出しちまえ。そういえばウチはFBが必要だな」ってなもんである。
 しかし、てめえらの判断で1巡指名し、おそらく2015年の開幕先発を想定していたフロントにとっては難しい決断だろう。少なくとも、次のキャンプを待たずしてジョニーに見切りをつけるとは到底思えないので、やはりホイヤーの残留は極めて可能性が低いと予想する。
 そもそもホイヤーは前政権の遺産で、リルシャニーが欲しいタイプかどうかという根本的な問題がある。走りながらのプレーはホイヤーの得意とするところでなく、残留に向けての逆風。よりフィットするチームは確実にある。
 7については、彼のチームのオフェンスシステムをよく知らないのにあまりいい加減なことは言えぬが、B国が興味を示せば面白そう。オートン引退のダメージを最小限にとどめるくらいの働きはしそうだけど。

 ホイヤーがいないと仮定したところで、ジョニーにチャンスを与えるのはいいけど心中なんてまっぴら御免である。多少足下を見られようとも、先発経験のあるベテランQBの確保が必須。
 こちらは昨年末の記事だが、グロッシ氏がクリーブランド近郊のレストランでWASのカーク・カズンズを見かけたという情報(ちなみに同じ記事にて、ホイヤーのロッカールームからネームプレートが外されていることにも言及されている。これはホイヤーが「念のため」取り外して持ち帰ったものらしいが、すでにフロントの態度から何かを感じ取っているのかもしれない)。
 ニュースはただそれだけの話だが、カズンズといえば、「RG3が来年も先発ならトレードに出してくれ」と言ったとかなんとか噂されており、実際に控え争いでもコルトの後塵を拝しているようなので、放出の前提条件は整っている。リルシャニーとのつながりもある。
 カズンズ以外では、QBコーチのロギンズつながりでジェイク・ロッカーも考えられる。ケガしまくってNFL人生の危機だから待遇についてあまりぎゃあぎゃあ言わんだろう、という読みもある。先発待遇を求めてきたら「おまえ年間で7試合しか出られねえじゃねえか」と一喝すれば黙るに違いない。
 あとは、シャニーオフェンスに合うとは思えないけど経験値優先と割り切ってショーン・ヒルとか、デッドマネーが許容範囲になってきたSTLがブラッドフォードを切ったら……とか、かように選択肢に乏しいオフであるが、それでも積極的にとりにいかないといけない。

 ジョニー騒動の後、ジミー・ハズラムオーナーが「ジョニーが次にチャンスを与えても応えなかった場合は」といった主旨の質問を受けて、いみじくも「ドラ1だろうと特別扱いしない」と発言。特別扱いしないならば2年連続のドラフト上位指名だってあり得よう。さすがに連続1巡はやり過ぎだとしても、3巡あたりまで待ったうえで目をつけたQBが残っていたら指名しそう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52061074
この記事へのコメント
あけましておめでとう御座います。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ホイヤーってショートパス投げ分ける能力、ターゲット見つける能力的にはどんなもんなんでしょうね?

以前から自分も強く感じていたものの、大スポンサーFORDとの縁か、ウチには甘めのFOXのpower rankingsでも、その評で“Joe Lombardi’s unit stresses the short passes, but Matthew Stafford’s skill set might be best fit for a vertically attacking offense.”とありまして、自分は弱肩でもWASからFAになる見込みのマッコイかなぁと思ったものの、彼はクビを傷めてるみたいですので。
Posted by Liger at January 03, 2015 18:04
もうHCの考え方ですよね。
今のマンゼールでリングを取れる訳はない。
でも他も補強しなきゃいけない。
どっちにしても数年スパンじゃないとプレーオフさえ難しい。
ここまで来るとオーナーの資質です。

時間はかかりますが、ラインからやっていくのが良いのでしょう。
CLEの場合はDLですかね。
ドラ1QBとか勘弁して欲しいです。
フランチャイズQBは戦力が整った後なんだけどなぁ。
Posted by くろたん at January 03, 2015 22:39
今年もよろしくお願いします。(喪中につきお決まりフレーズは自粛中)
お互い、結局は通常モードでの新年ですねえ。まあ、ウチはクソHCがまさかの逃亡で、思わぬ展開になっておりますが。。。

>彼のチームのオフェンスシステムをよく知らないのにあまりいい加減なことは言えぬが、B国が興味を示せば面白そう。オートン引退のダメージを最小限にとどめるくらいの働きはしそうだけど。

クソHCの子飼いOCも放逐決定的で、次のHCはオフェンスマインドの人材を連れてくるでしょうから、その人次第ですね。
シュヲーツさんキープなら、J.ヒューズが離脱したとしても守備は相変わらず安定しているのではと思います。キコちゃんも戻ってくるんで。
そうなると、堅実にランを進めてボールを守るという王道フットボールでしょうかね。

ただ、いずれにせよ、来季も計算していたオートンがいなくなり、指名したGMがその責任問題が問われているマニュは既に計算外な感じですから、このオフのQB補強は必須。とはいえ、ドラ1もないので、FAでの補強は必須なんで、市場価値の高そうなホイヤーは魅力的ですよ。
レシーバーの数も揃ってきましたから、投げ分けるスタイルもフィットしそうかと。ランが機能すれば、ホイヤーのスタイルは活きそうな気がしますけど、いかがですかね。
Posted by びるずだいなすてぃ at January 04, 2015 10:55
>Ligerさん
ホイヤーはポケット内でなら、ターゲット切り替え能力は極めて高いと思います。そういうオフェンスをやっていた2013シーズンでの2試合ちょいのサンプルですが。
投げ分け能力はどうですかねえ。とにかく調子の波が激しいQBで、いい時はショートだろうとロングだろうと絶妙です。基本的にコントロールは悪いと思います。

>くろたんさん
フランチャイズQBがラストピースって聞いたことないなあ。
とりあえずフランチャイズレベルでなくてもいいのですが、平均レベルへの到達すら遠い道のりになりそうなのが悩ましいところです。
まあ来年はDL最優先でしょうね。

>びるずだいなすてぃさん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
ホイヤーの持ち味は役割に対する意識の高さだと思うので、ゲームマネージャーに徹すればかなり安定するでしょう。
パサーとしての能力はアレなので「お前がなんとかせい」という状況だとB国戦のような感じになりますがw
B国だったら心置きなく応援できるんだけどなあ。
Posted by mentai at January 04, 2015 17:19