November 19, 2014

ベリーショートライフオブテイト

 まさかの1年もたず。

 というわけで、先日2キャリー9ydロスという金字塔を打ち立てたRBベン・テイトがさくっとカットされた。オフに契約した時は、こんなにフィットするRBはおらんやろう、ケガさえしなければ1000yd確実、と手放しで喜んでいたのに無念である。
 地元ファン称賛やジョニー擁護などの積極発言で、待ちに待たれたFAだったこともあり早くからファンに受け入れられていたが、溶け込んでいたが、キャンプでの「俺に並ぶRBなんていねえ」発言や、最近の3RB体制への不満など、ネガティブな発言も目立っていた。基本的に黙っていられない性格なのだと思われ、チームに不協和音を生んだことがカットの原因になった、という推測がカット理由の本命。いくら調子が悪いからといって今切る理由は一つもない。

 だいぶ離れた対抗馬予想としてのカット理由は、ケガによって本来の動きが完全に失われた、というもの。確かにここ数試合の数字は酷いもんである。ただ、HOU時代のキレッキレの動きは最初からなく、どちらかというと冷静な判断力でヤードを稼いでいたのがシーズン序盤。動き自体が急に悪くなったとはあまり思えない。

 テイトの2年6.2Mの契約内訳は、サインボーナス1.5M、2014ベースサラリー1M、2015ベースサラリー2.2M、試合毎のロスターボーナス1.5M(毎試合32分の1ずつ支払われる)、というもの。これに加えて、獲得距離のインセンティブがあったようである。
 最低保証はロスターボーナスと今季サラリーの計2.5Mだけで、来年のデッドマネーはサインボーナスの半分である750K、という親切設計となっていた。
 この「いつでも切れる」契約、フロントは何かを知っていたと勘繰らざるを得ないが、このあたりはローカルニュース待ち。どっちゃにしろサヨウナラ。

 今後、テレンス西とクロちゃんの二本立てでいくことになるのだろうが、忘れちゃならない第4の男、だった第3の男グレン・ウィンストンをアクティブロスターに入れるのかどうかが気になるところ。噂ばかりでまだ走りを見ていないので、ちょっとでいいからキャリーさせい。


ILB ザック・ダイルズ、DT ジャコビ・マクダニエルがロスター入り
 ダイルズはオフのブラウンズキャンプに参加。カット後、古巣のHOUで1試合だけ出場していたらしいが、すでにカットされてタイミングよくストリートを徘徊していた。ダンズビーが戻るまでILBはカークシーとロバートソンが先発となるが、このどちらかまでもがケガしたら、多少なりとも守備を理解しているダイルズくらいしか選択肢がなかった。
 マクダニエルは今季PSとロスターを行ったり来たり。フロントが「なんとか活かしたい」と気に入っている様子は伺える。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52054031
この記事へのコメント
これもうわかんねえな

いやほんと、RBが消耗品どころか季節商品にまでなってしまった現状は本人たちも関係者もファンも辛いですね。ステイシーもいつまで腐らせとくのかねえ。

ダンズビーはキツツキに残ってたらスーパーリング貰えたかも、って野犬だってまだまだチャンスありますよね、失礼しました。
Posted by SLEEP at November 19, 2014 23:53
Tateにカットされる理由があるにせよ、
来期以降も引き続き、活きの良いFAからは敬遠されそうな予感。
Posted by redhotburger at November 20, 2014 00:58
>SLEEPさん
テイトがこの扱いですからねえ。よっぽどロッカールームの癌だったのか。
ARIはスタントンでスーパーとったら新機軸ですね。

>redhotburgerさん
少なくともRBには高額投資しないんでしょうね。
その他はカネさえ積めばなんとかw
Posted by mentai at November 20, 2014 21:31
うちのスタジアムからストリートに出て行ったルギャレット・ブラントとかどうですか?
Posted by ぶっくまん at November 21, 2014 12:44