October 22, 2014

犬カッツ

 もしかして「先発した翌週カット」ってチャーリー以来か?

FB レイ・アグニューをカット
 ちょっと驚きのタイミングではある。ランオフェンスは問題点から最も遠い場所に位置しているところ、FB交代とは。
 ただ、小生が見ていた限りで、今のランゲームに対するFBの貢献度は高くなかった。そういうデザインなのかRBはアグニューの後ろに全然ついていかないし、特に最近は2RBセットだとプレーアクション、というパターンが出来上がりつつあり、全然機能していなかった。2RBをやめてそのぶん全部3TEで行けと思っていたくらいである。
 要するに、アグニューの良し悪しを判断する以前に、アグニューを生かすコールがほとんどなかったため、何で開幕に生き残って先発までしてたのか、ついぞわからずじまいのFBであった。おさらば。


代役はFBキエロ・スモール
 PSからの昇格。オフシーズンにワークアウトに呼んだりしたためブラウンズのドラフト下位指名も予想されていた選手だったが、実際にはSEAから7巡指名。しかしキャンプで生き残れず、開幕前にカットされたところをブラウンズが拾ってPS入りしていた。
 公称5-8/244とかなり低いFBで、特殊な使われ方をしてきたのかと思いきや、意外に正統派のリードブロッカーである。アーカンソー大時代は、パスプレーのシングルバックでも起用されるなど、ブリッツピックでも信頼されていた。バチコーンとはなかなかいかないが、ちょろちょろ動き回ってブリッツレーンを邪魔して時間を稼ぐ感じ。
 アグニューと比べると、これまでプレー理解度の面で後塵を拝していたと想像されるが、ブロッカーとしてアグニューより落ちるとは思わない。多少万能性は高く、純粋にアグニューよりは速いのでパスレシーブ後のRACには多少期待できるか。トリックプレー的にたまーにボールキャリーもあるかも。


DTジャコビ・マクダニエルをカット
 PSから昇格した翌週にカット。空いた枠に入ったのはTEジェレル・ロビンソンで、マクダニエル昇格の際にカットされた選手。つまり僅か一週間で元に戻しただけ。
 ルービンあたりの復帰が見込めるというサインかな。

<これをアップした直後の追記>マクダニエルは無事PSに戻し入れられました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52049022