July 12, 2014

90ロスター概観 WR編

 WRの動きに関する噂は消えていないが、電撃的なものはなさそうなのでやってしまう。
 今年のクリーブランドはレブロン・ジェームスとアンドリュー・ホーキンスがアツい。

 今のWRロスターは構造がとても複雑なため、選手名の前に番号を振った。デプス予想ではなく、あくまで開幕ロスター入り確率が高いと個人的に見ておる順。

<ギャグでなくトップ>
1. アンドリュー・ホーキンス

 CINのWRがオーバーフローしたお陰で獲得できたRFAが他所でナンバーワンってどうなのよ。しかしこれが現実。
 トップだからってエース級の働きはしなくていい。ドープのベスに去年期待したことをやってくれればよし。

<新政権による評価不明>
2. トラヴィス・ベンジャミン

 レシーバーとしては香車型であり、たぶんリルシャニーが好きなタイプではないと思う。今の泣けてくる布陣でもなお、それほど出番をもらえるとは思えない。
 しかし、リターナーとしてほぼ当確と予想せざるを得ない。よってナンバーツー。どうなのよこのワンツーフィニッシュ。
 なお昨年のACLからまだ練習には復帰していないが、開幕は大丈夫との由。

<比較対象がリトルというハードル>
3. ネイト・バールソン

 開幕に間に合うとの報道を100パー信じるならもっと上でもいいが、トラベンと違ってケガしたのがこの春だし、中立的に判断して今はこのあたり。
 開幕にぴったり合わせて仕上げてくれるベテランであり、シーズン序盤を支えてもらわな困るピッツァ。

<もう一花>
4. アンソニー・アームストロング

 現ロスターでは唯一、シャニーオフェンスを直接経験しているWR。
 ホーキンスと並んでトップクラスに評判がよい。まだミニキャンプを終えたばかりで、メディアの評判はあまり信用できないとはいえ、リトル、クーパー、ガーリーと切られていった中で残っているので、それなりの期待感はある。
 
<暫定>
5. マイルズ・オースティン

 ケガから完全復活できるのなら、多少の衰えを加味してもエースターゲット候補筆頭。
 しかしビッグイフ。
 ミニキャンプも欠席しとるし、完治する保証的な記事が全くない現時点ではなんとも。

<実績皆無なのに結構上位>
6. チャールズ・ジョンソン

 ホーキンスやらアームストロングやら、フィールド中央で手を抜かずに動き回れるスクランブラーの友達、もしくはパッケージプレーのバブルスクリーンからRACに期待できるパスターゲットをシャニーが好んでいるのはわかった。
 だがそれはゴードンタイプが不要であることを意味しない。意味しないけどそれらしきタイプの選手が全然いない。
 ゴードンに近いサイズとディープへのスピードがあるのは(噂では)この方だけ。

<ドラ外に本当に頼らなならん事態>
7. チャンドラー・ジョーンズ
8. ウィリー・スニード
9. ケニー・ショー
10. ジョナサン・クラウス
11. テイラー・ガブリエル

 ブラウンズがごっそり持っていきやがったと評判のドラ外WR陣。「誰かが開幕ロスターに入る確率」ならば相当高そう。
 何もわからない現時点では、大学時代の実績を重視して並べてみてこんな感じ。クラウスとガブリエルは、どちらかというとトラベンにタイプが近い、縦が得意なディープスレットとの由なので多少落ちるか。

<不利>
12. コナー・ヴァーノン

 昨年のOAKドラフト外で、開幕前にカットを食らい、ブラウンズには最終戦直前にPS入り。
 正確なルートランから短いパスを捕りまくる非アスリート系ポゼッションレシーバーで、プレーが崩れた際にディフェンダーを振り切ってオープンになるほどの動きはない模様。先日カットされたジョシュ・クーパーとかなり被るのでタイプ的にも不利か。

<最下位つーか確率0パー>
13. ジョシュ・ゴードン

 まず念のため、先日の飲酒運転での逮捕は、7月下旬に下される予定の出場停止期間とは無関係。ただ、そのチームの目が届かない出停期間中に絶対またやるでこいつ、と世に疑念を抱かせたのが一番のアウト要素。
 ゴードンをカットせいという意見やカットされるだろうという予測も飛んでいるが、カットするメリットに比べてリスクが絶大である。特に、Bで始まるチームとかがダメモトで獲りにいったら目も当てられない。使えなくてもいいから現契約の満了までチームには残しておいてほしい。ブラウンズで復活するかブラウンズで干されるかNFL人生を終えるかの三択以外は認めない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52031230
この記事へのコメント
ゴードン放出されたら、B国ではなくてD国とか虎さんの更生施設がとりそうかなーと(^^;;
将来の殿堂候補にゴードンなんてダメ元でも当たれば恐怖、外れてもノーリスクなだけ…だったら留めておいたほうが懸命
と、判断するのかどうか
素行じゃなかったらうちの兄者のターゲットに欲しかった>_<
Posted by K猫 at July 12, 2014 23:02
ゴードンはもうダメかも知れませんね。
ウィトナーが熱いことを言ってくれたのはいいんですけど、悪い友人との付き合いを絶つのが前提になるわけで、完全にダメダメフラグが立っているじゃないですか。
こうやって考えてみるとホーキンス獲りにいってよかったですね。でないと、ロスター確定1位がベンジャミンというとんでもないことになっていたわけで。この辺りもブラウンズらしいといっちゃブラウンズらしいのでしょうが(ぉい ところでベネットは何がいけなかったのでしょうか?

いっそのこと、オボちゃんをWRに転向させたほうがいいじゃないかと思う今日この頃。でも、やれるんだったら去年辺りにはスプロールズぐらいにはなっていますよね。

Posted by フリ歩 at July 13, 2014 21:43
仮に解雇してもBAL取りますかね〜
あ,Bから始まるチームってBUFという可能性も。。。もっと無さそう。。。
PUP/Suspendedでロスター枠消費しないのであればぜんぜん取ってくれてかまわないのですが,
こういう選手に手を出すのはNEくらいなんじゃないかと思っています。
Posted by 白鯖 at July 13, 2014 23:24
Gordon
同地区でなくても、DenverやNEで華麗に復活とか普通にありそうなので、
再々々度やらかしても、飼い殺すべきですね。
もちろん、奇跡の復活希望です。
Posted by redhotburger at July 14, 2014 09:56
>K猫さん
あ、すみません。B国じゃなくて同地区のBチームのことでした。
B国で復活するのは、移籍シナリオとしてはベストですねw

>フリ歩さん
おっしゃる通りです。
今回の逮捕は、悪いトモダチを断ち切れないことを証明したようなものですね。根が深いというか、アウト感は今回の逮捕が一番強いです。

ベネットは、あんなに早々に切られたということは、脳震盪なんかのせいで全盛期に程遠かったのでしょうね…

>白鯖さん
Bチームは、同地区が嫌がることをすることに関しては徹底してますのでねw

>redhotburgerさん
そうです、飼い殺し必須です。
似たような道からブレークしたクリス・カーターがゴードンを擁護しているらしいですが、彼の説は「移籍後に復活」が前提ですしw
Posted by mentai at July 16, 2014 23:04