July 05, 2014

90ロスター概観 フロント7編

 ジョニーがジャスティン・ビーバーと邂逅。やっぱりムジナーズオブセイムホールだっか。ビーバーだけに。
 だから言ったじゃないか。一番会っちゃいけないヤツと会っちゃったんじゃねえか、という不安がすごい。

 ペティンズハイブリッドに経緯を表してフロント7を一緒にしたため今回長いです。
 フロント7概観の前段として、ペティンがニッケルをベース的に使うなら、フロントセブン枠はST含めても従来のように14も15もないかも。


【DT/3-4DL】

<当確だけど>
フィリップ・テイラー
デズモンド・ブライアント

 ホートンはアホほどテイラーを使わなかったがペティンはどうざんしょ。ルーキー契約の5年目オプションを行使したので楽観視はしているが、出番が少なかったのが純粋にテイラーのスタミナ切れが原因で去年のスナップ数が限界、とかだと困る。
 期待のインサイドラッシャーとして昨季加入した泥酔ブライアントは不整脈でブレークし損ねた。再発リスクが高いのか完治したのかよくわからないが、昨季序盤は本当に素晴らしいコンスタントプレッシャーぶりだったので、今年こその期待は持っておく。
 あと全然関係ないけどホートンはTENでデイクワン・ジョーンズをNTで使うと思う。順調なら開幕デプス一番手だと思う。ジョーンズのインサイドラッシュがNFLで通用するかはわからないが押されなさっぷりは通用する。純置石じゃなくてちょうどこのへん探してた気がするので、4巡でのバリュー感はダントツである。

<花の同期バックアップス>
ビリー・ウィン
ジョン・ヒューズ

 バックアップながらロスター入りはほぼ100パーといっていい同期コンビ。ヒューズはランストッパー、ビリーはインサイドラッシャーと役割も明確で、ブラウンズのDLデプスを象徴する存在。でもそろそろどっちかは先発に定着するくらいに跳ねてほしいんです。3年目ですし。
 そんな期待を込めて、今年は開幕先発争いでビリーがルービンを抜く、と予想しておく。

<立ち位置微妙>
アターバ・ルービン
 せっかくドラ6で当てたのにこんな形でのフェードアウトを許すのは忍びない。
 しかし、ただでさえピュアなノーズを使うフォーメーションが減ってるのに先発級NTは二人もいらないよね、ってな塩梅で存在感が薄くなりつつある。3-4DEとしてもそれなりに働いてしまうのがルービンクオリティであるが、言うてもDEとしてはさすがにインパクトなし。オフのトレードを完全否定できない。
 昨年だかに減量して140キロ程度になったそうだが、単に特性が殺されたようで、スキームの犠牲になった気がしないでもない。もし今トレードブロックに載っているとしたらだいぶ価値を下げただろう。
 ビリーが今年完成してくれるならいいが、さもなくば、来年のドラフト上位でUSCのレナード・ウィリアムズ、FSUのマリオ・エドワーズJrあたりは要注目。

<キッチン>
イシュメイリー・キッチン
 ノーズは、テイラーの控えにキッちゃん、くらいがちょうどよい。さらに突拍子もない夢を申し述べると、大物WR獲得のためにテイラーを使い、NTの先発はキッちゃんにしたらええ、というくらい、スナップ単位での運動量があって最低限の仕事がしっかりできるバックアップ、と見ておるところである。
 という戯言はさておき、ルービンといいキッチンといい、ジョローン守備時代の痛し痒しな遺産であり、これをどううまく償却するかが今後のブラウンズを占う。今の守備にこんなにたくさん重量級要らないんだけど、思いの他みんな活躍したもんだから切るに切れない、みたいな状況。

<ドラ外からの分厚いデプスへの挑戦>
カルヴィン・バーネット
ジャコビ・マクダニエル

 彼らのロスター入りがあるとすれば、キッチンの代わりにもう少しペネトレートできるタイプを、といった動機。ただ、いずれも大学時代にインサイドラッシャーとしての実績があるわけでもなく、またサイズがないため3-4DEとしても使いづらいのがネック。


【パスラッシャー】

<ブラウンズ浮上の鍵>
ジャバール・シアード
バーキヴィアス・ミンゴ

 年々サック数をじわじわ下げている契約最終年のシアードは、すでに契約延長交渉が始まっているらしく、新政権からもかなりの高評価を得ている模様。
 ルーキーイヤーを失速で終えたミンゴは問答無用で要飛躍の2年目。昨ドラフト前、当時BUFのLBコーチであったDCジム・オニールの奥さんが、ミンゴを指名できるようにと願いをこめたカップケーキを焼いたというくらい、ペティンDのBUFで欲しがられていた逸材らしい。自身の移籍という形でこれを得たペティンとオニールがどう生かしてくれるか。
 今年は、シアードをスリーポイントスタンス(=4-3DE)中心に起用、ミンゴは3-4中心で後方への守備にも使う、とペティンが明言している。ということはこの二人によるプラトーンか。まあまあ贅沢。

<ちゃんとやれ>
ポール・クルーガー

 だとすれば反対側でほぼフルタイムで鎮座するのはクルーガーである。当然、お給金的にはそれくらいやってもらわな困る。試合に出ているだけでは誰も納得しない。まあまあランストップするからって全試合先発でシーズン4.5サックで誰が納得しようか。
 今年一年が経過すればデッドマネーをだいぶ消化できるため、クルーガーとしても契約最終年の気持ちで気張ってもらいたいところである。来年のドラフトにはネブラスカのランディ・グレゴリーとかミシガン州立のシャリーク・カルフーンとか普通に1巡で手を出したくなる3-4OLBがおるけえちゃんとやっとけ。

<悪さしなければ>
アーモンティ・ブライアント

 Div-II出身ドラ7、という教科書的未知数超人であったが、NFLでも十分に通用するレベルの身体能力の持ち主であったことを昨季証明。泥酔ブライアント同様、サック数はともかくプレッシャーをかける力が素晴らしかった。4-3におけるシアードの反対側のダークホース。

<一人くらいは残るか>
ジャスティン・ステープルズ
エリック・マーティン
キャム・ヘンダーソン

 ブラウンズ本拠地の徒歩圏出身ステープルズは、昨年のプレシーズンで大活躍して開幕ロスター入りあと一歩まで迫った。今年もう一皮剥ければあるいは。
 マーティンは、サイズのなさを跳ね除けてネブラスカ大のエースラッシャーを張った男で、個人的には期待している選手。
 ヘンダーソンは270ポンドくらいあって、ポジション的には売人ブライアントと競合。カレッジ(UCF)でもそんなにサック数を積み上げていないので分は悪い。


【ILB】

<先発コンビ>
カーロス・ダンズビー
クリス・カークシー

 いろんな意味でDQの後釜に据わるダンズビーは予想無用。彼に関するトピックは、あと何年の繋ぎなのか、後継者をどのタイミングで確保すべきか、という将来の話だけ。
 新人カークシーは、もちろんキャンプを経ないことには何もわからないが、まあでも開幕先発獲るでせうという立ち位置。相手がロバートソンじゃあ。
 なおカークシーはOLBとしてもバリバリ練習しており、4-3でも存分に出番を想定されている様子。4-3WLBこそ本職なので決して無茶ではない。今年のルーキーで一番出番が多いかも。

<暴落度合不明>
クレイグ・ロバートソン

 サイズのなさをスピードで補っている選手なのにパスカバーに使えないんじゃあ、という悪い面だけが浮き彫りになった昨シーズン。
 先発失格は間違いないと思うが、よくわからないのはロスター失格ってところまで落ちているのかどうか。いやでも追い上げ勢が小粒だからさすがにロスターは大丈夫か。

<そんなコツブーズ>
ザック・ダイルズ
タンク・カーダー
ダリアス・ユーバンクス
ブランドン・マギー

 この中で、経験値ではダイルズが圧倒的。しかし、HOUでルーキー契約を満了した2011年からは出番激減のジャーニーマンと化しており、現在どんなレベルにあるのかは不明。HOU時代も別にハイクヲリティスターターだったわけではない。
 元カレッジスターのカーダーは、今のところスペシャルチーマーの域を出ず。昨季の序列であればILB4番手だが、ダイルズがどう絡むかによってロスター入り確度が激変。
 ユーバンクス、マギーは昨シーズン途中加入のストリートファイター。ユーバンクスは、ケガ人だらけで誰もいなくなった昨季最終戦で先発に抜擢された。とはいえ、どちらかというと「彼らがロスターに残るようなら問題」という指標的立ち位置のお歴々。来年のデンゼル・ペリマン(マイアミ大フロリダ)やAJジョンソン(テネシー大)は目が離せない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/52030007
この記事へのコメント
ジャスティン・ビーバーの世話は同席していたRG3に任せましょう。ジョニーは息抜きしてただけって多いな息抜きがw
Posted by LiCaK at July 05, 2014 19:06
こうやってみると、ILBが薄いのが痛いですね。レギュラー二人がリタイアすると終わり。ダブついているCBでカバーしようとする腹なんでしょうか?
Posted by フリ歩 at July 05, 2014 20:21
ミンゴは二年目の覚醒期待大ですね。クィンもそんな感じでした。

ほんとはルービンみたいな動ける置石をして欲しかった。減価償却なにそれ美味しいの?的にフロントセブンほぼ全員上位指名はそりゃ面白いけどさ。

TOP100で久々にナータの動画見てたら全然衰えてなくて草不可避
やられまくるグレコが可哀想杉谷
Posted by SLEEP at July 05, 2014 23:20
NT余ってるならうちとトレードでもしませんか?w
デルリオは4-3のDTをNTサイズ二枚並べるのがお好きですし、来年にはテレンス・ナイトンが出て行きますし…
ペティンのフロント7ってサック数の割りにラン成績悪いのは何なんでしょう?
Posted by K猫 at July 06, 2014 20:32
>LiCaKさん
あれで息抜きになっているなら問題なしでしょう。

>フリ歩さん
ILB補強が明らかにパスカバー重視なので、万が一の際にはDBでの代行があるかもしれませんね。

>SLEEPさん
ミンゴは非凡な動きだけは垣間見せたので、最低でも視聴者を楽しませてほしいです。
クインはやっぱりでしたなあ。ドラフト当初から顔つきがいいと思ッテイタ

>K猫さん
減量した今では3-4NTより4-3の1テクDTがベストでしょうね。
本人のためにもトレードしたいですよw

ラン成績が悪いのはランストッパーを置かないからだと思いますw かなり極端なことするコーチですねえ。
Posted by mentai at July 12, 2014 20:59