January 02, 2014

新春チャッドだん

 なんだこのネタは。今年はこの時期を部外者として過ごすはずだったのに。

 泥酔していて記憶が正確でないが、ロブ・チャッジンスキーのHC解雇が正式に発表されたのは現地日曜日中だったはずである。世間のブラックマンデーに先んじて発表とか、相変わらずオフになると生き生きしやがるチームである。

 なんでそんなに早かったかというと、チャッドの解雇は最終週のPIT戦前に、内部ではすでに決定事項であったと。
 ハズラムとバナーの会見で述べられた解雇理由は、平たく言えば「チームの成長のなさ」。若いチームで戦力が整っていないことは承知、せめてシーズン終盤に向けての進歩が見たかったが、それが見られなかったどころか悪化してしまったと。
 例えば、同じく新人HCを招聘したJAXなんかは見事に後半勝ち星を重ねてブラウンズにも勝利。結局勝敗数で並んだが、「締め方」は対照的である。確かに今年のブラウンズのシーズンの終わり方は、ロミオ、卍、シャーマーといった歴々のラストシーズンのようであった。
 表向きの解雇理由に関して決定打的に思い当たるのはWeek16のNYJ戦。あの試合は、チームの端から端まで無気力さが蔓延しているようにしか見えなかった。こちとら完全にドラフトモードでもあり、敗戦については何とも思わなかったが、選手がチャッドについていってない、ととられても仕方ない試合ではあった。
 なんでもNYJ戦後に、あまりの試合内容にハズラムがご立腹でチャッドを呼び出したという話もある。このへんでクビが決まったのかもしれない。

 ただそれだけでは当然理由としては弱い、フロントと現場とで方針に食い違いや衝突があったはず、というところを掘り下げたのがグロッシ氏のこちらこちらを中心とした記事。抜粋すると:

1. フロント(おそらくロンバルディ)が期待をもって引っ張ってきたホイヤーをチャッドが開幕3番手扱い。結果的に、実戦ではホイヤーのパフォーマンスがQB陣で頭一つ抜けていたことから、ロンバルディが正義でチャッドが悪という構図に
2. フロントは若手の積極起用を望むも、現場はマクファッデンやギルキーをシーズン終盤まで一切使わず。CBクリス・オーウェンスをさっさとIR入りさせたのはフロントの意向か、との推測。オーウェンスは後にカットを要求して受け入れられ、MIAと契約している
3. フロントはWRグレッグ・リトルやGショーン・ロヴァオのカットを要求したがチャッドがこれを拒否。拒否イコール「彼らは使える」ことの意思表示であり、結果的に使えないまま終わったため、彼らの低迷の責任はチャッドに
4. シーズン中、WRコーチのスコット・ターナーをRBコーチに代えようとして父(OC)の反対を食らう

 1については確かに、その後ホイヤーが3番手からいきなり先発に昇格した謎の動きの説明として、フロントの介入があったと考えると筋が通る。
 要するに、フロントは自分たちが集めてきた選手を見たいのに、チャッドが思惑通りに動かなかったため、エヴァリュエーションイヤーにすらならなかったじゃねえか馬鹿野郎というフロントの不満に集約されるだろうか。
 ただ現場は現場で、テーリッチを放出して来年のドラフトのために今年を捨ててるんだから今年の内容に文句言うなや、という思いはあろう。マゲイヒーみたいな地蔵連れてきやがって、こんなんで戦えと言われた方の身にもなれクソ野郎と主張する権利はある。リトルは確かに使えなかったが、貴様らが連れてきたベスはより毒性の強い産業廃棄物だったじゃねえかという現実もある。マクファッデンもギルキーもまだまだ酷いもんで、彼らを積極起用していたら成績が良くなっていたかも甚だ疑問である。

 バナーはかつて、アンディ・リードを辛抱して使い続けて長期政権を樹立。ハズラムは言わずと知れた、御旗に毛筆で「長期政権」と書いてあるPITの経営陣出身であり、1年でHCをクビにすることの異常性は誰よりも知っているはず。
 チャッドがHCとしてクズだったのかどうかは知る由もないし、だからチャッドの解雇は間違いであるという批判を展開したいのではない。しかし仮にクズだったとしてそれを連れてきたバナーやロンバルディは責任とらんでいいのか、FAも全然成功していない、気楽でええのう、とは言いたい。2013年を完全に無駄な一年にしていただきありがとうございました。

***

 次期HCについて、噂やインタビュー決定ニュースなどすでに色々出ているが、とりあえず本エントリではフロントランナーと思しき一名のみにとどめてその他はおいおい。
 なお、バナーは会見で、昨年インタビューした面子は今回候補から外れることを明言。マイク・ジマー、ケン・ウィーゼンハント、ビル・オブライエン(既にHOUの次期HCに決定)は除外。たぶんレイ・ホートンも除外組に含めていいだろう。

ジョシュ・マクダニエルズ(現NEのOC)
 飛びぬけて早い段階で次期HC候補として名前が挙がる。大抵このパターンは根も葉もある本命の可能性が高いそうで、すでにダニ野郎本人が承諾さえすれば確定的、とまで言っておるメディアもあり。ただピーター・キングなどは、ダニ野郎はオファーを受けないんじゃねえかなあと見ている模様。

 HCとしては、DEN時代にカトラー、マーシャル、シェフラー放出、ヒリスを出してブレイディ・クイン獲得(くすくす)、ティーボウでヒャッハーなど、チームを破壊するだけ破壊して去ったイメージしかない。しかし2年目途中に解雇されて、翌年STLを経てNEに呼び戻されるなど、ベリはんからもブレイディからも信頼は厚いようで、オフェンスグルとしては確固たる地位を築きつつある。
 もちろん、ベリはん信者であるロンバルディと距離の近い人物であることも有力候補である理由。ロンバルディは、まだコラムニストだった時代に、ダニのDENでの失敗を受けて「ベリはんのブラウンズでの失敗と重なる。次にHCに就任する際は、失敗を糧にしていいHCになるだろう」と擁護した経緯あり。

 余談だが、もしダニ野郎がHCになったらマンゼールINを覚悟せねばならないかもしれない。あのボウルゲームのどこに彼をドラ1上位に押し戻す要素があったのか小生にはさっぱりわからぬが。パサーとしての評価は何一つアップしていないはずであり、未だに小生の中では俊敏なティーボウに過ぎないが、何せ小生はQBを見る目がない。よってダニ政権の場合のQBロスターはホイヤー、マンゼール、キャッセルの三連複。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/51994614
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私が見たチャッド解任の情報の中で
一番衝撃を受けたのが、
マンジールを取りたいけど、
チャッドはマンジールはやだったから
切ったというものです。
本気ですかね…

実は私もmentaiさんと同じく、
顔論者なのですが、
見た目だけでいうと、
今年の一巡候補QBの中ではカーが
一番いい感じですが、
マンジールは…
なんかある意味香しいですね。
ネタ的な意味で
Posted by ティティス at January 02, 2014 12:39
ダニーのオフェンスってQBへの負荷が凄すぎwwwって感じでどうもね
犬フロントは新人を上位指名してからのホイヤーイヤーって考えかな
ラヴィー・スミスが一番鉄板臭かったけどまたカバー2にするの?ってことだからまあある意味OKでしたね

来年、ホイヤーで結果出すからあと一年やらせろボケぐらい言う権利はあったと思うんですがね、チャッドには
償却すら出来ない不良債権QB恐すぎワロタwwwワロタ・・・
Posted by SLEEP at January 02, 2014 16:47
遅ればせながら、あけましておめでとうございます〜。
今年もこのブログ、大変楽しみにさせて頂きますので、mentai様には
くれぐれも飲み過ぎにはお気をつけられたしw。

ん〜・・・McDanielsはなぁ・・・。
おっしゃるようにDEN時代の印象が最悪過ぎますからね・・
あの頃、「あぁ、なんか典型的なコーディネーター止まりの人なのね」
って感じましたし・・Lombardiはそんなふうに言いますが、
BelichickはD畑の人、ってのが決定的な違いのように感じるんですよね。
それに彼とHoyerってたしかNE時代は”すれ違い”の筈(間違ってたら
ゴメン!)なのも気にかかります(苦笑)。
まぁそうは言っても、長い間Belichickの元で働いてますからね、
DEN時代の失敗を生かしてくれるんならば・・って気持ちです。

Bowlesの方が先にインタビューらしいですが、まぁルーニー・ルール
もありますし、たしかに今年のARIのDは良かった!ですし。けど
McDanielsはPOの仕事残ってますし、気にする事はないのかな?。
あまりキチンと見れてませんが、ワタクシもManzielはあまり欲しい
とは感じません・・w 。QBのドラフト事情に関しては、HOUとJAX
次第、ってことになるんでしょうが、モックとかでも(やっぱり)
ウチは指名順もあってManzielってとこが多いみたいで。む〜・・・

今年の冬も長い冬になってもうた・・・(涙)。
Posted by ハルっち at January 03, 2014 08:20
>ティティスさん
いやそれはないでしょう。
勘弁してくださいw

個人的に、パサーとしてあまり魅力を感じないのもそうですが、
早くに成功して調子ぶっこいて挫折を知らずに赤シャツ2年生で未熟なままプロ入り、という経緯にも不安を感じます。
リーダーになれそうな気がしませんw

私は、顔で選ぶならジミー・ガロッポロですかね。

>SLEEPさん
まだ切れないんですか?キツいなあ…
STLが全体2位を売る気満々なら、HOUの指名次第で、再びブラウンズが入札に加わりそうな気配ですね。
来年の1巡2ケのみでひとつ。

>ハルっちさん
確かにマクダニエルズとホイヤーは直接は被ってないですね。
根っこが同じオフェンス出身なので大丈夫かと思っていますが、
何せカトラーを捨ててまで自分でQBを選びたがる男ですから予断は許しませんね。
Posted by mentai at January 03, 2014 10:36