November 27, 2013

犬トランザクション131127

 IN
  QB アレックス・タニー(DALのPSから)
  TE アンドレ・スミス(DALウェーバークレーム)

 OUT
  C パトリック・ルイス
  WR ブライアン・ティムズ


 タニーは、元ディビジョンIIIの英雄(キャリア157TDのNCAA記録保持者)にして、こちらのトリックショット動画で一躍有名になったQB。ピックアップトラックの運転手のルートランが最高。
 トリックショットのイメージに反して実戦ではパスの正確性に難があり、今年のプレシーズンでもパス成功率60%を切るなど、まあいろいろ課題がありそうな選手。
 PIT戦直後に、ケイレブ・ヘイニーをトライアウトすると報じられたが結局ヘイニーは不採用。もっともこの期に及んではトリック野郎でもヘニ野郎でも何でもござれではあったが、あえて一言だけ物申したい。パフォーマー路線でいくならルグランドとらんかい。ゴールポストは動かないんだから、同じ曲芸スキルでもキックの方が試合に活きそうなものだが。
 それにしても現フロントはスモールスクール出身者がお好きである。来年の本命はガロッポロか。

 スミスはヴァージニア工科大からの2011ドラフト外。プロでは、試合(オフェンス)出場経験はあるがレシーブ記録はなし。6-5/270のサイズから察するにブロッキング寄りの選手と思われるが。

 カット組は両者ともやや意外。
 ロスターに11人もいたOL自体のカットは大本命とはいえ、切られたのが唯一の控えC。ポストマックンも見据えてキープしていた、とちょっと思ってたくらいなのに。
 またティムズも、ちょいちょいオフェンスに登場しはじめていたところでのカット。
 キャンベル先発期間中のデプスでは明らかにクーパーより上にいたはずだが、とある理由で事情が変わってしまったわけである。だからティムズのカットについては「意外」というより「失意」である。ファンにとっての。ハイハイつまりその動きはそういうことねという。オクラホマステートホットライン的なアレねという。もう見たくないけどねという。クーパーもなかなかのラッキーマンではある。

 これにて現ロスターはTE5名、WR4名という歪な構成に。これを嗜好と捉えるなら来ドラフトでのイーブロンやアマーロ指名も否定できない様相。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/51987797
この記事へのコメント
ブラウンズ最初のオフェンスシリーズ。
「おっと、QBが算盤をもっていますね」

"Yeah! What's your name?"

…失礼しました。
Posted by あんたのおなまえなんてえの at November 30, 2013 06:00