October 05, 2013

ブラウンズはわしのチームなんじゃbyウィーデン

 標題の元ネタは、プレーンディーラー紙が報じた実際の発言で、控え降格(i.e. 指が治ったのにホイヤー先発)を受けて”I’m treating it like this is still my football team.“と
 いやその心意気はあって当然なんだと思うがどうしてそういう表現になるのか。地元ファンの逆鱗に触れて「Stillっつーか貴様のチームだったことなんか過去にも一瞬たりともねーわ」の大合唱が起こったとか起こってないとか。

 ただ一つ言えるのは、

 ブラウンズがウィーデンのチームになった。
 言ってみるもんである。というか呪いの類じゃないかそれ。


ホイヤー、ACL断裂でシーズンエンド
 カート退場ではなかったのでもしかしたら今季中の復帰も、という淡い期待は粉砕された。
 2試合ちょいの夢であった。BUF戦でも絶好のスタートを切っていた。最初のドライブは、ゴードンの落球がなければいきなりのTDだったかもしれぬし、次のドライブでも、2度ほどFDを更新したのちに落ち着き払ったスクランブルでさらにダウンを更新して、よし今日も行けそうだと期待したらスライディングが遅れて自爆した。あの瞬間は、言うほど落ち着いていなかったのかもしれない。

 このニュースの悲劇ポイントは、ウィーデンが先発に戻ることではない。元々捨てたシーズンだと思えばそんなこたあ些事である。
 それよりも、ホイヤーが長期的な解答であるかどうかがわからぬままシーズンが終わってしまったことが問題であろう。ホイヤーは、言うなればケリー・ホルコムのレベルには到達した。すなわち、ウィーデン(カウチ)を差し置いてしばらく先発を続けるまでの信頼は勝ち取ったが、その先はまだわからぬと。ホイヤーの評価がそこで長期保留になってしまったのでオフのドラフト戦略が難しくなってしまった。

 今は、慌ててウィーデントレードしなくてよかったと思うしかない。いかなウィーデンとて「何かやってくれるかも」度合いではキャンベルより上である。
 少なくとも、ゴリさんゴードンへそれぞれ47yd、37ydとボムを二発ぶちこんで一気にTDを決めるような芸当は今のキャンベルにはできない。
 今年のQB体制について、ブラウンズはフリーマンに興味なしとすでに報じられているようだが妥当な判断と思われ、その他派手な動きは一切ないと予想される。今の時期に空いているQBに頼るくらいならウィーデンで良い。バックアップはキャンベル、開幕当初の状態に戻っただけである。動くとすればあくまで第3QB。

 先の話をしたついでにオフの展望までしてまうと、現政権が連れてきたところのホイヤーのキープは当然。リッチトレードのブラウンズ死亡報道で全米の目を引き付けておいてからの蘇生術の使い手としてあっという間に全国区。そういう意味ではスター性もあるかもしれん。
 で、その先の道は、今考えられる限りで三手に分かれる。
1. ホイヤーとウィーデンで開幕先発争い、第3QBは、キャンベルがそれを良しとしなければ将来性見込みでドラフト中位‐下位指名
 ホイヤーvsウィーデンシナリオ。こうなるかどうかは、ウィーデンの残りのパフォーマンスとブラウンズの成績次第。
2. ホイヤー先発、キャンベルバックアップ、第3QBは以下同文。ウィーデンは叩き売り
 ホイヤーと心中シナリオ。ホイヤーが今季もっと活躍し続けていれば大いにあり得たが、今となっては考えづらいしリスクも高い。なお1と2のメリットはドラフトで大暴れできること。
3. 何がなんでもドラ1QB、いきなりホイヤーと競わせても一年育成でもよし。第3QBは以下同文。ウィーデンは以下同文
 やり直しシナリオ。最有力。仮にホイヤーとドラ1が両方当たったとして、エース級が2人いる悩みは0人より断然いい。


ウィーデンのここが治ればブラウンズにもまだ望みがある
1. レシーバーが届く範囲内にボールを投げること
 できたら苦労しないよね。

2. タッチを統一させること
 勝手な想像だが、オボちゃんへの弾丸ライナーみたいなのは論外としても、ウィーデンのパスに落球が多い理由はただ球が速いことではなくて、練習で合わせたのと全然違う球が飛んできてることなんじゃないかと思う。しかもこの男、判断力の遅れを弾速で補おうとしているフシもある。プレッシャーを受けた際のファストボールは異常である。
 いつでもBUF戦のTDドライブを思い出してほしい。

3. クイッカーリリース
 最重要事項。なんでもウィーデンのこの弱点はシャーマーが去年から、まずい試合の後にHe had to trust his reads.と指摘していたようである。これは、ただ単に早くリリースせいということではなく、より深い分析に基づいた指摘である。
 readは直訳すると「読み」であるが、もうちょっと加えると「その後のプレー展開についての読み」とでも解釈できようか。
 ウィーデンは、レシーバーが実際にオープンになるまで投げる決断をしない。だからターゲットが空くのを待ってモタモタボールを持っているのだ、というのがシャーマーの指摘。でもってプレッシャーがかかって慌ててトリプルカバーにぶち込んだりしてたら誠に世話ない。
 少し脱線するが、シャーマーが展開していたWCOは、原則としてレシーバーがオープンになるのをQBが待つことなど許さない。何があろうと何秒後にどこそこの位置にボールを落とす、というのが基本のはずである。だからこそのウィーデンへの苦言であろう。
 この指摘に照らすなら、別にQBが代わったってレシーバーがオープンになる時間が劇的に変わるわけではないから、ホイヤーはレシーバーのルートなどから「こいつはオープンになる」と思った瞬間のリリースを実践していた、ということになる。Trust とはそういうことである。これが両者の、スナップからリリースまでの時間の違いの原因と推察される。
 なお、ウィーデンは「ここはオープンになる」という読みそのものが全く働いてない可能性も否定できない。


今シーズン見通し
 まず、今後の対戦相手がフツーに強い。byeまでvsDET、@GB、 @KC、vsBALと難関続き。bye明け後も@NEやらCHI戦やら、憤怒の@CINやら。
 爽快に転落中であらせられる今年のPITも、ケチャップ遠征ははっきり言って分が悪い。
 現在3-2だから残り3-8で6年ぶりの6勝あたりが現実的な線か。遠回りに遠回りを重ねた挙句開幕前予想通り、みたいな中途半端さが炸裂しそう。まことにブラウンズらしい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/51977994
この記事へのコメント
以前にも居ましたね剛球QBが、デレックとか。
まさかブラウンズスタジアムって、スピードガン表示でパススピード煽ってます?

>その一番下の亡霊のような「ホイヤー」は何ですか。
勿論、決戦の地・乱暴ヶ原へと赴こうと、颯爽と愛馬に跨っての掛け声…といいたいところですが、単なるタイプミスです(汗)。

>ウォーフォードいいなあと。
OLマニアのmentaiサンからもお褒めに与り嬉しい限りです。
今季OLが新布陣になり、レジーも加わったことで、初めて、
「なぁ〜んだ、フットボールってボール持って走っても良いんジャン」
ってことに気付きました(笑)。


Posted by Liger at October 05, 2013 17:16
まずはD.Bryantは大丈夫やそうで良かったです!。
オボちゃんは脳震とうですから、様子見ですね・・。

来年のQB事情に関しては、mentaiさんが書かれてる
三通り全ての可能性が有り得ますね。
全ては今後のWeedenのプレイ、低迷してしもてはる他チームの
QBとチーム事情+最終的なスタンディング、来ドラフトの有望
QB達のエントリー事情?などなど、が全て絡んで来そうですし。

ちょっと前にこの記事をご覧になられた方々も多いと
思いますが→(http://www.afnjapan.com/nfl/34701/2/)
「スーパー出場への目標」として掲げてはる5つの内、
" We will the BOLD "(→Richのトレードで有言実行w)、の
次には" We will have a CHAMPIONSHIP LEVEL QB "、と
掲げてはるんで、mentaiさんも仰ってるように「3つ目」の
可能性が最有力かと私も感じております。
この前もちょいと触れましたが、どうも上はHoyerさんですら、
”CHAMPIONSHIP LEVEL QB"、とまでは判断してないっぽいし。
(そもそもオフェンスに関しては73番以外は全員トレード候補に
成り得るで!とか言うてはるらしい程のフロントですからね・・)

Weedenに関してはmentaiさんが書かれてる事に加え、あちこちで
色々と指摘されてるので(笑)私としましては敢えてコメントする
事もございませぬ。基本的には今シーズンのW1の時点で見切ってます
ので過度な期待とかは正直してませんが(苦笑)、現状オフェンスを
引っ張ってもらうしかないので、頑張って頂きたい。
ディフェンスは頑張ってくれてるし、NorvとChudの頭脳で何とか
カバーを?お願いします。DET戦に万が一勝てたりしたら狂喜しそうw。
Posted by ハルっち at October 05, 2013 21:25
困ったらファストボール
いいですねぇ、リリーフエースの匂いがします。スターターではだめそう。
困ったらマスターソン(インディアンズ)にウィーデンのショーツ着せてメットかぶせて投げさせましょう
Posted by ねる猫 at October 06, 2013 16:47
ウィーデンの1、2は訓練次第では可能性も?
ですが、3については、ある意味天性みたいなものがあるので、
レシーバーもDBもパスラッシュも桁違いに速いNFLでは、
出来ないQBは、消えていく運命にあるかと。

3勝2敗にも浮かれず、6勝予想をするmentaiさん。
良く訓練されたBrownieですね。
私も全く浮かれず、ポストシーズンなんてあり得ないと確信しております。
Posted by redhotburger at October 07, 2013 13:07
ホイヤーはトレードで(ラムズに来て)もええんやで。
なおサム君は雑魚専であることが確定した模様。

クィッカーリリースですよね、課題は。
なんというか間が悪いのですよサム君もウィー田も。ギャバッちゃんはそれ以前の問題っぽいですけど。ここはカバーが開くだろうというレシーバーに適切なタイミングで放れてない、だから近いレシーバーにもインターセプト怖さに剛速球で投げちゃうし、RACでビッグゲインできない。結果オフェンスの手詰まり感が半端ないという。

橋水君はヤガーズ行きでしょうねこのまま行けば。なんぼなんでもNYGは指名しないでしょうし。
Posted by SLEEP at October 07, 2013 21:55
なんか俄然今週末の試合が楽しみになってきました。
FLで観戦しようかなあ...
Posted by Panzerleader at October 07, 2013 22:37
>Ligerさん
ウォーフォードは1年くらいかかると思ったのですが。
さすがのパワーといったところですか。

>ハルっちさん
おそらくドラ1QB路線だろうとは思いますが
なんか来年QB欲しそうなチームが10くらいになってきて
また来年エリジブルな有力候補もアンダークラスマンばっかりですし、争奪戦が激しそうですね。

>ねるさん
どう返していいのか全くわからんw

>redhotburgerさん
警察犬みたいですな。

私はむしろ3こそ成長の余地がある、ホイヤーも4年間でここを伸ばしてきたのでは、と思っているのですが
まあでも読めない人はいつまでたっても読めないのかなあ。

>SLEEPさん
ギャバッちゃんw言いたくなるw
ウチも3勝もしてしまい、さすがに全体1位は遠くなったので
しばらく「どのQBがほすい」とかは封印ですねえ。

サム君、超高給雑魚専でしたか…

>Panzerleaderさん
CJが次も休んでくれたらチョット楽しみです(笑)
来週祝日開催なんですよねえ。
当方仕事となってしまい、酒場観戦できないのが残念です!
Posted by mentai at October 08, 2013 22:15