April 22, 2012

未練・或爺杯感想戦2012

 引っ越しを機にダイニング潰してPC周辺をコックピット化したった。思えば小学校時代の夢が初めて一つ叶ったことに。これでドラフティー情報のプリントアウトを存分に広げながら作業……って今年はもう終わりか。お茶セットでも置くか。

 さて未練・或爺杯参加者の宿題(?)、感想戦へ。

≪1-4≫
 方針は、1-3でカリルがどうなろうと関係なくシンプルに
  1. 8位までならトレードダウン
  2. テーリッチ
のみ。ちょい下げることができたなら、Tリッチ、クレイボーン、フロイド、黒モンの順で考えていた。フロイドを黒モンより上に置いたのがお祭り仕様の限界、あまり遊べる位置とは考えていなかった。タネヒルはここでは完全に対象外。

 早速豹変さんからトレードのオファーあり。CARが持つ1-9。惜しい。惜しいけど、せっかくのモックイベントだから前向きに検討したい。しかし結局、CAR側がどうしてもドラ2を出せないということで破談に。
 他からはオファーなく、リチャードソンはマジで欲しいので、ならばと迷わずコミッショナーに入札した瞬間、「衝動的に上げたくなった」というminoluさんからDMが入っていたことに気づく。条件は8位+ドラ3! うわーこれ瞬殺で受けてたヨ! 思わず「うわー」とDMで返事してしまいました。

 しかしどうやらminoluさんはタネヒルを指名する気などさらさらなかったようなので結果オーライであった。「8位まで」というのは、7位までにタネヒルが入っていることを前提として、上に挙げた誰かは取れるということで設定したスポットだったから、タネさんがトップ7に入ってくれないと全てが崩れる。8位で時間切れすれすれまで途方に暮れていた可能性は高かっただろう。その時はいってただろうなどんたりポー。

≪1-12≫
 1-22の指名権に対しては早い段階でトレードアップの話があった。相手はlongsightedさん、SEAの1-12とCLEの1-22&2-37が交換条件。
 虎の子の2-37を失うのは辛い。しかし「未練杯には2巡がない」という点でこのトレードは魅力的であり(笑)、あの御仁が残ればトレードアップに応じるつもりであった。

 「あの御仁」は、直前の11位で消えた。なんかそんな予感してた。
 リチャードソンとデカストロのセット買いなら2-37を捨てる価値はあった。
 これが潰えた時点で以後トレードは封印、誰が22位までスリップするかを、赤兎馬をちびりちびりとやりながらワクワク待つことに。

≪1-20≫
 CodeBlueTokyoさんのTENが20位でKライトを指名した際にあげた悲鳴は決して嘘ではない。
 この頃の第一ターゲットはCグレンだったが、やはり最大の難関はCIN。17位でDB(バロン)を指名していたので、21位ではなおさらグレンが濃厚だと思っていた。
 ところが。
 TENが指名した瞬間、ツヨトラさんが悲鳴をあげるではないか。
 CINはライトを指名するつもりだった、つまりTENがライトいってなければグレンが残っていたということか。そういうことなのか。
 よってあの悲鳴は、TEN指名に直接に向けたものではなく、TEN指名に対してツヨトラさんが上げた悲鳴に対する悲鳴、ということであります。
 なお、ツヨトラさんが貫徹された「CINのCLEいじめ」は、リアルドラフトにおいても全くもって現実的な作戦であります。

≪1-22≫
 グレンが消えてもJマーティンで御の字だったが、なんとタネヒルとリーフが残る。リーフが残った理由はよくわかる。ひとたび落ち始めると、もう普通に指名しても盛り上がんないというエンターテイナー達の性が引き起こした現象。
 これは迷った。迷った結果タネヒルはスルー。RGIIIを失ったあの日から、もう今年はコルトでええと心のどこかで思っているのかもしれぬ。きわどいレベルのQB連れてきて「キャンプでギリギリまで競争」という悪夢の再現が一番困るわけだし。

≪1-30頃≫
 寝落つ

戦果と2-37妄想
 結局トレードは行わず、ステイのままTリッチとリーフを獲得。リーフ22位は普通にお買い得ではなかろうか。マーティンよりパスプロでも信頼できそうだし。
 こうなると2-37はQBかWR。現実的にはウィーデンが残れば有力と思われるが、上述の理由により小生はもう一巡待つ。ここはWRに絞って
  スティーブン・ヒル
  ルーベン・ランドル
  オルション・ジェフェリー
の三面待ちとしたい(上から優先)。いずれも、高さはあるがリスクもある選手で、どのリスクをとるか。
 全員消えるミラクルが起こってもLBラヴォンテ・デイヴィッド、CBジャノーリス・ジェンキンズがまだ残っているので問題なし。

 指名権二つは思いのほか面白かった。上位で一人指名して、若干選択肢が狭まったところで下位を待つドキドキ感は格別。
 ちゅるさん、エトさん今年もお疲れ様でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/51865149
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
個人的にトレード価値は2013年1巡>2012年2巡と思っているので、多少意外な反応でしたが、
当方も3巡がないので今年の2巡は出すわけにはいかず・・・
ひそかにRBスチュワートに食いついてくれないかと期待したのですが、見事にスルーでしたね(笑)

今年は1-7か、タネヒル入れても1-8までとそれ以下では差が大きそうなので、1-9は厳しいポジションでした。
Posted by 豹変 at April 22, 2012 16:25
お疲れ様でした。
そうでしたか3巡なしでしたか。
なんだかんだで9位というのが最後まで引っかかりましたねえ。
DLが完全にターゲットから外れる今年は、1-7あたりと1-9との落差は特に激しいので…

ステュワートは大好きなんですが、リチャードソンを狙っている目の前でちらつかされると
4年分の消耗がすごいハンデのような気がしてきて(笑)
Posted by mentai at April 22, 2012 20:59