September 27, 2011

'11 Week3 vs Miami 渋谷の暁のブラウンズ

 ボロボロの状態で出勤し、帰ったら即寝のはずだったのに、興奮未だ冷めやらぬのか目が冴えて冴えて通常就寝。今朝がエグい。
 危うくDETファンになるところだったわまったく。

 というのは参加してきたパブリック・ビューイングのお話。
 この日は以前から別の飲み会が入っており、泥酔により道玄坂へ到達不能になる可能性が高かったため、参加はゲームタイムディシジョンであった。そして当日、当該飲み会において、合間合間にウーロン茶を挟むという驚異の自制心を発動させ、記憶喪失エンドゾーン一歩手前でアルコールオフェンスをFGに止める。
 そして、少し遅れて道玄坂に到着。
 想像を遥かに超えるDETファンの数に最初は怯んだものの、すでにたいぶ酒が入っていたのが功を奏して高槻ほどの緊張はなく、国内のPVではフツーありえないCLE戦上映という酔狂なチョイスにさらに酔う。そしてアノ結末。20点差以上をひっくり返したB国やD国と比べると霞むなんてもんじゃないが、それでも近年のブラウンズにすれば奇跡の大逆転劇。

 選手の出来は現実編に譲り、ここでは試合終盤の顛末のみを。

 MIAの攻撃をFGに止めてスコアは10-16、6点のリードを許している。
 続くキックオフがタッチバックとなり、4Q残り3:23で自陣20ydからの攻撃。
 絵に描いたような6点差、こんな綺麗な逆転勝ちはブラウンズに舞い降りないと諦め、負けても楽しかったからいいやと悟りに入ってつい口に出た、一緒にCLE戦を観戦していたyouyouyouさんに向けた軽口。
「コルトが一流かどうかはこのドライブで決まる」
 お前何様やねんというツッコミさえ野暮な天上目線。これに限らず、youyouyouさんにおかれては、試合を観ながらの酔っ払いの呟き、ボヤキに最後まで辛抱強くお付き合いくださりありがとうございました。

 なお上記は「コルト君は二流」というオチをつけるための前振りでもあったが、ここからコルト君が豹変する。MIAの守備が逃げ切りモードに入ってくれた恩恵を多分に受けたに違いない。
 モーマスことモハメド・マサクワと、ゴリさんことグレッグ・リトルの(一応)ツートップがここまで共に0レシーブであったが、ラストドライブでいきなり機能。ドライブの大半を二人で稼いだ。
 そして敵陣14yd地点からディープに放たれる放物線。放物線の先のモーマス。

 いやいやいやいや。
 ないないないない。
 ブラウンズにこんな逆転劇ない。

 80ydドライブ完走。
 空気も読まずに拍手喝采(minolu_fbさん、実は終盤まで、隣におられたのがMIAファンのminoluさんだと露知らずたいへん失礼いたしました。いやでも知っていてもあそこは叫んでしまうか)。

 XPも無事に決めて逆転し、残り43秒。
 しかしここで勝利を確信してはブラウンズファン失格である。ブラウンズはそんなに甘くない。
 試合の音声がほとんど聞こえない状況で、また大詰めのDET戦にも気をとられていて気付かなかったが、逆転TD後のモーマスとワトソンのパフォーマンスが密かにアンスポーツマンライクの反則をとられており、15yd後退した位置からキックオフしていたのであった。
 これがなかなかのリターンを食らったうえにパターソンのホースカラーでさらに15yd罰、あと10ydも進まれたらMIAのサヨナラFG圏内という位置にまで一気に迫られた。なにこの畳み掛け。

 そんなブラウンズクヲリティを上回ったのは、ほかならぬデイボルクヲリティ。
 実にドライなパス失敗3連荘、4thダウンからのパスはSアダムズのINTとなり、ようやく決着。何を思ったかINT後に走りだしたアダムズを、DQが「バカ早くダウンしろ!」と言わんばかりに手で合図していたのも名場面にしか映らない。いやデイボルには勝てない。

 DET戦が延長に突入したため、予定より30分ほど押して店を出た。PVを通して個人的にも一番盛り上がったのはCLE戦終了後、CJの超絶クラッチレシーブであった。
 すっかり明るくなった渋谷の空は……グロッキー極まり、全く記憶にない。
 あとコルト君はやっぱまだ一流じゃない。

CLEVELAND 17-16 Miami

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/51813418
この記事へのコメント
渋谷、お疲れさまでした。

自分は得点経過と最後のシーンしか見てなかったですが、最後のドライブ完成とTDパスの落とし所を見ると、コルト君には期待してしまいますねぇ。
成功率は50%↓ですが(笑)

まあ、今日の活躍で一流への階段を登り始めたというところでしょうか?
Posted by 山守 at September 27, 2011 08:37
ハイライトビデオ見ました。
クリッブスも雅桑もいいキャッチでしたが、それ以上にラストドライブ、あの位置までもらっておきながら4th and outはがっくりくるでしょうなぁ。
Posted by ぶっくまん at September 27, 2011 12:48
スタッツ斜め読み(携帯にて)だったので劇的な試合だったと知ったのは昼過ぎでしたw

コルト君も確変モードを搭載しているみたいで喜ばしいやら不安やら…


今年、PO行ったら愛車の三菱コルトのロゴ横に「まっこぃ」か「君」を貼りますw
まかり間違ってSBに行ったらブラウンズカラーに染めますかねぇ
Posted by やぎ at September 27, 2011 20:33
お疲れ様でした。
私は隣でBUF-NEを見ていたので、最後のドライブの所しか見ておりませんでしたが、あのTDパスは見事だったと思います。今回も参加して本当に良かったです。ありがとうございました。
Posted by killy at September 27, 2011 22:54
山守さん>
お疲れさまでした。タバコが繋ぐコミュニケーション(?)で、色々話ができて楽しかったです。

あのドライブを演出できるというのは一流の必要条件ですよね。階段を登っていると信じます。

ぶっくまんさん>
最後のドライブはMIAファンはガッカリだったでしょうね。
ブラウンズとしては、あんな位置を取られてプリベントを敷けなくなったのが結果的に良かったのかもしれません。

やぎさん>
愛車コルトですか!なんと模範的なブラウンズファンw
SBに行ったら車体はメット色のオレンジで、ぜひメタリックに!

killyさん>
緊張しながら店内に入り、killyさんをお見かけして少し安心しましたw

PVであれ以上の展開は望めませんからねえ。とにかく盛り上がって、私も参加して良かったです。遠方からお疲れ様でした。
Posted by mentai at September 28, 2011 15:16