October 11, 2005

Week5 その他の試合結果

いやあ、Week5も全く予想が当たらぬ週でありんした。
Seattle 37-31 ST.LOUIS
双方のチームカラーそのままの強烈なオフェンス合戦。本来面白い試合のはずなんだけど、いまいち心揺さぶられないのはなぜだろう。勝負の分かれ目もさっぱりわからない。

N.Y.JETS 14-12 Tampa Bay
ジェッツどうやって勝ったのこれ?というくらい不思議な勝利。FGも二本外してるし。とにかく勝負どころでのローのINT(というよりローへのパス)が大きかった。うーむ、テスタヴァーディおいしい。しかし今度は控えRBのブレイロックを失い、闇は深まるばかり。

Tennessee 34-20 HOUSTON
テネシー怒涛の7サック。バンデンボッシュがえらい調子いいみたい。ヒューストンは、ドマニック・デービスが孤軍奮闘するも他が動けず、浮上の兆しはまだ見えない。あと三週間、この状態の維持を所望する。

GREEN BAY 52-3 New Orleans
ナンデスカコノシアイ。コメント不能。

DETROIT 35-17 Baltimore
なんでこんなに大差がついてるの? と思ったらボルティモアのファウルが21回だそうな。小生がもしファンで生中継を観ていたらブチ切れていただろう、ということで来週は18回程度で結構でございます。ところであれはファンブルですかい。

BUFFALO 20-14 Miami
個人的には、今年のNFC EASTの勢力図を占うかなり注目の一戦だったが、バッファローが踏みとどまる。ええぞホルコム。ムラーキーはどっちを先発にするのかはっきりせい。

New England 31-28 ATLANTA
アトランタが粘って接戦となったが、ある意味これほどNEの勝ちを確信できる展開もない(笑)。ヴィナティエリまたですかい。この試合にアトランタが勝っていればショーブの株価は富士重工ばりのストップ高になっているところだったが、さは王者が許さじ。グラームのRACは反則級の凄まじさだった。
あと、ドラフト外ルーキーパンター、ケーネンの58ヤードFG成功にビックリ。ヌージェント形無し。

Indianapolis 28-3 SAN FRANCISCO
本当に今年のインディは、マニングがダメでも全然勝てますな。アレックス・スミスは散々なデビュー戦となったが、どんな一流QBでも初陣はこんなものである。いややっぱちょっとヒドすぎる。てかいきなり今一番アツイ守備の中に放り込むノーランがむごい。

DENVER 21-19 Washington
サックもインターセプトもない試合、オフェンスはワシントンが完全に押していたのに敗戦。こういう試合は得てしてパンターに差が出ているものだ。デンバーは言わずと知れたサウワーブラン、ワシントンは……あっ霜マンだ。

DALLAS 33-10 Philadelphia
ダラスは守備で圧倒し、フィラデルフィアにオフェンスTDを与えず完勝。しかしフィラデルフィアもようわからんチームである。そういや去年もブラウンズ相手にOTまでもつれたっけ。

Carolina 24-20 ARIZONA
アリゾナはボールディン/フィッツジェラルドが恐ろしいユニットになりつつあるが、とにかくランが全然出ないので脅威のパス攻撃が生きない。やはりOLがまずいのか。JJには期待しているのだが。

JACKSONVILLE 23-20 Cincinnati
いつの間にかこの試合も好カードになっているではないか。試合のほうも接戦だったが終始ジャクソンビルが主導権を握って逃げ切り。これで全勝チームはインディのみに。シンシィは負けたがルーキーWRのヘンリーがいい。またオプションが増えている。

Pittsburgh 24-22 SAN DIEGO
だああ惜しい! 会社のトイレでスコア確認した時は、残り12秒で勝ってたのに。どうやらペナルティ合戦だったようで、どちらにも勝つチャンスはあった模様。ピッツバーグは劇的勝利だったにもかかわらずロスリスバーガー退場で喜びも半減。いやあこれは長引いたら勢力図変わるぞ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/50117440
この記事へのコメント
広いこうさぎや、広いこうさぎなど当たらぬ
mentaiたちが、こうさぎやこうさぎや、大きいこうさぎなどを予想された!


Posted by BlogPetの二代目ブラウニー at October 11, 2005 20:29