April 21, 2005

ドラフト1巡3位指名は?

1巡3位という高順位だとさすがに予想も絞られるもので、どのモックドラフトを覗いても以下の5人に集約される。基本的にはポジションのニーズと照らし合わせて予想するものだが、今回のキーワードは、以前GMサベッジがプレスに語った”Best available”。つまりポジションに関係なく、残っているうちで最も評価の高い選手を指名するということ。
QBアーロン・ロジャーズ(カリフォルニア大)/ QBアレックス・スミス(ユタ大)
ディルファーが現時点でのスターター候補、となればドラ1でQB指名という予想は当然出てくる(小生もその一人)。今年の新人中トップ2の評価を受けている両者のうち、1巡1位を持っているSFが(トレードダウンしなければ)いずれか片方を指名する可能性が高いので、残った方をブラウンズが指名。ちなみにSFはすでにスミス指名の意向を固めているとの情報もある。

WRブレイロン・エドワーズ(ミシガン大)
ここへ来て、指名されるだろうとの予想が最も多い(数えてないけどたぶん)のが彼。3位指名の時点で彼こそが”Best available”になる公算が高い、とのことから注目を浴びている。個人的にはもちろん、プロボウルクラスならばポジションに関わらず歓迎。ここはサベッジはじめフロントの眼力次第。

OLBデリック・ジョンソン(テキサス大)
唯一ディフェンスからのエントリー(?)。今回の新人中、LBとしては群を抜いている感のある屈指のプレイメイカー。今年から3-4隊形を導入するブラウンズにとって、OLBは非常に重要なポジションでもある。

HBロニー・ブラウン(オーバーン大)
ブラウンズはもうRBは不要。つまり彼を指名=直後にトレード、ということ(まさかウィッシュボーンは導入せんでしょう)。これも”Best available”の言葉を受けての予想だが、彼を指名する最低の前提条件は、エドワーズがすでに指名されていること。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/karashimentai/19642579